【2016年/GW期間】今年のゴールデンウィーク期間の休日・休暇と祝日は、いつから、いつまで会社や職場は営業する?

Author

2016年、GW期間(ゴールデンウィーク期間)の休日休暇と祝日は、いつから、いつまで?会社職場のお休み期間を徹底調査!2016年の祝日カレンダーに有給が加わると最大で10連休!?5月2日(月)、6日(金)は祝日じゃない平日の為、前半の長期休日組と後半のゴールデンウィーク組、中途半端に2日間出勤するGWで遠出の旅行は難しい!?どうなる今年のGW特集です

2016年のGW、ゴールデンウィーク中の祝日は?

2016年のGW、ゴールデンウィーク中の祝日

  • 4月29日(金)、昭和の日

  • 5月3日(火)、憲法記念日

  • 5月4日(水)、みどりの日

  • 5月5日(木)、こどもの日

 2016年。今年のGW、ゴールデンウィークは、5月2日(月)、6日(金)が平日でこの2日間が長期休暇の鍵となる日です。この2日間のどちらかでも会社で休みをもらえる、有給消化ができると大型連休となって、遠出する国内旅行や海外旅行も夢じゃないのです。2016年GWの新幹線、道路の混雑予想は「2016年GW、渋滞と混雑予想とピークの帰省・Uターンラッシュ」で渋滞予測を解説しています

⇒ 参考:2016年GW、渋滞と混雑予想とピークの帰省・Uターンラッシュ

カレンダー通りのGW(ゴールデンウィーク期間)の場合は?

  • カレンダー通りのお休みと祝日は「3連休が2回、2連休1回パターン、5月2日(月)、6日(金)が出勤の会社」 

 goldenweek_period_2016_01

カレンダー通りの休日の会社や職場、公務員、市役所などに勤める人は、3連休2回と土日休みの2連休。2日(月)、6日(金)の出社・出勤と気の抜けてしまうような仕事日になってしまうかもしれませんね

5月2日(月)、6日(金)に有給が取得できるGW(ゴールデンウィーク期間)の場合は?

  • 間の2日間を休みとする場合「超大型の10連休」

2日間の有給を消化する場合 

2016年、今年のゴールデンウィークは5月2日(月)と6日(金)に有給や会社から特別にお休みがもらえる場合、大型の10連休となる。しかし、この不景気のご時世にさすがに10連休は体裁が悪いので、前半の2日、後半の6日のどちらかを休日とする会社が多いでしょう

トヨタカレンダーのGW(ゴールデンウィーク期間)の場合は?

  • トヨタカレンダーの場合「7連休と3連休を有効に活用できるスタイル、会社とのバランスも良い休日形態」

 トヨタカレンダーのゴールデンウィークの場合

2016年のトヨタカレンダーのゴールデンウィークの場合、7連休と3連休。2日(月)を休みにすることで、長期の7連休、9日(月)をお休みにして土日をあわせて3連休というスタイルです。週に1度も出社しない日を作らないのは会社として大切なこと。9日を休みにするこのスタイルが、会社と従業員の意見のバランスがとれていて理想的なゴールデンウィーク休暇かもしれません

5月2日(月)を休みとするGW(ゴールデンウィーク期間)の場合は?

  • 前半長期休暇の場合「4月29日から5月5日の7連休、1日あけて2連休」

5月2日(月)を休みとするGW(ゴールデンウィーク期間)の場合

会社を週に2日間もあけるわけにいかない職場は、前半GW休暇組と後半GW休暇組に分かれて長期休暇を作るのがベスト。前半長期休暇の場合は、4月29日から5月5日の7連休、1日あけて2連休です。遠出する国内や海外旅行を考えている人は前半の方が良い。家でゆっくりする土日の2日間を体を休めるのに有効に時間を使えるでしょう

5月6日(金)を休みとするGW(ゴールデンウィーク期間)の場合は?

  • 後半長期休暇の場合「4月29日から3連休、5月3日から5月8日までの6連休」 

5月6日(金)を休みとするGW(ゴールデンウィーク期間)の場合 

前半GW休暇組と後半GW休暇組にわかれる場合の後半長期休暇の場合です。前半の場合は7連休+2連休、後半の場合は3連休+6連休です。気分的には、前半GW休暇組の方が7連休があり、お得に思えます。2日から3日の旅行を考える場合は、後半の3,4,5日や4,5,6日にすると最後に2日間、疲れを癒す休日の時間もあります。遠出しないなら後半の休みでも良いでしょう。みんなのGWの過ごし方が気になる方は「ゴールデンウィークの過ごし方ランキング」、家族や子供との過ごし方は「家族と子供、夫婦の予定ランキング」が参考になります

⇒ 参考①:ゴールデンウィークの過ごし方ランキング

⇒ 参考②:家族と子供、夫婦のGW予定ランキング

スポンサーリンク


▼関連するライフハック