【おでこ/つむじ】薄毛やハゲの女はどうすれば?治った女子&女性の予防と解決方法「薄毛や分け目の若ハゲを食事とヘアケアで治す方法」

Author

薄毛やハゲの女はどうすれば治る?40代、50代の女性の悩みであった薄毛やハゲが10代の高校生、20代の大学生や社会人にも若ハゲ現象が!?おでこが広くて嫌だ!つむじの生え際が薄くて困っている女子達が増えているのです。男よりハゲにくいと言われる女が、薄毛やハゲになってしまう理由と原因を解説。髪の薄毛、生え際、分け目に効く食事や食品、ヘアケアの方法を知ってフサフサの髪になろう

40代、50代の女性の悩みであった薄毛やハゲ。10代、20代の女子達に若ハゲが増えている!?「女性の約4人に1人は、薄毛や抜け毛の治療を検討した事がある!!」

 10代、20代の女子達に若ハゲが増えている!?

女性に薄毛や抜け毛の治療を検討した事があるかの調査をしたところ、24%。約4人に1人が検討した事がある結果(出典:聖心美容クリニック)。一般的に男性よりも女子の方が、ヘアケアや健康に意識が高く、薄毛や抜け毛になる女性は少ないものだったのが、今や10代、20代でハゲてしまう女子が増えているのです。かつらメーカー・アデランスの調査では、日本人の約26%が薄毛である調査結果もあり、もともと日本人は世界的に見て薄毛率の高い国民性なのです

10代、20代の女子にハゲが増加している原因と理由

  • 薄毛やハゲの原因①「過度なダイエット、睡眠不足」 

過度なダイエット、睡眠不足

10代、20代の原因として多いのが過度なダイエットと睡眠不足。食事制限タイプのダイエットは、どうしても栄養が少なくなり、髪や頭皮に栄養が足りなくなってしまう。また、夜遅くまで起きている習慣も増え、睡眠不足になりがち。22:00~2:00に睡眠をとっていないと体の体力も回復しないどころか、髪にも栄養が行きわたらないのです

  • 薄毛やハゲの原因②「間違った髪の洗い方、長時間のドライヤー」 

間違った髪の洗い方、長時間のドライヤー

髪の洗い方は、髪よりも頭皮を洗う事が大切。開いた毛穴の汚れを落とすのがシャンプーの役割です。間違った髪の洗い方が抜け毛や薄毛になる原因です。また、髪は熱に弱く長時間のドライヤーも髪にダメージを与えます。ドライヤーよりもタオルドライをする方が、髪にとっては良いです

  • 薄毛やハゲの原因③「女性の社会進出で、仕事、育児、家事などストレスの多い環境」  

女性の社会進出で、仕事、育児、家事などストレスの多い環境

出典引用:新潟市で開業する皮膚科医のブログ「30代女性の目立つ分け目」

女性の社会進出。今や女性が30過ぎても働くのがあたり前になっている時代です。仕事、育児、家事と実は男性よりも長時間やる事があり、ストレスが溜まりやすいのが現代の女性なのです。ストレスは当然、髪にも影響します

食生活で治す!若ハゲの治し方「ビタミンB2とビタミンB6を摂取しよう」

  • 薄毛、ハゲを食事から改善する「ビタミンB2、B6の多い食べ物は、レバー」 

 ビタミンB2、B6の多い食べ物は、レバー

  • 薄毛、ハゲを食事から改善する「ビタミンB2の多い食べ物は、納豆」 

おろし納豆もち

  • 薄毛、ハゲを食事から改善する「ビタミンB6の多い食べ物は、にんにく」 

ビタミンB6の多い食べ物は、にんにく 

育毛剤で治す!若ハゲの治し方「男性用、女性用で育毛剤は効果が違う!女性用の育毛剤を使おう」

 男性と女性で薄毛、抜け毛の原因が違います。育毛剤はホルモンに合わせて使うべきです

出典引用:女性の為の育毛講座

  • 男性と女性で薄毛、抜け毛の原因が違います。育毛剤はホルモンに合わせて使うべきです

  • 男性ホルモンが多いと「髪の薄毛、抜け毛の原因は、髪が育たない事」 

  • 女性ホルモンが多いと「髪の薄毛、抜け毛の原因は、髪が生えない事」

髪の毛は、3~5年ほどのサイクルで生え変わる。2~3年をかけて成長し、その後抜けて、2〜3か月間ほどのお休み期間のあと、再び毛が生えます。男性の場合は、育つ前に抜けてしまいますが、女性の場合は、毛が抜けてから生えるまでのお休み期間が長い場合が多く、新しい髪が生えてこないのが特徴なのです 

スポンサーリンク


▼関連するライフハック