【黒豆茶】便秘解消と高血圧の改善!黒豆茶の効果・効能と注意すべき副作用!大豆イソフラボンとアントシアニン

Author

黒豆茶の効能・効果と注意すべき副作用。黒豆は食物繊維が豊富で便秘解消に効果的。黒豆茶に含まれるイソフラボンは内臓脂肪の吸収を抑制・燃焼するダイエット効果や骨粗鬆症の予防に効果的。アントシアニンは、目の疲れを軽減しドライアイ対策と、血液をサラサラにする効果があり高血圧の改善に役立つ。注意すべき副作用は、大豆アレルギーの方は、アレルゲン物質を含むので注意。他のサプリと併用し、大豆イソフラボンを過剰に取りすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れる場合がある

黒豆茶は「イソフラボンとアントシアニンが豊富」で健康やダイエットに良い!しかも、ホットでもアイスでも飲みやすいのが魅力です!

 黒豆茶は大豆イソフラボンとアントシアニンが豊富

写真:十勝たちばな 自家製黒豆茶の名店

黒豆茶のココがすごい!黒豆は「①脂肪吸収を抑制・燃焼するダイエット効果」や「②骨粗しょう症予防」、「③目の疲れを軽減するドライアイ対策」「④血液サラサラになる血行改善」「⑤豊富な食物繊維で便秘解消」など健康によい効果・効能がある

 黒豆茶の効果・効能がすごい

写真:写真AC

黒豆には、大豆イソフラボンやアントシアニン(ポリフェノール)を多く含む。黒豆を材料とした黒豆茶は、脂肪の吸収を抑制、骨粗鬆症の予防、目の疲れを軽減し改善する効果・効能がある。ドライアイ対策にも有効で、どろどろになった血液をサラサラにするなど高血圧の改善に役立っている

黒豆茶の効果・効能「①大豆イソフラボンが脂肪吸収を抑制し、ダイエット効果を発揮」

 大豆イソフラボンは、脂肪の吸収を抑え「食べ過ぎ防止が働く」意外に、内臓脂肪などの脂肪細胞を分化させて小さくし、脂肪細胞の燃焼を促進する作用があります。黒豆茶は、ダイエットでなかなか落ちない内臓脂肪、いわゆる「隠れ肥満」の方にもダイエット効果がある飲み物なのです

黒豆茶の効果・効能「②大豆イソフラボンが女性ホルモンの役割を果たし、骨粗しょう症を予防」

更年期以降の女性が骨粗鬆症になる原因の大半が、女性ホルモン(エストロゲン)の減少。女性ホルモンは骨からカルシウムが溶けるのを防止する作用があります。そのため、不足した女性ホルモンをかわりに摂取する必要があるのです。大豆イソフラボンは、植物性エストロゲンとよばれ、女性ホルモンと同じような働きをします

黒豆茶の効果・効能「③黒豆茶に含まれるアントシアニンは、ブルーベリーと同じで目に栄養を運び、目の疲れ、目の下のクマ等を回復。ドライアイにも効果的」

黒豆茶には、アントシアニン(ポリフェノール)が含まれる。アントシアニンは、フィトケミカル(植物由来の化合物)で紫外線から目を守る作用が働く。ブルーベリーにも多く含まれるアントシアニンは、血行を良くする効果と目に栄養を運ぶ「ロドプシン」を再合成するサポートを行っており、目の疲労回復やドライアイの対策にもなるのです。

黒豆茶の効果・効能「④アントシアニンが、血液をサラサラにして血行改善」

アントシアニン(ポリフェノール)は、毛細血管の保護・強化、循環機能の改善する効果がある。体内に栄養や毛細血管は、適度な透過性が必要で、アントシアニンは毛細血管の透過性が良くなり過ぎるのを抑える効果がある

黒豆茶の効果・効能「⑤豊富な食物繊維で便秘解消」

便秘解消に良いのが食物繊維。黒豆は、食物繊維が多い野菜のゴボウ(100gあたり約5g前後)と同等程度と言われる。豆類は、全般的に食物繊維が高く多いもので100gあたり15gを超えるものもある

黒豆茶の注意すべき副作用「①食物繊維が高い為、たくさん飲みすぎると逆に便秘になる。食物繊維の目標量は、18歳以上では1日あたり男性19g以上、女性17g以上=最大を20gで考えると良い」

黒豆茶に限った事ではないが、食物繊維の高い食材を食べ過ぎると逆に便秘になる。 本来、通便を良くする食物繊維も摂取のしすぎは、逆効果。食物繊維の目標量は、18歳以上では1日あたり男性19g以上、女性17g以上の為、最大を20gで考えると良い。大豆そのもので摂取した場合は、大豆が胃や腸の水分を吸収してしまい便秘になる事があります

黒豆茶の注意すべき副作用「②大豆イソフラボンを過剰に取りすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れる場合がある」

 大豆イソフラボンを過剰に取りすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れる場合があり、生理不順になることも。他のサプリなどの併用は好ましくないとされています

スポンサーリンク


▼関連するライフハック