【結婚式/ご祝儀】親族・親戚のご祝儀相場&お祝い金の平均金額「今時の結婚式&披露宴、年齢や年代、地域別の平均ご祝儀の相場」失敗しない!恥をかかないご祝儀の値段です!

Author

今時の結婚式、親族・親戚の披露宴に出席する時の、ご祝儀相場&お祝金の平均金額です。夫婦、兄弟、姉妹、いとこ、甥、姪、孫へのご祝儀相場は?20代、30代、40代、50代と自分の年齢によって贈るご祝儀は違う!新婦・新郎の出身地域(北海道、東北、北・南関東、東京、中部、近畿・大阪、中国、四国、九州地方)によっても風習的に金額が違うのがご祝儀・お祝金。年齢別、地域別の親族・親戚のご祝儀相場&平均金額などの結婚式のマナーです

親族・親戚の結婚式のご祝儀の決定版!「今時の結婚式&披露宴、年齢や年代、地域別の平均ご祝儀の相場」

 今時の結婚式&披露宴、年齢や年代、地域別の平均ご祝儀の相場

結婚式・披露宴のご祝儀・お祝金は、自分の年齢や新郎・新婦の出身地域によっても風習や価値観が異なるものです。20歳の時と30歳の時とでは収入も違いますし、東京と名古屋では結婚式のゴージャスさも全く価値観が違うものです。特に親族の結婚式は、定期的な付き合いや顔合わせも今後ある為、ご祝儀の金額で失敗をしないのが得策です

昔ながらのご祝儀のルール「月収の5%が目安と言われた時代もありましたが、今どきのご祝儀は相場や平均的な金額を参考にすると良い」

結婚は指輪がいつか首輪に変わるの 

  • ご祝儀の基本①「あくまで結婚のお祝いは、相手との親密度と自分の経済力とのバランスを考えて贈るモノ。本来、風習や習慣で決めるべきものではなく、月収の5%以下が適切な目安とされていた」 

  • ご祝儀の基本②「本来は、結婚式より前、大安日などに品物を持参するのが正しい礼儀。ご祝儀の場合も挙式よりも前に持参するのが大人のマナー。親しい関係ほど、金額や品物よりも気持ちの方が大切です」  

しかし、本来のルール通りにお祝をするのも難しいケースも多いので一般的には「自分の年齢や地域の習慣的な相場金額を重視するのがベストなやり方」 

本音で欲しい結婚祝い1位「現金、金券、商品券(54.4%)」

月収の5%以下が目安という方法や持参するのが正しい礼儀である事は、今では知っている人も少ないはず。月収が20万円でご祝儀が1万円となると、相手が思ってたより少ないと感じてしまうものです。

今どきの結婚式のご祝儀「年齢別のご祝儀の相場&金額」 

年齢別のご祝儀の相場&金額

今どきのご祝儀・お祝金の相場は、社団法人日本冠婚葬祭相互協会の調査データに基づいて算出しています。年齢と地域別のご祝儀の金額の参考にするのがベストです 

兄弟、姉妹へのご祝儀相場「20代、30代は5万円が相場、40代以上は10万円」

  • 20代・30代の場合 「50,000円」

  • 40代以上の場合 「100,000円」 

おじ・おばへのご祝儀相場「20代、30代、40代は5万円が相場、50代は10万円」

  • 20代・30代・40代の場合 「50,000円」

  • 50代の場合 「100,000円」 

  • 60代以上の場合「50,000円」

いとこへのご祝儀相場「20代~50代までは3万円が相場、60代以上は2万円」

  • 20代から50代の場合 「30,000円」

  • 60代以上の場合 「20,000円」  

その他の親戚(甥、姪など)のご祝儀相場「30代は5万円が相場、20代・40代・50代は3万円」

  • 20代の場合 「30,000円」

  • 30代の場合 「50,000円」 

  • 40代・50代の場合「30,000円」 

  • 60代の場合 「50,000円」

今どきの結婚式のご祝儀「地域別のご祝儀の相場&金額」  

関東から北海道までの地域別のご祝儀「都心部ほど、ご祝儀は高い傾向」

 関東から北海道までの地域別のご祝儀

地域別、関東から北海道までのご祝儀の相場です。北海道のみ若干低い傾向がありますが、北海道は会費制の結婚式も多く、平均値が下がる傾向があります。一般的に都心部ほど、ご祝儀は高い傾向があります

中部から九州までの地域別ご祝儀「中部、特に愛知県は結婚式が派手な傾向があり、ご祝儀も比較的高くなる」

中部から九州までの地域別ご祝儀

中部地区は結婚式が派手、ゴージャス。地域的なものもありますが、特に愛知県、名古屋地区はご祝儀も高い傾向です

月収の5%の相場が変わってしまった理由「ホテルや式場で結婚式をするようになり、5%に食事代を上乗せするのが新しいマナーとされてきた為」

喜んでもらう結婚祝いのコツ「本人達に、プレゼントを選んでもらう。もしくは、本人達が選べる金券や商品券やギフトカタログが喜ばれるモノ」

結婚式のご祝儀の相場が、月収の5%ではなくなった理由は、結婚式をホテルや式場で行なうようになり費用が高くなった為、5%に食事代を上乗せする事が新しいマナーとされたからです。そういう意味では、地域的に結婚式にかかる費用もバラバラの為、格差があってもおかしくないのです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック