【年下男子/30代の価値観】アラサーぼっちの恋愛観は?「アラサ―女子が20代と恋愛する時に気をつけるべき6つの法則」と「彼氏のいないアラサ―女子あるある」

Author

30代の価値観と恋愛観!アラサ―で独りぼっち。彼氏のいないアラサ―女子にありがちな「アラサ―女子あるある」です。アラサ―女子は、ふとした事が気かっけで年下男子・男性と恋愛に発展する事があります。アラサ―女子が恋愛する時に気をつけるべき6つの法則!特に年下男性・男子は、アラサ―ぼっちの恋愛観と大きなギャップがあります。今どきの大学生や20代前半の男子の特徴と価値観、考えを知っておこう

アラサ―女子は「自分が思っているよりも年下男子にモテる。男性は10歳以上齢が離れていなければ、歳の差をあまり感じない」

 アラサ―女子は「自分が思っているよりも年下男子にモテる。男性は10歳以上齢が離れていなければ、歳の差をあまり感じない」

  • 最近では年の差カップル、姉さん女房も珍しくない

  • 男性は10歳以上、年齢が離れると差を感じるのが約60%、5歳以上でわずか19%しか年の差を感じない

  • つまり、自分の年齢の上下10歳前後までは、恋愛を気にする必要がないのが今の時代

最近では、歳の差カップルや結婚も珍しくない。それは年上だけでなく、年下も同じ。男性約1000人へのアンケートで、何歳から年の差を感じるかを聞いたところ、10歳以上で約60%、5歳以上でわずか20%しかいないのが今の時代の特徴です。 つまり、上下、10歳前後までは社会的、世間体も気にする必要もないのが一般的と言えるでしょう

アラサ―女子あるある「アラサーで独りぼっちだ!と卑屈になっていませんか?それは、今のご時世からして間違っています」

 アラサ―女子あるある

  • 実はバツ1らしい、若いころに男にだまされたらしいなど、根拠のない噂話が広がる

  • たまに女である事を忘れる。下着やファッション、メイクが気にならなくなる

  • 悩みがない事が悩み、悩むとすれば仕事関係か、自由すぎて申し訳ないという気持ちになる

  • 女子会で私たちは男に媚びない!という絆で結ばれているのに、たまにちゃっかり裏切られちゃう事がある

  • 自立して生きてるから誰にも迷惑かけてない!と思っても、飲み会で泥酔したりとお酒の失敗が多い

アラサー女子にありがちな事ですが、彼氏がいない、男っけがないと変な噂がたったり、同じアラサ―同士で集まってワイワイ女子会をしている事が多くなってしまいます。しかし、ある時、ふと年下男子から好意を寄せられる事があり、それが恋愛に発展なんてことも、アラサ―女子のあるあるです

時代の変化で年下男子の恋愛観は激変「アラサ―女子が20代と恋愛する時に気をつけるべき6つの法則」

アラサ―女子が20代と恋愛する時に気をつけるべき6つの法則 

  • 法則①「若いころの理想の男性像を全て忘れましょう」

世代のギャップがあるのは当然。若いころの理想の男性像は忘れましょう。同世代や年上男性に求めるならまだしも、自分より年下の男子に、自分の理想を求めてはいけません。10代は自分たちのやっている事がムーブメントになる世代、20代はブームにのっかる世代。30代は遅れてブームを知る世代、40代は今時の若い子達は~っと否定的に見がちな年頃です。新しい価値観を作ったり、共感している世代に自分の時代の理想を求めるのは押しつけになってしまいます

  • 法則②「デートは割り勘、男が女におごるものという考えは間違い」

デートは男性がお金を払うものという認識はもはや古い。今時の20代は、不景気しか知らない世代です。失われた20年と言われますが、生まれた時からずっと景気の良い事を経験した事がない世代です。20代のカップルの割り勘率は約50%と言われます。7:3ぐらいで彼氏が払うのが理想でしょうが、デート代は男子が出すべきという「ベキ論」は通用しないと思った方が良いです。割り勘する時は、細かい派数は気にせず、ざっくり感覚で割り勘にしましょう

  • 法則③「遊びにいくのは事前連絡が必須、電話は使わない。LINEなど自分のペースで確認できる連絡手段を重視」

家に遊びに行く時などは突然訪問するのはやめましょう。近くに来たから寄りました的な行動を会社でも見ますか?年齢の高い世代に多いですが、今は会社でも突アポや連絡もなしにやってくる人は嫌われます。20代の若者世代も同じ、突然家に行ったりすると「なんで来たの?」というよりも「なんで連絡ないの?」と嫌がる男子も多い。来てくれたんだ!嬉しい!とはなりません。連絡方法は、電話も嫌い、というよりも、電話機能は使う頻度が非常に低い。LINEなど自分のペースで確認でき、返信のできる連絡手段を好みます。

  • 法則④「がっつかない、セカセカしない」

年下男子が年上女性や彼女に求めるものは「大人感」と「安定感」。がっついたり、セカセカしたりする行動は人生経験豊富な大人の女性の魅力が半減です。同世代の「今暇?」や「今から遊びに行こうよ」というノリで生きてる感が嫌いだったり、そういうのはもういいや!と考えている男子が年上を好きになるのです

  • 法則⑤「カレー、ラーメン、牛丼を食べられるようになろう」

今のアラフォー世代にも共通しますが、パスタOK、スイーツOK、でもカレー、ラーメン、牛丼が食べられない女性は意外と多い。小さいころから、女子はカレーとラーメンが嫌い、牛丼を食べて育ってない世代が今のアラフォー、アラサ―。牛丼はドラマ「ビューティフルライフ」で常盤貴子が牛丼を買うシーンがあり、それ以降、女子が牛丼買う文化になったと言われます。牛丼のような丼ものは、ご飯と別じゃないと食べられない若い女子は多いので、逆手をとりましょう。焼き肉を食べている男女は付き合っているという迷信はもう古く、今や男子が日常的に食べるカレーやラーメン、牛丼が食べられると良いです。特にラーメンはラーメンブームも何度も周期的に来ており、昔のラーメンとは違ってデートにラーメン屋に行く事もあるぐらいです

  • 法則⑥「僕、俺という一人称は禁止!ちゃんと私の一人称を!ネット用語禁止!」

アラサ―女子だけではありませんが、アラフォー世代にも多い女性の「僕」や「俺」という一人称。もともとは、自分の事を名前で言う子の方がかわいこぶっていて嫌われていましたが、時代は変わって「僕」や「俺」を使う女子も多い。個性的な女子に多いですが、若い世代には注意。ネット用語も同じです。彼らの方がネットやスマホは断然使いこなしてますから、ぎこちない会話になってしまいます

スポンサーリンク


▼関連するライフハック