【年越し蕎麦/由来/意味】年越し蕎麦を食べる時間は、大晦日の何時?「大晦日!12月31日のいつ、年越し蕎麦を食べるの?年越し蕎麦の由来・起源、意味やルールを解説」

Author

年越し蕎麦の由来・意味・起源。12月31日の大晦日、年越し蕎麦を食べる時間は何時が正しいの?子供でも分かる年越し蕎麦の由来や起源、意味などの日本の風習を解説!1月1日元旦の午前0:00までに食べるのがルール、1年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないという意味!?年越し蕎麦は、かけそば、ざる蕎麦、天ぷら蕎麦など、蕎麦ならOK。新潟・福島の会津地方では、新年を迎えてから食べる習慣もあります

年越し蕎麦の由来と起源、意味は?食べる時間は、大晦日の何時まで?

年越し蕎麦の由来、起源、意味!年越しそばを食べる時間を解説

  • 大晦日に食べる年越し蕎麦の由来や意味は?

  • 年越し蕎麦は、どんな蕎麦ならOK?地域性はあるの?

  • 年越しそばに関する日本の風習、文化を解説!! 

大晦日の12月31日。新年を迎える前に、年越し蕎麦を食べますよね。何故、年越し蕎麦を食べるようになったのでしょうか。子供でも分かるように、年越し蕎麦の由来や起源、意味などを解説。年越し蕎麦は、かけ蕎麦?天ぷら蕎麦?何そばを食べるのが一般的なの?など年越しそばにまつわるエトセトラを、紹介しています

年越し蕎麦を食べる理由、意味は? 

麺が切れやすい

  • 年越し蕎麦の意味「1年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さない」 

  • 解説「蕎麦は麺が切れやすいから、悪いものを断ち切れるという意味」

年越し蕎麦の意味は、蕎麦は切れやすく、1年の悪いモノを断ち切るという意味で12月31日の大晦日に食べます。1年間の悪いモノを新年に持ち越さないという事で、1月1日の午前0:00までに食べるのがルールです

細く長く作る蕎麦

  • 子供に教える年越し蕎麦「蕎麦の麺みたいに、細く長く!健康で生きられるようになる」 

子供に教えるなら?なんで大晦日にお蕎麦を食べるのかと理由を聞かれたら、こう答えましょう。 「蕎麦の麺みたいに、細く長く!健康で生きられるようになる」 だから、「今年の終わりに年越し蕎麦を食べるんだよ」と簡易的に教えても問題ないです

年越し蕎麦の由来、起源は?

  • 年越し蕎麦の起源「定着したのは、江戸時代。商人の家系で月末に、三十日蕎麦(みそかそば)を食べる風習が年越し蕎麦の源流」 

商人の家系

江戸時代以前からも、年越し蕎麦らしきものを食べていたという諸説があるが、庶民に一般的に広まったのは、江戸時代中期とされています。商人の家柄では、月末に蕎麦を食べる風習があり、これが、年越し蕎麦として定着したとされています

  • 年越し蕎麦の由来「蕎麦は、お金を生む縁起物。金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を使用」 

金を生む縁起物

年越し蕎麦を食べると、家が儲かる。財力が集まると金運がよくなると言われるのは、金箔を作る職人さんが、金と抽出するのに、蕎麦粉を使用していた事に由来します。金と蕎麦粉を混ぜて、水につけると、金粉のみが下に沈むのです

  • 年越し蕎麦の由来「蕎麦は、長く伸ばして、細くする食べ物=健康、長寿、家内安定を意味する」 

目の疲れ、肩こりを解消する「耳ひっぱり健康法」です

蕎麦は、長く伸ばして、細く切ります。この蕎麦の作り方から、長期間にわたって健康や財力、家内安全の意味があると言われるようになります。日本の文化では、こういったゲン担ぎや縁起ものがたくさんありますよね 

  • 年越し蕎麦の由来「蕎麦は、切れやすい食べ物=借金、災難を断ち切る」 

命はお金で買えないけれど、世の中にはお金で買えモノの方がたくさんあるって事、忘れないで

蕎麦は、切れやすい食べ物です。だから、借金や災難を断ち切りやすいとゲン担ぎで、1年の終わりに食べるようになったという諸説です。借銭切り、勘定蕎麦と言われ、蕎麦は借金を切り捨てるという意味もあるのです

今どきの年越し蕎麦、年越し蕎麦にルールや習慣ってあるの?

  • 年越し蕎麦のルール①「大晦日、12月31日。11:59分までに食べればOK。特に決まった時間に食べる必要は無い」 

喜んでもらう結婚祝いのコツ「本人達に、プレゼントを選んでもらう。もしくは、本人達が選べる金券や商品券やギフトカタログが喜ばれるモノ」

年越し蕎麦を食べる時間についtです。1年の悪いものを断ち切ると言う意味で、大晦日の12月31日、11:59分までに食べれば問題ありません。9時や10時に食べらければならないという厳格なルールは無く、新年を迎えるまでに食べることが望ましいとされています

  • 例外「福島県の会津地方は、元旦に蕎麦を食べる=元日そば、二日もち、三日とろろルール」 

会津地方

福島県の会津地方には、元日そば、二日もち、三日とろろという風習と文化が残っています。このルールでは、1月1日に蕎麦、2日に餅、3日にとろろを食べるというルールです。大晦日以外に、新年を迎えてから、蕎麦を食べる地域もあるのです

  • 例外「新潟県の一部の地域では、1月14日に蕎麦を食べる=十四日そば」 

新潟県

新潟県の一部の地域では、蕎麦を1月14日に食べます。1月15日が小正月ですので、15日前日の14日が大晦日という考え方です。その為、年越し蕎麦を1月14日に食べ、この蕎麦を「十四日そば」と言います

  • 年越し蕎麦のルール②「蕎麦なら、どんな蕎麦でもOK。かけそば、ざるそば、天ぷら蕎麦など、好きな蕎麦を食べる」 

天ざる蕎麦

年越し蕎麦は、この蕎麦じゃなきゃダメ!という決まった蕎麦はありません。 かけそば、ざるそば、天ぷら蕎麦など自分の好きな蕎麦を食べればよいのです。ただし、年末年始やお正月は、豪華な食事になりがちですので、あっさりした蕎麦の方が、太らないし、体調管理にも良いでしょう

  • 番外編「沖縄の一部の地域では、沖縄そばを食べる」 

沖縄そば

沖縄では、年越し蕎麦を一般的な蕎麦を食べず、 沖縄そばを食べます。このように、年越し蕎麦は、この蕎麦じゃなきゃダメ!という厳格なルールもない為、沖縄そばを食べても問題がないのです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック