【食べ合わせNG/食い合わせ危険】食べてはいけない!蟹や天ぷら、スイカ、ビールなどの「食べ合わせの悪い最悪の事例」を解説!!

Author

天ぷらとスイカなどと昔から言われる食べ合わせNGの一覧です。科学や医学で根拠のあるNGで本当に危険な食い合わせを解説、蟹と柿、クルミとお酒、サンマと漬物、タラコとソーセージなど、食べてしまった時にどうなるのか「食べ合わせの悪い最悪の事例」を解説!!うなぎに梅干しは根拠がなく、実は食べ合わせの良い食べ物だった!体調が悪くなる、下痢や嘔吐などで吐くような危ない組み合わせです

昔から言われる悪い組み合わせの「ウナギと梅干しは、嘘だった!?実は相性の良い食べ物!?」

  • うなぎの脂と梅干しの酸味が消化不良を起こすとされてきたが・・・科学的根拠はなく、単に高級食材のうなぎの食べすぎ防止に流布された贅沢の戒めであった 

うなぎの脂と梅干しの酸味が消化不良

うなぎと梅干しは、実際には相性が良い食材。梅干しの酸味がうなぎの消化を高める効果が正しいとされています。高級食材への戒めや政治的な理由で、食べ合わせの悪いとされた食材もあり、本当に危険な食べ合わせが何なのかをハッキリさせる為、科学的根拠のある"食べ合わせNGの食材"を解説しています

目で見て分かる食べ合わせNGのモノ「メントスと炭酸水」

  • メントスと炭酸水「混ぜると炭酸が噴射する。特にコーラとメントスは絶対に一緒に食べてはいけない!」

 メントスと炭酸水

写真:Wikipedia

  • メントスに炭酸水を混ぜた動画

消化不良を起こす食べ合わせ「胃腸の弱い人は要注意!!」

  • 天ぷらとスイカ「水分の多いスイカが、天ぷらと混ざると胃酸を薄め消化不良や下痢を起こす可能性がある。体を冷やす効果もあるので、胃腸の弱い人や冷え性の人は避けるべき食べ合わせ」 

 天ぷらとスイカ

写真:ジオシティーズ「自由研究」

  • トコロテンと生卵「トコロテンと生卵は共に消化が悪く、胃に負担がかかる為、消化不良を起こしやすい。トコロテンはヘルシーですが、体を冷やし代謝を悪くしてしまう為、食べ合わせは宜しくない。特に、生玉子は鮮度が落ちやすいので、夏は食中毒にも注意」

 トコロテンと生卵

写真:ソネットブログ

発がん性のある食べ合わせ「食べ合わせで癌になる!?」

  • サンマと漬け物「焼いたサンマから発するジメチルアミンは、漬物に含まれる亜硝酸塩と融合してニトロソアミンになる。ニトロソアミンは発がん性のある物質で、サンマに限らず焼き魚と漬物はNG」

サンマと漬け物

  • タラコとソーセージ「タラコに含まれるジメチルアミンが、ソーセージの亜硝酸塩と結合し、ニトロソアミンとなる」

 タラコとソーセージ

体調を悪くする食べ合わせ「意外な組み合わせで、最悪の場合。死に至ったケースも!!」

  • 蟹と柿「蟹と柿は体を冷やす食べ物コンビ。かつて存在した李氏朝鮮の国王景宗は、蟹の醤油付けと柿を食べたことが死因とされる」 

蟹と柿は体を冷やす食べ物コンビ

  • スイカとビール「水分の多いスイカと、利尿作用のあるビールは、脱水症状や急性アルコール中毒を引き起こしやすい食べ合わせ。特に夏などは、海水浴やBBQで注意いしたい。そのまま海で泳ぎ水死するケースもある」 

スイカとビール

写真:イマコレ

  • ヒジキと牡蠣「ヒジキのタンニンが牡蠣の鉄分を相殺。ヒジキが牡蠣の亜鉛吸収を妨げ、味覚障害、口内炎、皮膚障害を引き起こす可能性がある」

ヒジキのタンニンが牡蠣の鉄分を相殺

  • クルミと酒「クルミは血圧を上昇させる効果があり、お酒とダブルパンチ。最悪の場合、クモ膜下出血や高血圧性脳症の危険性がある」 

 クルミと酒

スポンサーリンク


▼関連するライフハック