【ビーフストロガノフ/付け合わせ/献立】定番・人気・簡単!ビーフストロガノフに合う料理&おかず、豚の角煮が美味しくなる副菜レシピ「ビーフストロガノフに、もう1品!何を付け加える?ビーフストロガノフと夕飯の献立・副菜」

Author

ビーフストロガノフの付け合わせ、1番人気の献立!豚の角煮の定番・人気・簡単な料理!ビーフストロガノフに合う料理&おかず、ビーフストロガノフが美味しくなる副菜レシピ特集!ビーフストロガノフに、もう1品!おすすめは、マッシュポテトやフライドポテト!野菜スープ、ポトフなどのスープ類とシーザーサラダ、パルメザンチーズのサラダなど生野菜を忘れずに!ビーフストロガノフに合う付け合わせ、副菜の献立レシピの特集です

ビーフストロガノフの付け合わせ特集!ビーフストロガノフに合う料理、人気・定番・簡単、おかずレシピは?

ビーフストロガノフの献立と付け合わせ、ビーフストロガノフに合う料理&おかず

  • 冬の定番!代表的なロシア料理のビーフストロガノフ

  • ビーフストロガノフに合う献立、サイドメニューは、何がおすすめ? 

ビーフストロガノフに、もう1品。何を付け加えますか?ロシア料理となると、どんな献立にしたらよいのか。迷いますよね。特に、ビーフストロガノフというと、男性がおしゃれで、普段食べない料理です。女子力が試される料理なので、相性の良い付け合わせ、おかずを用意して彼氏や旦那を喜ばせましょう

  • ビーフストロガノフの主食「ライス、もしくは、パン」

ビーフストロガノフとパン

 ビーフストロガノフと同じお皿に、ライスを盛り付けて食べるパターンと、パンやバケットを主食にする場合があります。洋風にするなら、パンの方が良いですが、白いご飯と一緒に食べても美味しいです。カレーのようにライスを同じプレートに盛り付けるのは、嫌いな男子もいるので、最初はライスは別皿にしておくのがポイントです

  • ビーフストロガノフの主食「サフランライス。さらに、一歩上を行くなら、パエリア」

パエリア

ビーフストロガノフの主食アレンジです。付き合い始めの彼氏に手料理するなら、女子力の高さをアピールするのもあり!ライスを普通の白米にするのではなく、サフランライスすると料理上手な女と彼も思ってくれるはず!サフランライスは、作るのは簡単ですので、具をくわえてパエリアにしてもOK。サフランライスではなく、ガーリックライスも相性がいいので、どちらを作っても問題ないです

ビーフストロガノフに、もう1品!献立の付け合わせで、おすすめは?

  • 定番!ビーフストロガノフの付け合わせ「マッシュポテト」 

マッシュポテト

本場ロシアでは、マッシュポテトをビーフストロガノフに付け合わせします。ビーフストロガノフは、マッシュポテトと一緒に食べるのが一般的なことなので、まさに、ハズレのない献立の組み合わせです

  • 定番!ビーフストロガノフの付け合わせ「野菜スープ、ポトフ」 

ポトフの献立と付け合わせ、ポトフに合う料理&おかず

ビーフストロガノフは、野菜不足になりがち。特に、寒い季節にビーフストロガノフを食べることが多いので、秋や冬なら野菜スープ、ポトフが、おすすめ。トマト系のスープよりも、コンソメ味のスープやポトフの方が、ビーフストロガノフによく合います

  • 定番!ビーフストロガノフの付け合わせ「シーザーサラダ、パルメザンチーズのサラダ」 

シーザーサラダ

野菜が献立に足りない!でも、スープを作るのがめんどうな場合は、サラダで野菜を補給しましょう。シーザーサラダ、パルメザンチーズのサラダなど、クリーミーな味やチーズ系のサラダが相性が良いです

  • ビーフストロガノフに合う料理、おかず「フライドポテト」

フライドポテト

ビーフストロガノフは、肉料理だから、ポテト系のおかずが最高に相性がいいです。マッシュポテトが本場のロシアでは定番ですが、家庭料理で手作りするなら、フライドポテトの方がお手軽です

  • ビーフストロガノフに合う料理、おかず「ラザニア」

ラザニア

ビーフストロガノフは、チーズ系のおかずも組み合わせが良いです。良く食べる彼氏や旦那には、ラザニアがあると大満足!おなかいっぱいになりますよね

  • ビーフストロガノフに合う料理、おかず「スパニッシュオムレツ」

スペイン風オムレツ

ただのオムレツよりも、スパニッシュオムレツの方が、ビーフストロガノフと相性がよいです。卵料理とお肉は鉄板の組み合わせなので、特に一緒に食べると美味しいスパニッシュオムレツを作りましょう

  • 献立のアレンジ編「夏はサラダ、冬は、温野菜」

茹で野菜

生野菜がやはり不足しがちなので、夏ならサラダがよいです。冬は、生野菜が冷たいので、サラダが食べにくくなり、子供が残してしまうことがあります。アイデアとして、冬の場合、野菜は温野菜(ゆでるだけの簡単調理)にすると、子供も野菜を食べやすくなります

スポンサーリンク


▼関連するライフハック