【無調整豆乳】女性が豆乳を飲みすぎると生理不順の原因に!適量を知ってダイエット効果を発揮しながら健康に過ごす方法

Author

無調整豆乳とは?無調整豆乳と調整豆乳の違いを解説、豆乳がダイエット効果があると注目されるが、生理前の豆乳の飲みすぎは生理不順の原因となる。豆乳は便秘解消効果や新陳代謝を高める美容効果もあり、適量を知ってダイエットをしながら、健康的に飲む「無調整豆乳」がおすすめです

ダイエット効果で注目される豆乳ダイエットの効果①「脂肪吸収の抑制や老化予防・抑制のアンチエイジングなど様々な効能がある」とされてる

豆乳ダイエットで満面の笑み 

写真:PAKUTASO

豆乳に含まれる大豆サポニンという成分の抗酸化作用や過酸化脂質の生成抑制作用が、お肌の老化防止にも効果的といわれています。また、女性ホルモンのような働きがある大豆イソフラボンが含まれ、肌のシミやしわおよびくすみなどを未然に防ぎます。お肌の老化を遅らせるような働きをします

出典:日本豆乳協会 豆乳Q&A

ダイエット効果で注目される豆乳ダイエットの効果②「便秘解消や美肌効果がある」とされている

豆乳ダイエット成功で喜んでいる女性

写真:PAKUTASO

豆乳は便秘解消のお役に立つオリゴ糖も含まれています。加齢すると増える腸内の悪玉菌を抑え、脹全体の働きを整えてくれるオリゴ糖は、便秘などによる肌荒れを防いでくれるとも言われています。また、ビタミンB1、B2、B6やビタミンEなど、お肌にいいビタミン類が豊富で、ニキビなどでお悩みの方にも良いとされています

 出典:日本豆乳協会 豆乳Q&A

無調整豆乳と調整豆乳の違いは、飲みやすくする為に味を調整したかの味の違い。しかし、無調整豆乳の方がより大豆に近く大豆成分が多く「豆乳ダイエット効果が高い」

無調豆乳と調整豆乳

写真:COCKTAIL BIYORI 「ソイ・ラテ」 

豆乳は「無調整豆乳」と「調整豆乳」「豆乳飲料」がある。大豆独特の風味・後味が強く、苦手な人が多いので、砂糖や塩、香料、果汁などで味を調整したものが調整豆乳、豆乳飲料です。飲みやすくしている分、大豆成分が少ないので、豆乳を飲むことで得られる効果は減少してしまうのです

出典:私は、2週間で6kg減量していました

調整豆乳は無調整豆乳に比べて濃度が低く、豆乳飲料では半分ほどの濃度。効果を高めたい場合は「濃度の高い無調整豆乳が良い」

 効果を高めたい場合には、最も濃度の高い無調整豆乳が良いでしょう。調整豆乳は無調整豆乳に比べて濃度が低く、豆乳飲料では半分ほどの濃度です

出典:Slism 豆乳ダイエット

しかし、豆乳ダイエットは良いけど「豆乳の飲みすぎが、女性の生理不順を引き起こす原因となる」のが豆乳ダイエットの注意点

 45歳女性からの相談「豆乳で生理不順。生理前の不快感」。飲みすぎは女性ホルモンの乱れの原因となる。豆乳は更年期の症状を軽くしたり、高血圧や骨粗しょう症を予防して大豆製品をとるより吸収率が高く、腸内環境を整えるので美肌にもよいと推奨されています。しかし飲みすぎると、豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと似た役割をするため、ホルモンのバランスを崩して生理不順や不正出血をおこしたり、甲状腺機能障害や乳がんのリスクもあります

出典:妊娠・出産・子育ての専門家が答える!「イクシル」

豆乳ダイエットは「1日200~400mlが適量」、「コップ半分程度の100mlを朝・昼・晩3回」

 個人差はありますが、1日の摂取量は200~400mlと言われています。続けて飲むなら1日の量を減らしてはいかがでしょうか?摂りすぎは逆に悪影響です(消化器科看護師)

出典:妊娠・出産・子育ての専門家が答える!「イクシル」

イソフラボンの適正量については、国によって違いますが、日本では70~75㎎が上限。豆乳コップ1杯程度の200 mlで、1日の量の半分以上を摂取できます

せっかく身体にいいからと始めたことでも、適量を超えた摂取で身体に悪影響を与えてしまっては勿体無いですよね。生理不順や生理前の不快感を解消していくためにも、他の食品も一緒にバランスよく摂り、生活習慣を見直すことから始めていきましょう

出典:妊娠・出産・子育ての専門家が答える!「イクシル」

スポンサーリンク


▼関連するライフハック