【イカ/足/本数】体の構造、イカの足の本数は、何本?心臓は3つ!?「イカの足は何本?イカの足は10本じゃない、足が8本、腕が2本!?」

Author

イカの足の本数は、10本は間違い!?イカの足(ゲソ)は8本、腕(触手・触腕)が2本、なんと心臓の数は3つです。一般的にイカの足の数(食べられるゲソの数)は、10本と言われますが、水族館でよく見ると、8本しかないのは何故?2本の腕は、普段隠れているイカが多いです。また、イカの足は喧嘩や怪我をしてちぎれてしまった場合、再生するのかなどイカの体の構造、秘密を解説しています

イカの足は何本?イカの足は10本じゃない、足が8本、腕が2本!?

イカの足の本数は、足が8本、腕が2本、心臓は3つが真実

  • イカの足の本数は、10本。コレは間違い

  • 2本の腕と、8本の足が正解!!

  • でも、水族館でよく見ると8本しかないけど、残りの2本はどこにあるの? 

イカの体の構造についてです。一般的に、タコは8本、イカは10本と足の本数を数えますが、イカの足は10本ではありません。私達、人間が食べるゲソ足の数は10本で正しいですが、学術的や生物学的(頭足類の十腕形状目と足ではなく腕と定義もある)には、足ではなく、触手(腕)が2本含まれています。子供から、イカの足って何本?ちぎれて無くなってしまった足は、どうなるの?など、イカの体の秘密と謎を解説しています 

イカの10本足の正体は、触手2本と足が8本!!

イカの足

  • イカの足は、大きな腕が2本。小さな足が8本

  • 一般的に、私達が食べる1匹(1杯)のゲソ足の数は、10本

  • しかし、体の機能としては、腕とたいして変わらない

イカの足を、足と呼んでいるのは私達人間だけです。ゲソの天ぷら、ゲソの唐揚げなどにイカの足を使いますが、 1匹(1杯)のイカからは、一般的に10本の足を食べることができます。しかし、生物学的には、イカの足は、大きな腕が2本。小さな足が8本と、足の数は10本ではないのです。さらに、もっと詳しく述べると、私達がイカの足と呼んでいるモノは、獲物を捕まえたりし、足というより手や腕の機能と大して差がありません。イカの立場からすると、足が10本ではなく、手が10本あるという認識かもしれません。海で泳ぐイカ達からすると、そもそも足じゃないし・・・と思っているかもしれませんね

あれ?本当にイカって10本足がある??

  • 水族館でよくイカを見ると、足が8本しかありません。残りの2本は、どこにあるの?

イカ

  • イカの大きな腕の2本は、普段、体の中にあり見えない

  • 獲物をとらえる時以外は、基本的に体の中に隠している

イカの足は10本と思っていたけど、水族館でよく見ると・・・イカの足って8本しかない!?という事に気がつきます。イカの大きな腕(触手、触腕)は、獲物をとらえる時に使う特別な手です。普段の生活は、8本の足だけ見ることができますが、残りの2本は体の中に隠しているのです。獲物をとらえる時、エサを確保するときに、大きな腕を出して攻撃するのです

イカとタコの違いって?足以外には何がある?

イカの足

  • イカとタコの違い「イカは特別な腕、触手が2本ある」

  • イカとタコの違い「イカの足には、尖ったギザギザがある」

  • イカとタコの違い「イカは、イカ墨で自分の変わり身を作る。タコ墨は、めくらまし」

イカとタコの違いは、イカには、特別な腕、触手が2本あります。また、イカの足は、タコと違って吸盤付近に、歯のような尖ったギザギザがあるのが特徴です。また、イカとタコの墨にも違いがあり、イカ墨は、粘着物が多い為、水の中で墨が自分のダミー、偽物を作って敵から逃げます。タコの墨は、粘着物が少なく、水の中で墨が拡散する、煙幕のような墨です。イカは、自分の変わり身として墨を使いますが、タコは、目くらましをする為に墨を吐きます。イカ墨の粘着物には、メラニン色素やアミノ酸も豊富で、美味しくたべられるので、タコ墨よりも普及しているのです

イカの体の構造、意外なイカの体の秘密は?

イカの体

  • 頭に見える三角の部分は、イカの胴体

  • イカの頭は、足の付け根の部分

  • イカは、人間と違って心臓が3つある

イカの体の構造は、すこし変わっています。 頭に見える三角の部分は、イカの胴体で、イカの頭は、私達が足の付け根の部分と思っている場所です。人間のように、頭、体、足という構造ではなく、胴体、頭、足という体をしているのです。水の中で暮らす生き物は、不思議がいっぱいですね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック