【デート代/割り勘/おごり】今どきは割り勘、年上彼氏(彼女)や年下彼氏(彼女)のデート負担!20代・30代・40代社会人の「付き合う前、初デートの成功方法」

Author

今どきのデートの割り勘、奢り(おごり)、付き合う前や初デートの恋愛事情!大学生から20代・30代の働く男子、40代の社会人男性が負担?年上彼氏(彼女)や年下彼氏(彼女)のデート負担は?デートの割り勘と奢り(おごり)を徹底調査!年上男性なら彼氏持ち、年下女性なら彼女持ち?割り勘、奢り(おごり)の境界線、社会人・デートの大人のマナーを解説してます

今どきのデート事情、デート代の割り勘派!奢り派を徹底調査!?

今どきの20代・30代、40代社会人のデート代は割り勘、年上彼氏(彼女)や年下彼氏(彼女)のデート負担

  • 20代・30代の男子、40代男性は割り勘派?奢り派?

  • 年上彼氏(彼女)や年下彼氏(彼女)のデート負担は?

  • 付き合う前、初デートの代金は、男子持ち?女子持ち?

付き合う前、初デートの代金は、男子持ち?女子持ち?20代・30代の男子、40代男性は割り勘派?奢り派?年上彼氏(彼女)や年下彼氏(彼女)のデート負担は?など男性女性の年齢、年上・年下と年齢差がある場合はデート代をどう負担したら良いのか、恋愛テクニックを盛り込みながらデート代の負担を徹底解説しています。1回のデート代の今どきの平均、かかるお金の相場は「デート代、平均費用と予算」で詳細を解説しています

⇒ 参考:デート代、平均費用と予算

今やデート代は割り勘が一般的、バブル世代(1960から1970前後の生まれ)の"デート代は男性が出すモノ"という感覚は、すでにオワコン化している

今どきデートは、割り勘、男子がやや多めに払う

  • 今どきデートは、割り勘、男子がやや多めに払うのが51%(男子意識)、85%(女性意識)

  • バブル世代のデートは男がお金を出すモノ、女性は5回に1回お金を出せば良いという考えが逆に非常識

今どきのデートの実態は、 割り勘、男子がやや多めに払うのが51%(男子)、84%(女性)という結果。バブル世代のデートは男がお金を出すモノ、女性は5回に1回お金を出せば良いという考えが逆に非常識となっている。理由として、社会人の男性・女性に大きな所得格差が無くなってきている、男女平等の考え方が浸透してきている、そもそも不景気で男女共に馬鹿ほど使えるお金もない上に、先輩・後輩、年齢といった縦社会ではなく、横社会を重視し年齢や年代に依存しない生き方をしています。倹約、切実、平等、そして将来の為に無理をさせない、無理をしないと考える男女が増えているからです

20代男子&女子のデート感覚「男がデート代を全て出す比率よりも、割り勘、少し多く男子が払う人の方が多い」

  • 20代男子のデート事情「約51%が割り勘、男子がやや多くデート代を払う」

約51%が割り勘、男子がやや多くデート代を払う

  • 20代女子のデート事情「約85%が割り勘、男子がやや多くデート代を支払う」

約85%が割り勘、男子がやや多くデート代を支払う

出典引用:20代・30代500名、恋を学ぶ情報サイト「恋学」調べ

デート代は完全男子持ちの%に、男女間で大きく差があるのは、男性が考えるデート=付き合っている彼女とのデートという認識であるのに対し、女性は付き合っていなくても男性と2人で遊びにいく=デートと認識っとデートに関する意識の違いがある為、アンケート結果の%に意識の乖離があります

30代男性&女性のデート感覚「30代も完全に彼氏持ちのデートよりも、割り勘、やや多く払う人が多い」

  • 30代男性のデート事情「約50%が割り勘、男性がやや多くデート代を支払う」

約50%が割り勘、男性がやや多くデート代を支払う

  • 30代女性のデート事情「約83%が割り勘、男性がやや多くデート代を支払う」

約83%が割り勘、男性がやや多くデート代を支払う

出典引用:20代・30代500名、恋を学ぶ情報サイト「恋学」調べ

デート代は完全男子持ちの%に、男女間で大きく差があるのは、男性が考えるデート=付き合っている彼女とのデートという認識であるのに対し、女性は付き合っていなくても男性と2人で遊びにいく=デートと認識っとデートに関する意識の違いがある為、アンケート結果の%に意識の乖離があります

年上彼氏、年上彼女のデートの負担はどうしたらよい? (対象22歳以上、働いている社会人の場合)

  • 年齢が3から5歳の差の場合「特別な事情がない限り、男女共通で20代、30代のデート事情通りで問題なし」

男子が嫌いなウケ悪女子、前に来たことあるという女子

  • 年齢が5歳以上の差がある年上彼氏(年下彼女)の場合「20代、30代のデート事情通りで問題ないが、割り勘よりも"やや多く男性が支払う"のが大人のマナー」

年齢が5歳以上の差がある年上彼氏(年下彼女)の場合

  • 年齢が5歳以上の差がある年上彼女(年下彼氏)の場合「基本は割り勘。しかし20代前半の彼氏は、奢ってもらえる事を期待している男子も多い」

年齢が5歳以上の差がある年上彼女(年下彼氏)の場合

今どきの割り勘、やや多く男子が払うデートの恋愛テクニック

  • 割り勘テクニック①「初デートは男子が払う(付き合う前、付き合った後も共通)=払わない場合、恋が進展しない」

1回のデートで、5,000円未満

初デートでは何故、男性が払うのか?初デートを割り勘にした場合に、女子は「セコイ男だと思う(36%)」、「自分に対して恋愛感情がない(26%)」と約50%の女子が悪い印象を持つ。つまり、初回のデートは男性が支払った方が、恋が発展しやすいのです

  • 割り勘テクニック②「記念日は、男性が支払う。誕生日は、相手におごる」

20代、30代の彼氏への誕生日プレゼントの値段相場と平均金額ランキング

普段、割り勘、彼氏が多く払うとしても。特別な日は、おごってあげる事が大事。今どきの恋愛観に大切なことは、バブル時代と違って女性を過度にもてなす、持ちあげる必要はない。普段は質素倹約でも、誕生日や記念日に少しお金を出して、気持ちが伝わる、そんな温かい恋愛が重要視されているのです

  • 割り勘テクニック③「割り勘は、7:3が基本、男子が7(=やや多く払う)。3回に1回は、女子が多く払う」

20代前半の社会人(22歳から24歳)のデート代の平均相場

男には、デートはおごってあげなければならない。そういう感情が少なからずある。だから、男子を立てる意味で、男子に多く支払ってもらう方が人間関係がスムーズになる。基本は7:3ですが、6:4でも構いません。2人で3,000円のランチ、ドリンク、スイーツ代は、彼氏2,000円、彼女1,000円のような支払方で全く問題ないですよ

  • 割り勘テクニック④「いつも彼氏のおごりの場合は、ご飯は彼氏、カフェは彼女が支払う」

濃い味でカフェインたっぷりの「コーヒー」

いつもおごりの彼氏。何か少しでも返さないと・・・と悩む女子は、この方法がベスト。ご飯は彼氏、カフェは彼女が支払う。一番問題がない、お互いに納得しやすいお返しの仕方です。それでも嫌がる彼氏には、たまに手料理を作ったりするのも有効的です

  • 割り勘テクニック⑤「やや多く払った側に、ちゃんとお礼を言う」

喜んでもらう結婚祝いのコツ「本人達に、プレゼントを選んでもらう。もしくは、本人達が選べる金券や商品券やギフトカタログが喜ばれるモノ」

金額の大、小に関係なく、多く払った方にお礼を言いましょう。逆にやってはダメな事は、支払をしている彼氏の前で、スマホで遊んでいる、トイレにこもっているなど、自分中心にいるのが一番よくないことです。支払が終わったら、軽く"ごちそう様"っと言うことが大切です。1回のデート代の今どきの平均、かかるお金の相場は「デート代、平均費用と予算」で詳細を解説しています

⇒ 参考:デート代、平均費用と予算

スポンサーリンク


▼関連するライフハック