【成人式/ぼっち】1人ぼっちの成人式を全力回避!中学校・高校の友達と一緒に参加するのがベスト!?「成人式に1人ぼっちで浮かない?地元から離れると、成人式を1人ぼっちで出席することに!?」

Author

20歳の成人式ぼっち、成人式の1人ぼっちを全力回避!成人式を1人で出席するよりも、最初から中学校・高校の友達、知合いと一緒に参加するのがベスト。成人式で1人ぼっちになってしまう人の特徴や共通点は?成人式は参加した方がいいぞ!という親や今の友達からのアドバイスは正しいの?地元を大学進学や就職で離れた人ほど、成人式ぼっちの可能性が!?成人式の1人ぼっちを解説しています

成人式の1人ぼっちを全力回避!中学校・高校の友達と一緒に参加するのがベスト!?

成人式で1人ぼっち、成人式ぼっちになってしまう人の特徴

  • 成人式で1人ぼっちになってしまう人の特徴と共通点は?

  • 成人式に行きたくない人は、出席しても、欠席でも、後悔するもの!?

20歳のお祝いの成人式。20歳となると、進学や就職の関係で、ずっと地元にいる訳でもありませんよね。成人式に参加するとなると、心配なのが、1人ぼっちになって寂しい思いをすることです。どうしたら、1人ぼっちにならない成人式になるのでしょうか。成人式を1人ぼっちで過ごさない為のアイデアを紹介しています

  • 今どきの成人式事情「参加率は、約80%。欠席率は、約20%」

 成人式の出席率

成人式に参加する人、欠席する人の調査結果です。今どきの成人式は、5人に1人が参加しないというアンケート結果もあります。不参加の人が意外と多い結果なのは、20歳ともなると大学進学や就職先の関係で地元を離れているケースも多く、参加しない人もいるのです。もちろん、そもそも成人式に参加しなくない、行きたくないという人もこの数字にははいっていますが、おおそよ10人に1人程度というのが相場です。成人式の出席に関する詳しい情報は、「成人式の出席率、欠席率」で今どきの事情を解説しています

⇒ 参考:成人式の出席率、欠席率

  • 番外編「資格試験や仕事が多忙するぎる人は、成人式に、参加しないケースも!?」

資格試験

過去の事から学ぶ事もありますが、これからの将来に向けて必死で頑張っている人が参加しないというケースもあります。資格試験の勉強、仕事に一生懸命になっている人(例えば、20歳前後で会社を起業している、組織の中核を任させているなど)などは欠席することもあります。普通と違う人生観、生活環境にあるので、将来有望な場合も多いです。大学生の場合、講義が始まっている時期ですが、授業によっては休講の場合も多いで、基本的には参加できますが、次の日、すぐに大学へ出戻り!なんてパターンも多いですよね

成人式に1人ぼっちになってしまう人の特徴、よくある共通点は?

  • 成人式、1人ぼっちの特徴「地元を捨て、上京した大学生、専門学生(地元が嫌いな人)」

東京大学

  • 成人式、1人ぼっちの特徴「成人式に出席しても、仲の良い友達がいない人」

男子が嫌いなウケ悪女子、裏で他の女子の悪口言いすぎ女子

  • 成人式、1人ぼっちの特徴「昔、いじめられていた人」

喧嘩

  • 成人式、1人ぼっちの特徴「子供の頃から、親の都合で引越しばかりしている転勤族の子供」

引越し

成人式で1人ぼっちになってしまう人の特徴、よくあるパターンは、地元に友達がいない人、そもそも、子供の頃に住んでいた場所が好きじゃない人達です。地元が好きな人は、地元から離れず、今も生活しています。でも、地元が嫌いな人は、大人になると都心部へ就職したり、進学したりするものです。例外として、親が転勤族で故郷と言える場所がない人、中学、高校でいじめられていたなど、こういったケースの人も、参加すると1人ぼっちになってしまうこともあります

成人式の1人ぼっちを全力回避!どうすれば、1人ぼっちを回避できる?

  • 成人式の1人ぼっち回避「中学校・高校の友達と一緒に参加する。最初から予定を組んでおく」 

成人式の参加率、参加場所についての解説

成人式は、ほとんど人が子供の頃に住んでいた地域の成人式に参加します。昔の友達にも会えるチャンスがありますからね。当日、いきなり1人で行くのもいいですが、最初から連絡を取り合っていた方が良いです。地元に残っている人達は、最初から友達と一緒に参加する約束をしているのが普通のことです

  • 成人式の1人ぼっち回避「地元に友達がいないなら、現住所の成人式に参加もあり!」 

住民票

都心部へ進学した大学生の場合、地方出身者が非常に多いです。中学、高校の友達と仲良くない、会いたい人がいない場合は、大学の友達と、今住んでいる地域の成人式に参加するのもありです。成人式は、今の住民票がある20歳になる人に、案内状が届きます。昔の友達よりも、今の友達が大事なら、現住所の成人式へ参加するのも1つの手段です

スポンサーリンク


▼関連するライフハック