【小学校/入学祝い/金額相場】祖父母から小学生の孫に贈るお祝い、甥や姪に贈る平均的な入学祝いの相場「入学祝いは1万円!?おじいちゃん&おばあちゃんは孫のランドセル購入費を負担するご時世を解説」

Author

小学校の入学祝いの金額相場、祖父母から小学生の孫に贈るお祝い金や甥や姪に贈る金額相場!小学生の平均的な入学祝いの平均相場。幼稚園・保育園から小学生に上がる孫、親戚の甥っ子、姪っ子へ贈る入学金は1万円が相場!?しかし、祖父母から孫に贈るは入学金とは別に、ランドセル代や学習机、制服代などを負担するケースも多く、平均的な相場は4万円ほどの出費を予定している!?小学校に入学する孫、甥や姪への入学金相場を解説しています

小学校入学の入学祝い、お祝い金の平均的な金額相場は?

小学校の入学祝いの金額相場、祖父母から孫。甥や姪に贈る金額相場

  • 従兄の子供など甥、姪っ子に贈る入学祝いは、1万円が相場!?

  • 祖父母の予算は4万円前後が平均!?孫へのお祝い予算は、最大で10万円!?

子供の小学校入学時に贈る入学祝い、お祝い金の金額相場は、孫、甥、姪などの関係値で大きく変わってきます。 祖父母から孫へ贈る入学祝いが一番出費が大きく、最大で10万円前後を予算としている、おじいちゃん、おばあちゃんもいます。甥、姪、友達の子供などの場合は、ほとんど相場が変わらないです。小学校の入学祝いの平均的な相場について解説しています

  • 入学祝いを渡すタイミング「入学式の1週間から2週間前が、一般的なマナー」

入学祝い

小学校の入学祝い金を渡す場合、一般的なマナーとして渡すタイミングは、入学式の1週間から2週間前。つまり、3月の中旬頃が、お祝い金を贈る時期です。あまりギリギリになってしまったりしないように、早めに贈りましょう

祖父母から孫に贈る入学祝い、小学校の場合の平均的な相場は?

小学生男子の子供が将来なりたい職業、就きたい職業ランキング

  • 孫に贈る小学校の入学祝い 1位「3万円(31%)」

  • 孫に贈る小学校の入学祝い 2位「1万円(24%)」

  • 孫に贈る小学校の入学祝い 3位「5万円(17%)」

保育園、幼稚園から小学校にあがる孫への入学祝いの金額相場のトップは、3万円。2位が、1万円、3位が5万円という調査結果です。しかし、この金額は、あくまで現金を渡す場合の相場です。孫の場合、入学祝い金だけではなく、ランドセルや学習机、学校の制服などの購入を負担する祖父母も多く、現実的には、もっとお金がかかります

  • 実際に予定している金額「孫の入学にかかる費用の平均は、約4万円!?最大で10万円前後」

金なんてものは結局、心がない

孫の入学前のお祝い金とは別に、入学にかかる費用を負担する祖父母が、ほとんどです。一番多いのがランドセルで、今どきのランドセルは、25000円前後、35000円前後、50000円前後の価格帯が多く、このどれかの価格のランドセルを買う事になります。孫の入学にかかる費用の平均は、約4万円。最大で10万円前後を見こんでおくと良いです

  • 番外編「嫁の実家 VS 夫の実家のランドセル争奪戦」 

ランドセル

孫の入学祝いで、もっとも喧嘩になるのが、ランドセル代金を誰が負担するかという問題です。 通常、一緒に住んでいる方の祖父母が、ランドセルを買うことになるのが一番多いケースですが・・・。孫の入学祝いにランドセルを買いたいと思うのが、どちらの祖父母も気持ちは同じです。ランドセルは、12月から1月が最も売れる時期ですが、新作が発表されるのは、7月から8月の為、発売間もない早い時期に、見切り発車で、先に購入してしまう祖父母もいます。一番、家族間で問題になることなので、ランドセルの購入は、息子、娘とちゃんと相談しましょう

従兄の子供の甥、姪に贈る入学祝い、小学校の場合の平均的な相場は?

子供と彼氏との関係を築く、子供たちと一緒に過ごす時間

  • 甥、姪に贈る小学校の入学祝い 1位「1万円(51%)」

  • 甥、姪に贈る小学校の入学祝い 2位「5,000円(32%)」

  • 甥、姪に贈る小学校の入学祝い 3位「2万円(7%)」

親戚の子供、従兄の子供などの甥、姪への入学祝いで最も多いのが、1万円。約半数の人が、1万円です。甥、姪っ子が小学生になる時の金額相場は、1万円と言っても過言ではありません。関係値の深さで、1万円、5000円と区別してもよいかもしれませんね

  • 知人の子供に贈る入学祝い「1万円(34%)がトップ。2位は、5,000円(27%)」

大負けしても、金おろせば見た目はチャラ

友達や会社関係の知人の子供に贈る入学祝いのトップは、1万円(34%)。2位は、5,000円(27%)というアンケート結果でした。しかし、知人と言っても、交流が深く家族ぐるみの付き合いを頻繁にするような、特に親しい関係以外では、入学祝いを贈らない人が大多数でしたので、無理に贈る必要はありません。1万円がトップでしたが、コレも非常に付き合いのある関係だからこその金額の為、関係値を考えて渡すようにしましょう。逆に、5,000円以下であれば、現金よりも図書カードや文房具などのプレゼントの方が喜ばれます

スポンサーリンク


▼関連するライフハック