シャチの平均寿命!野生と水族館の鯱+オスとメスの長生きは?人間年齢はコレ!

Author

シャチの平均寿命!野生と水族館の鯱+オスとメスの長生きは?人間年齢はコレ!

  • 人間年齢に換算すると、シャチは何歳?

  • 水族館のオス・メス+野生のシャチの寿命を比較!

シャチとは、世界中に生息し日本では北海道の知床半島付近にもいます。

シャチは「鯨偶蹄目マイルカ科」に分類されイルカの仲間です。日本の水族館では鴨シーワールドと名古屋港水族館の2つぐらいしかなく、実はあまり見たことがない方が多いのではないでしょうか

今回は、野生+水族館のシャチの寿命を徹底解説!シャチのオス、メスの違いからシャチの面白い豆知識もたっぷり紹介します

野生のシャチの寿命:60~70年 

  • 野生のシャチの寿命は?

  • シャチの寿命:60~70年

  • 平均寿命:50~60年

  • 野生には70歳を越えるシャチもいる!

まずは、野生のシャチの寿命です。

最高年齢は100歳を越えると言われますが、70歳ぐらいまでもシャチはかなり長生きと言われ「寿命は60~70年」が大半です。平均的には野生では「50~60年」ではないかとされています

オス、メスのシャチの寿命:平均50~60年

  • オスのシャチの平均寿命:60年

  • メスのシャチの平均寿命:50年

普通、生き物はオスよりもメスの方が長く生きます

しかし、シャチはメスの方が平均的な寿命は短く50年ほど。オスは60歳ぐらいまで生き、中には70歳を越える個体もいます。

理由はシャチは海に天敵がおらず、サメ、クジラなど大型の凶暴な生物すら捕獲するので、死ぬことがあまりないとされています

オス、メスの水族館の寿命:平均20~25年

  • 実は飼育が難しい!水族館の方が短い!

  • 水族館のシャチの寿命:20~25年

シャチを水族館で飼育するのは難しく、日本でもあまり飼われていません。

水族館のシャチは25年も生きられないと言われ、20歳を越えのシャチが稀にいる感じです。シャチは水族館より、野生の方が長生きするというのが今の現状ですね

  • シャチを人間年齢に換算すると?

  • 3歳→人間の5~6歳

  • 5歳→人間の8~10歳

  • 7歳→人間の12~14歳

  • 15歳→人間の22~25歳

  • 30歳→人間の45~50歳

  • 50歳以上:70歳~100歳

よく猫や犬を人間年齢に換算しますよね。シャチの場合は特に計算式があるわけではないですが、7、8歳のシャチで「中学生くらい」と言われます

メスのシャチは30歳まで子供を産むことが出来ますので、人間に換算すると「45~50歳」くらいかと思われます。50歳以上となると研究も詳しくなく、ざっくり「70歳~100歳」としてますが、中には70年以上生きるシャチもいますので、ココは今度の研究に期待です!

さて、今回はシャチの一生について、寿命がどのくらいあるのかを、たっぷり紹介しました。シャチは他の生き物と違い、飼育下の方が今のところ、寿命が短く、今度の飼育環境の発展次第!という感じが今の現状で、少しアバウトな面がある!と思ってくださいね

スポンサーリンク