【ハナビラタケ】抗がん作用、癌の予防・治療に免疫力あるキコノを!抗がん剤や放射線治療の副作用も軽減する、βグルカン豊富な幻のキノコ「ハナビラタケ」の効果・効能

Author

ハナビラタケは、標高1000m以上の山岳、カラマツ林やマツ林にに存在する「幻のキノコ」。ハナビラタケは「β-グルカン」が他のキノコより多く含まれており、白血球の減少を抑制し、増加させる効能があり、抗がん作用、癌の予防・治療の効果がある。また、抗がん剤や放射線治療の副作用も軽減するので、併用して食べるのがベストです

ハナビラタケとは、標高1000m以上の山岳に存在する「幻のキノコ」。自生量も少なく、人目に触れる事もめったにないが、一部の登山家には愛好者も多い

抗がん作用、癌の予防・治療効果のあるハナビラタケ 

写真:きのこアルバム「ハナビラタケ」

最近では人工栽培もされるようになったが、スーパーや八百屋さんで購入するほどの量は流通していないのが現状。抗がん剤や放射線治療は、副作用があるが、ハナビラタケのような自然な食材には副作用はない為、ハナビラタケを免疫療法として併用するガン専門のお医者さんも増えてきている

ハナビラタケは、他のキノコと比べて「βグルカンが豊富」ハナビラタケは、食べると海草のように「コリコリとした食感」で「生で食べるサラダ、エキスが流れ出るスープや鍋」と相性が良い

ハナビラタケとプチトマトのマリネ

写真:レシピブログ「ハナビラタケとプチトマトのマリネ」まなパパさんのレシピ

ブナピーとハナビラタケを浮かべた枝豆の冷製スープ

写真:きのこの時間「ブナピーとハナビラタケを浮かべた枝豆の冷製スープ」

タモギタケとハナビラタケのきのこチゲ

写真:きのこの時間「タモギタケとハナビラタケのきのこチゲ」

ハナビラタケは、β-グルカンが、マイタケの約2倍(乾物100g当たり40g)含まれています。β-グルカンは、医学、薬学、免疫学など幅広い分野で研究されており、健康維持に重要な成分であるといわれています。β-グルカン以外にもタンパク質、脂肪、糖質の他に食物繊維を豊富に含んでいます

出典:鈴鹿はなびらたけ工房

ハナビラタケと癌の予防・治療の効果・効能「①豊富なβ-グルカンは、白血球の減少を抑制。また、白血球を増加させ、がんやウイルスへの免疫力を高める」

ハナビラタケの癌の予防・治療の効果・効能は、免疫力の向上。免疫細胞のリーダー的存在の白血球の数が老化などで減少するのを抑制し、白血球の数を増加させる役割をします。白血球の数が増えると言う事は、がんだけでなく、他の病気とも戦う「強い軍隊」を体の中で結成するようなものです。

ハナビラタケと癌の予防・治療の効果・効能「②ハナビラタケのサイトカイン効果。白血球を刺激して、がん細胞やウイルスを攻撃、除去する働きがある」 

ハナビラタケを食べ、免疫力の高まった体は、細胞がたんぱく質を放出するサイトカイン効果をもたらします。サイトカイン効果によって 、刺激された白血球が活発化、がん細胞やウイルスを攻撃し、除去する働きをします

ハナビラタケの研究結果「ハナビラダケを1日300mgを六ヵ月間摂取したら、がん細胞が50%以上縮小。がん細胞を消滅させる効果があった」

ハナビラダケのβ-グルカンを1日300mg、6ヶ月間、がん患者に摂取した結果。14人中9人のがん細胞が50%以上縮小、4人はがん細胞が消滅した(2002年 日本癌学会発表 表参道吉田病院)

癌の予防・治療に効果的なハナビラタケは、なかなか売っていない。ハナビラダケほど、β-グルカンは多くないが「霊芝(れいし)」と「シイタケ」「マイタケ」にも同じ効果があるとされている

抗がん作用、癌の予防・治療に効果的なハナビラダケは、スーパーや八百屋さんになかなか流通しない。ハナビラダケほど、β-グルカンは多くないが「霊芝(れいし)」と「シイタケ」「マイタケ」にも同じ効果があると期待されているので、どうしても手に入らない場合は、霊芝(れいし)、シイタケ、マイタケで代用するのも良いと思います

スポンサーリンク


▼関連するライフハック