【エゴマ油/危険性/副作用】エゴマオイルの効果・効能、若返りの秘訣「エゴマ油の正しい食べ方、スキンケア用化粧品の注意点を、事例・検証結果や口コミ、批評をもとに解説」

Author

エゴマオイル(エゴマ油)の危険性や副作用と効果・効能、使用上の注意点、事例・検証結果や口コミ、批評。エゴマオイル(エゴマ油)の最大の効果は、オメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)で、血行改善と肌年齢を若くする効能が!?適量の食べ方は、スプーン1杯。美容・化粧品用にエゴマ油を使うなら、子さじ1杯程度でクレンジングが効果的。エゴマ油の賞味期限は、開封後1ヵ月以内など、エゴマ油の使用期限や保管方法、正しい食べ方も解説しています

エゴマオイル、エゴマ油の健康効果、効能の特徴は?

エゴマ

  • 食用の場合「血行をよくし、肌年齢の若返り効果。アトピー、花粉症予防」

  • 美容の場合「クレンジングで使用すると、肌がツルツル。べたつかない肌に」 

エゴマ油の最大のメリットは、血行改善。比較的即効性が高く、はやい人で食後30分前後で、血流がよくなり、体の反応が早くなるという実験結果もでています。つまり、エゴマ油を摂取すると、血の流れがよくなり、肌の活性化も進みやすい体質になるというのです。結果、免疫力も高くなり、アトピーや花粉症予防にも良いとされています。また、エゴマ油はクレンジングとしても利用でき、体験者の声は、「肌がツルツル。べたつかない肌になった」という報告もあがっています

  • 健康効果「うつ病の改善」

ショック

エゴマ油と鬱病(うつ病)の研究結果。2011年、アメリカのハーバード大学が女性5万人に行った調査内容によると、α‐リノレン酸を摂取した人の鬱病発生率が減少しました。コレは、エゴマ油に脳を活性化させる要素があり、鬱病(うつ病)患者に適しているとも言える結果です

  • 豆知識「エゴマ油は、青魚に多いEPAやDHAが多く、スプーン1杯でサバ半尾ぐらいの摂取量」

受験

EPAやDHAは、血管の老化防止、動脈硬化や心筋梗塞を予防する重要な成分です。よく青魚は、頭をよくすると言われますが、まさに、その成分がコレで、魚を食べなくても、スプーン1杯で、効力を発揮するというのが、メリットですね。エゴマ油を食べて、30分後に脳の動きがよくなるのであれば、確かに試験前の勉強や受験勉強には、とても効率のよい食べ物ですね

エゴマ油の副作用と危険性は?1日の適切な量、過剰摂取した場合どうなる?

  • エゴマ油の適量「1日、スプーン大さじ1杯くらいまでが、目安」 

大さじ1杯のエゴマ油

  • エゴマ油の食べ方「過熱はNG。サラダのドレッシングに加える食べ方、おすすめ」

サラダ

エゴマ油は、オイルの中でも熱に非常に弱い部類です。お味噌汁に数滴、入れる程度であればよいですが、煮込むのは厳禁。加熱せずに、サラダのドレッシングとして、1日最大でスプーン1杯程度の摂取が最適です。1日、スプーン1杯ですので、3食サラダを食べる人は、1回数滴程度の量です。スプーン5杯の量を食べていて、気持ち悪くなった人がいますが、明らかに適量を超えた食べ方をしてましたね

  • エゴマ油の保管方法「日光のあたらない冷蔵庫。賞味期限は、開封後1ヵ月程度」

冷蔵庫で保管

エゴマ油は、日光に弱いです。その為、保管方法は、冷蔵庫です。賞味期限は、開封後1ヵ月程度と比較的長いのも特徴です

  • 番外編「副作用の事例は、ほぼ存在しない。ただし、適量以上に食べ過ぎた場合に、下痢、吐き気をもよおした事例も!?」 

食べ過ぎ

エゴマ油に関して、目立った健康被害は今のところ、ほぼ事例がありません。適量以上に食べ過ぎた場合に、下痢、吐き気をもよおした報告はありますが、誤った食べ方やダイエット目的で過剰に摂取した場合を除いて、副作用と呼ばれる大きな被害はでていません

スポンサーリンク


▼関連するライフハック