【野菜不足解消/レシピ】簡単に、バランスよく摂取する方法&5大栄養素と食材は?「野菜不足を効果的に解消する!おすすめの野菜は?トマト、人参、たまねぎ、ほうれん草、さつまいも!?」

Author

野菜不足解消レシピ、野菜をバランスよく摂取する食材のカギは、5大栄養素!?野菜不足を効果的に解消する!おすすめの野菜は、リコピンを含むトマト、ベータカロテンの人参、かぼちゃ、フラボノイドの玉ねぎ&トウモロコシ、クロロフィルのピーマン&ほうれん草、アントシアニンのサツマイモが、おすすめ!ただ野菜をたくさん食べればよいという考えは間違い!バランスよく摂取する野菜を解説しています

野菜不足解消レシピ、野菜をバランスよく摂取する食材のカギは?

野菜不足解消レシピ、バランスよく摂取する方法&5大栄養素と食材

  • 野菜不足は、肌荒れ!便秘!成人病の原因!?

  • 簡単にバランスよく野菜を摂取する方法とは?

野菜不足は、肌荒れや便秘、高血圧や動脈硬化などの成人病の原因ともなります。特に、現代の食生活からは野菜を食べる機会が減ってきています。簡単にバランスよく野菜を摂取するなら、どの野菜が、おすすめなのかを、5つの栄養素に分類して紹介しますね

バランス良く栄養を摂取するための野菜は?

  • 野菜不足解消のヒント①「リコピン。抗酸化作用の強い!老化防止のえいよう栄養素。トマトパスタがお勧めのレシピ」

トマトパスタ

しわ、しみなどを予防する抗酸化作用があり、アンチエイジング対策になるのが、リコピンです。リコピンは、メラニン生成を抑制する効果があり、老化防止が期待できる栄養素です

  • リコピンを多く含む野菜「トマト」

子供が好きな野菜ランキング1位「トマト」 

リコピンは、トマトに多く含まれます。熱に強い性質です。油にもとけやすいので、オリーブオイルなどと一緒にトマトパスタにするのが、おすすめな食べ方です

  • 野菜不足解消のヒント②「ベータカロテン。肌荒れ、乾燥肌の予防に効果的な栄養素。天ぷらが、おすうすめのレシピ」

かぼちゃの天ぷら

肌荒れ、乾燥肌の予防には、ベータカロテンです。主にオレンジ色の野菜に含まれる栄養素で、油と一緒に摂取すると吸収率が高まります

  • ベータカロテンを多く含む野菜「かぼちゃ、人参」

かぼちゃ

かぼちゃ、人参には、ベータカロテンが多く含まれます。人参は炒め物、かぼちゃは天ぷらが油と一緒に摂取できるので、効果的です。油やオイルは、なるべく健康的なものを選ぶのが、健康のコツです

  • 野菜不足解消のヒント③「フラボノイド。体臭、口臭予防!毒素を体の外にデトックスする効果も!?蒸したトウモロコシが、おすすめ!」

トウモロコシ

体臭、口臭予防!毒素を体の外にデトックスするに良いのがフラボノイドです。フラボノイドは、黄色の野菜に多く含む栄養素です。熱に弱いため、長時間の過熱は向いていません。とうもろこしを蒸して食べる程度であれば、OKです

  • フラボノイドを多く含む野菜「とうもろこし、玉ねぎ」

子供が好きな野菜ランキング3位「とうもろこし」

  • フラボノイドを多く含む豆類「大豆」

大豆

野菜なら、玉ねぎ、トウモロコシが多く含まれます。豆類にも多く大豆が代表的な食材です

  • 野菜不足解消のヒント④「クロロフィル。血液中のコレストロールを減少される栄養素。ほうれん草のスムージーが、おすすめ!」

スムージー

  • クロロフィルを多く含む野菜「ほうれん草」

ほうれん草

クロロフィルは、野菜をそのまま食べることが向いていません。クロロフィルは細胞の中にある為、ジュースなどにして、細胞を細かくして飲む!という食べ方が、おすすめです

  • 野菜不足解消のヒント⑤「アントシアニン。疲れや体力を回復させる栄養素。焼きイモが、おすすめ!」

焼きイモ

  • アントシアニンを多く含む野菜「さつまいも」

さつまいも

アントシアニンは、疲れや体力を回復させる栄養です。生活習慣病の改善に良いとされますね。熱に強く、水に溶けやすいので、煮てやべたり、焼いたりしてもOK。そういう意味では、焼きイモは、最高の食べ方ですね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック