【ハンバーグ/美味しい作り方】簡単!人気の手作りハンバーグ!焼き方とレシピのコツ「肉汁いっぱい!ふんわりハンバーグの料理方法、おすすめのソースや味付けを解説」

Author

簡単!人気!プロから学ぶハンバーグの美味しい作り方、焼き方とレシピのコツです。子供や喜ぶお弁当のおかずのハンバーグ、彼氏や夫(旦那)、男の子が満足する「肉汁ジューシーなハンバーグ」や「ふんわりハンバーグ」の作り方を徹底解説!材料は、玉ねぎ、牛乳、マヨネーズ、牛脂など、ちょっとした工夫で美味しいお店やレストランの味のハンバーグを作る方法です

簡単!人気の美味しい手作りハンバーグの作り方!焼き方とレシピ!

美味しい手作りハンバーグの作り方、簡単!人気の焼き方とレシピ

  • 簡単!人気で美味しいハンバーグの作り方!

  • 洋食屋さんやレストランのプロの技から学ぶ!

  • ワンランク上の手作りハンバーグを作る料理方法!!

プロの職人たちのハンバーグの作り方やお弁当に入れても!かたくならない!柔らかなハンバーグを作る方法、お安いお肉でも美味しくハンバーグを作る方法まで、ハンバーグを手作りする上でワンランク上の味になる料理テクニックを解説しています。ひと手間加えるだけ、ちょっとした工夫で大きな味の差がでます。ハンバーグの作り方ではなく、ハンバーグの味やトッピングについては、「男性が好きなハンバーグの味、ソース」と「女性が好きなハンバーグの味、ソース」で詳しくメニューや味の好みを解説しています

⇒ 参考:男性が好きなハンバーグの味、ソース

⇒ 参考:女性が好きなハンバーグの味、ソース

美味しいハンバーグの作り方!肉汁いっぱい!ふんわりハンバーグの料理方法!!

  • 美味しい作り方①「ひき肉を、牛肉、豚肉を7:3の割合で合びき肉にする」 

ひき肉

牛肉だけのハンバーグは、パサパサしやすい。豚肉を合びきにする事で、豚のひき肉がハンバーグの柔らかさと、肉汁をたっぷりにする効果があります。スーパー等では、この合びき率を6:4や5:5で表示されているので、ひき肉を選ぶ時は、理想の7:3のお肉を選びましょう

  • 美味しい作り方②「玉ねぎは、炒めて冷蔵庫で冷やしたモノを使う」 

玉ねぎ

ハンバーグの作り方でやってしまいがちな失敗は、ひき肉とみじん切りのタマネギを、そのまま混ぜてしまう事です。ひき肉は、焼く時に温度が高くなると、肉汁が出てしまいます。その為、一度炒めたタマネギを冷やし、肉汁をハンバーグの中に閉じ込める必要があるのです。肉汁ジューシーなハンバーグを作りには、この方法を活用しましょう

  • 美味しい作り方③「生卵、パン粉を入れたら、牛乳とサラダ油を入れてこねる」 

 牛乳

ハンバーグを柔らかくする方法として、牛乳を使います。牛乳の代わりに、マヨネーズでも良いですが、基本的には牛乳がおすすめ。ふっくらして柔らかいハンバーグには牛乳が必須!サラダ油は、お弁当のハンバーグに向いています。サラダ油を混ぜる事で、ひき肉をコーティングし肉汁を閉じ込めます。冷めてしまうお弁当のおかずのハンバーグも、この方法で格段に美味しくなります

  • 美味しい作り方④「肉汁ジューシーにするなら、ハンバーグの中に牛脂を入れる」 

牛脂

出典引用:肉のにしだ「牛脂のイメージ写真」

スーパーのお肉のコーナーに牛脂が売っているかと思います(無料の場合もある)。その牛脂を細かく刻んで、お肉の真ん中に入れましょう。こうする事で、強制的に肉汁を閉じ込める事になりますよね

  • 美味しい作り方⑤「ハンバーグソースは、フライパンをそのまま使う」 

フライパン

お肉を焼いたフライパンを有効的に活用しましょう。ハンバーグを焼いた後のフライパンは洗わずに、お肉からでた肉汁を使って、ハンバーグソースを作ります。こうする事で、お肉と相性の良いハンバーグソースになるのです。ハンバーグの作り方ではなく、ハンバーグの味やトッピングについては、「男性が好きなハンバーグの味、ソース」と「女性が好きなハンバーグの味、ソース」で詳しくメニューや味の好みを解説しています

⇒ 参考:男性が好きなハンバーグの味、ソース

⇒ 参考:女性が好きなハンバーグの味、ソース

スポンサーリンク


▼関連するライフハック