【糖質/カロリー】1人前で太るのは「そば」と「うどん」どっち?違いは?糖質とカロリー、美容と健康効果あるヘルシーなレシピ料理を食べよう

Author

糖質とカロリーの違いが気になる「そば」と「うどん」。ダイエット中、1人前の量で太るのは「そば」と「うどん」どっち?美容と健康効果のあるヘルシーなレシピ、料理や食べ方!1人前でカロリーや糖質が低いのは「うどん」しかし、茹で方や食べ方を間違えると、逆にそばよりカロリーは高くなってしまう。カロリーと糖質の高いそばは逆に、消化・代謝がよく太りにくい食材で、ルチンで美肌、肌のアンチエイジングなど美容と健康効果は高いのです

カロリーや糖質の違いの気になる「そば」と「うどん」、1人前で太るのはどっち?

カロリーや糖質の違いの気になる「そば」と「うどん」、1人前で太るのはどっち?

写真:エキサイトブログ MAHALOTAKAさんのブログ

お昼に食べたくなる「そば」と「うどん」。家庭や職場のお昼やランチに、お手軽で健康的な料理です。しかし、ダイエット中となると、気になるのがカロリーと糖質。そばとうどんでは、どちらが低糖質、低カロリーなのでしょうか

1人前でカロリーが低いのは「うどん」=しかし、カロリーはあまり大きな差はない

1人前でカロリーが低いのは「うどん」

  • 茹でたうどんのカロリー「1人前(1玉250g)で、約270カロリー」 

  • 茹でたそばのカロリー「1人前(1束230g)で、約290カロリー」

うどん、そばは茹でると水分を吸い量(グラム)が増えます。1人前のうどん1玉120g、そば1束100gは、茹でると膨らみ合計で200g以上のグラムになります。茹でる前は、うどん370カロリー、そば340カロリーと「うどん」の方がカロリーが高いのですが、お湯にかけゆでているとお湯に成分がとけ、最終的にうどんの方がカロリーが低くなるのです

1人前で糖質が低いのは「うどん」=三番粉(表層粉)で、うどんと同等の糖質。そば粉は種類が多く糖質の高いモノもあるが、量を食べない女性は、蕎麦を170gで換算すると、40g程度の糖質になる

1人前で糖質が低いのは「うどん」 

  • 茹でたうどんの糖質「1人前(1玉250g)で、約52g」 

  • 茹でたそばの糖質「1人前(1束230g)で、約57g」

 うどんと違って蕎麦は、ひき方があり蕎麦粉に種類がある。そば粉の濃度が高い順番で1人前の糖質を計算すると、一番粉(内層粉)=糖質76g、二番粉(中層粉)=65g、三番粉(表層粉)=糖質57gと糖質が異なる。うどんと極端な差はないが、そばを1人前230gを食べない女性が多い。お店や家庭にもよって違いはありますが、女性の1人前は170g前後、糖質で言うと40g程度です

美容や健康効果が高いのは「そば」=ルチンで美肌・老化防止、ビタミン・ミネラルが豊富で脂肪燃焼、ビタミンB1で糖質の代謝を高める

美容や健康効果が高いのは「そば」

  • そばの美容健康効果①「ルチンで美肌、肌のアンチエイジング」

  • そばの美容健康効果②「ミネラル豊富で、脂肪燃焼効果」

  • そばの美容健康効果③「ビタミンB1で、糖質の代謝を高める効果」

そばはカロリーと糖質がうどんより高いが、健康やダイエットに優れている。糖質の代謝を高めるビタミンB1が豊富で、お米の約4倍も糖質を燃焼させる効果があり、若干糖質が高くても消化が早い。うどんは腹もちが良いが、夕方にちゃんとお腹がすくのは、腹もちが悪いのではなく、消化や代謝が早い為です。また、肌の老化防止するルチンも多く、美容目的であれば、うどんよりもそばの方が良い

うどんとそばに共通する茹で方「温かいうどん、そばを作る時は、必ず汁、スープと分けて茹でましょう」=鍋などの最後の麺類は注意!お湯にカロリーが溶け込みます

うどんとそばに共通する茹で方「温かいうどん、そばを作る時は、必ず汁、スープと分けて茹でましょう」

写真:味一番うどん

うどんとそばのゆで方。ダイエット目的であれば、うどん、そばをゆでる時に、汁と茹でるお湯をわけましょう。煮込みうどんやお鍋の最後のうどんは、一度、別の湯で軽くゆでたモノにする事がコツです。カロリーが溶け込む方法で、煮込んではあまり意味がありません。蕎麦の場合は、茹でたお湯を蕎麦湯にすると健康に良いです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック