【おすすめ】青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ!油とも相性が良く「オイスターソース炒め」や「スープ」にしても良い

Author

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能は、風邪予防、便秘解消、美肌効果。他にも、生活習慣病(成人病)や貧血の予防と解消にも効果があるとされている。青梗菜は、油とも相性が良く高温でさっと炒めた「オイスターソース炒め」やゆでても揚げても成分的にはあまり変化がない為「スープ」にするのもお勧めです。青梗菜の栄養と効能を意識した人気レシピを作って、健康的な食生活をしよう

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能。風邪予防、便秘解消、美肌効果。他にも、生活習慣病(成人病)や貧血の予防と解消にも効果的な野菜が青梗菜(チンゲン菜)

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能

写真:写真AC

青梗菜(チンゲン菜)の栄養は、100gあたりカロチン1,800μg、ビタミンCが24mg、鉄が1.1mg、食物繊維が1.4g。野菜の中では鉄分も多く「貧血の予防と解消」に良い。β-カロチンは、免疫力を活性化し、風邪を予防する効果がある。青梗菜(チンゲン菜)のβ-カロチン体内で必要なだけビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ美肌効果がある潤いの成分。栄養成分により青梗菜は、風邪の予防、肌や皮膚を若々しく保つ美肌作用、貧血の予防、便秘を改善、生活習慣病(成人病)の予防など様々な効果が期待できる

出典:医学・健康情報サイト「JMEDICAL」

料理のポイント①青梗菜(チンゲン菜)は、高温でさっと炒めると、ビタミンCの損失も少なくすむ「油ととても相性のいい野菜」

 料理のポイント②青梗菜(チンゲン菜)は、ゆでても揚げても成分的には変化が少なく「スープ」にしても良い。オイスターソースやエビ、ホタテなどとも相性は抜群

青梗菜(チンゲン菜)の旬は、秋~冬(9月~2月)。寒い時期に風邪予防ができ、乾燥する季節に肌の潤いを保てる!身も心も温まる料理がふさわしい野菜です

チンゲン菜の旬

写真:写真AC

青梗菜は葉の色が濃緑色で、葉の軸が短めのもの、また、密に葉が付いているものが良いでしょう。青梗菜には何種類か種類がありますが、葉に厚みがあり、株の根元付近がふっくらとしているものの方が甘味があります。鮮度が落ちると共に葉の色が薄くなり、黄色く変色してきます。新鮮なうちに調理しましょう

出典:旬を食べよう「旬飯」

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ「①青梗菜のしょうが風味スープ」=風邪予防に良い生姜との組み合わせがとても素晴らしい

 青梗菜のしょうが風味スープ

写真:今日のレシピが必ず決まる!「オレンジページnet」

<材料>4人分:青梗菜 1株、ねぎ 1/2本、しょうがの薄切り 3~4枚、鶏ガラスープの素 大さじ1/2、水 600cc、しょうゆ 大さじ1、塩 少々、こしょう 少々

<作り方>ねぎは長さを3cmに切ってさらに縦4つに切る。しょうがの薄切りはせん切りにする。青梗菜は1枚ずつはがし、葉と茎に切り分けて、縦に2つ~4つに切る。鍋にスープの材料とねぎ、しょうがを入れて強火で煮る。煮だったら中火にして青梗菜の茎を加え、アクを取りながら約1分煮る。青梗菜の茎がしんなりしたら、葉を加えてすぐに火を止め、器に盛る。熱量12kcal、塩分1.3g(1人分)

出典:今日のレシピが必ず決まる!「オレンジページnet」夏梅美智子さんのレシピ

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ「②茹であげチンゲン菜」=ゆでても、あげても成分の落ちないチンゲン菜の特徴を活かしたレシピ、オイスターソースとの相性も抜群!

 ゆでてもあげても成分が落ちないチンゲン菜の料理

写真:クックパッド

<材料>チンゲン菜 2株、サラダオイル大さじ1、塩小さじ1、オイスターソース大さじ2、ゴマ油小さじ1、水(又は湯)小さじ1

<作り方>根元から8つ割にし(根元に切り込みをいれ、裂くようにすると葉がちぎれにくい)水の入ったボールにしばらくつけ→振り洗い。大きめの鍋or中華なべにお湯を沸かす。塩と油を加え、チンゲン菜を根元から入れる。ゆで時間は30秒~45秒程度!芯に透明感がでて、葉の色が鮮やかに変わったらもうOK、すぐに大きめのザルにあげます。皿に盛り、水とごま油でといたオイスターソースをかける

出典:クックパッド ケチャウルレシピさんのレシピ

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ「③青梗菜と豆腐のオイスターソース煮」=しょうがを散らしているのがおいしさと風邪予防のポイント、食材もヘルシーで健康的!

 青梗菜と豆腐のオイスターソース煮

写真:今日のレシピが必ず決まる!「オレンジページnet」

<材料>2人分:
青梗菜 2株、絹ごし豆腐 1丁(約300g)、しょうが(小)1かけ、煮汁:オイスターソース、しょうゆ、酒 各大さじ1、鶏ガラスープの素(顆粒)小さじ1/4、片栗粉 小さじ1、水 2/3カップ、サラダ油、塩

<作り方>豆腐はペーパータオルで包んで10分ほどおき、水けをきる。縦半分に切り、さらに横に幅1cmに切る。青梗菜は根元を切って、長さ3~4cmに切る。しょうがは皮をむき、せん切りにする。ボールに煮汁の材料を混ぜ合わせる。フライパンにサラダ油小さじ1を強火で熱し、塩少々と、青梗菜を順に入れてさっと炒める。水1/4カップを加えて、煮立ったらざるに上げて水けをきる。フライパンをペーパータオルなどでさっと拭き、サラダ油大さじ1を強火で熱して、豆腐を重ならないように並べる。両面を3分ずつ焼いて青梗菜を加え、煮汁をもう一度かき混ぜてから回し入れる。3分ほど煮て、とろみがついたら器に盛り、しょうがを散らす。

出典:今日のレシピが必ず決まる!「オレンジページnet」豊口裕子さんのレシピ

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ「④青梗菜とオイルサーディンのパスタ」=チンゲン菜をさらっと炒めるのがポイント、残りもののチンゲン菜を上手くつかったレシピ!日曜日のお昼に食べたいですね

 青梗菜とオイルサーディンのパスタ

写真:クックパッド

<材料>パスタ200g、炒め用オイル大匙1、にんにく(みじん切り) 1かけ、青梗菜 1株、オイルサーディン1缶(100g)、プチトマト8~10個、だしの素(顆粒)小匙1、醤油大匙1、塩、胡椒 適量

<作り方>青梗菜を適当な大きさに切り、ミニトマトも半分に切っておきます。炒め用油を熱し、にんにくを香が出るまで炒めます。青梗菜の白い部分を1分程先に炒めます。そこに残りの青梗菜、オイルサーディン、トマトを入れ簡単に炒めます。オイルサーディンのオイルも全部入れます。パスタを入れ油が回ったらダシの素、醤油、塩胡椒で味を調え出来上がりです

出典:クックパッド mielleさんのレシピ

青梗菜(チンゲン菜)の栄養と効能を意識した人気レシピ「⑤豚肉と青梗菜のミルクスープ」=チンゲン菜はスープにすると食べやすい!クリームスープとも相性が良い!

豚肉と青梗菜のミルクスープ 

写真:クックパッド

<材料>3人分:豚小間切れ150g、青梗菜 2株、ブナピー(しめじ・えのき)半株、牛乳 又は 豆乳1カップ位、水(浄水)700cc位、コンソメ2キューブ、ゴマ油大さじ1、塩コショウ適宜、黒コショウ仕上げに少々

<作り方>豚肉、青梗菜は食べやすく切る。火をつけない鍋にゴマ油と豚肉を入れ、混ぜる。肉と鍋に油がいきわたったら火をつけ、塩コショウし、肉の色が変わるまで炒める。火をつけない鍋にゴマ油と豚肉を入れ、混ぜる。肉と鍋に油がいきわたったら火をつけ、塩コショウし、肉の色が変わるまで炒める。中弱火にして牛乳 又は 豆乳を加え、沸騰しない様に温める。 塩コショウでお好みの塩加減に調味する。

出典:クックパッド 猫柳商店さんのレシピ

スポンサーリンク


▼関連するライフハック