【下半身太り/原因/理由】塩分の取りすぎ!脚がむくんで下半身が太る「塩分が足を太らせる原因!下半身の痩せ方のメカニズムを解説」

Author

下半身太り(脚、ふくらはぎ、太もも)は、塩分の取りすぎで太くなる!?塩分を取り過ぎると、脚のむくみ原因と理由を徹底解説!下半身痩せをする方法とは?1日の塩分量は男性8.0g、女性7.0が推奨目安!しかし、日本人の平均的に男性で10.4g、女性9.4gと塩分を取り過ぎてしまっています

塩分を取り過ぎると下半身が太る原因と理由

塩分を取り過ぎると下半身が太る原因と理由

  • 1日の塩分量は男性8.0g、女性7.0が推奨目安!

  • 日本人の平均は男性で1日10.4g、女性9.4gと過剰摂取!?

  • 体の中に塩分が多くなると、下半身が太るメカニズムを解説!!

1日の塩分量は男性8.0g、女性7.0が推奨目安とされています。しかし、この目安はあくまで日本の厚生廊労働省の推奨値で、世界と言う視点で見ると実は、まだまだ高いです。世界保健機関(WHO)の食塩摂取目標を1日5グラムとしていますが、日本人の1日の平均的な演武摂取は1日10.4g、女性9.4gと、WHOの基準の2倍近くも塩分を取っているのです

何故、塩分の取り過ぎが原因で下半身が太るのか?

  • 下半身が太る理由①「塩分を取り過ぎると、体内で塩を薄めようとし、水分を蓄えようとする」 

体内で塩を薄めようとし、水分を蓄えようとする

塩は一定の量しか、水にとけません。理科の実験でビーカーの中に固形物の塩が溜まってしまう理由と同じです。たくさんの量の塩を薄めるには、その分、水を必要とします

  • 下半身が太る理由②「水分が増えた体は、地球の重力にひっぱられ、脚に溜まりやすい」 

地球の重力にひっぱられ、脚に溜まりやすい

下半身に筋肉がある人は、重力に負けず体型を維持できますが。女性のように力が弱い、年齢とともに筋肉が落ちてしまった場合に、水分は脚にたまりやすくなります。コレが、脚のむくみの原因のひとつです

  • 下半身が太る理由③「筋肉の少ない女性ほど、脚に水分が溜まり”むくみ”となっていまう=大根足の原因」 

血行の改善、むくみや冷え性の解消し美脚効果のある貧乏ゆすり

  • 下半身が太る理由④「脚がむくみ、水分が多くなると、体が冷える。体を温める為に、脂肪を蓄えるようになる」 

脚がむくみ、水分が多くなると、体が冷える

  • 下半身が太る理由⑤「塩分の取り過ぎは結果的に、脚に脂肪がつきやすい体質となっていまう」

ショック

塩分の取り過ぎは、体の水分量を増やし、塩分を薄くしようとする。しかし、脚に筋肉が少ない運動不足の女性ほど、重力に負けて水分が下半身に溜まりやすい。その結果、水分が脚に増え、大根足のようになっていまいます。また、脚に水分が増える事で、体が冷えてしまう為、脂肪をよりいっそう蓄えるようになります。塩分は必要な調味料ですが、取り過ぎは注意。塩分を体から排出する、デトックスするには果物や野菜に吹く暗レルカリウムが必要です

スポンサーリンク


▼関連するライフハック