【ドリンク/アンチエイジングの飲み物ランキング】男でも飲みやすい!アンチエイジングの成分&栄養素から効果が期待できる飲み物&ドリンク~老化防止を毎日の飲み物でエイジングケアする方法~

Author

コーヒーと緑茶以外!男でも飲みやすい!アンチエイジングの飲み物&ドリンク・ランキングを発表!アンチエイジング要素を含む成分&栄養素。30代&40代からのアンチエイジング、抗酸化作用を考えた飲み物は「ヨーグルトスムージー」に「ブルベーリー」や「まるごとブドウ」を!ポリフェノール重視!果物の皮をヨーグルトとスムージーに取り入れたドリンク、飲み物を紹介しています

アンチエイジングの飲み物&ドリンク・ランキングを発表!

アンチエイジングの飲み物&ドリンク・ランキング

  • 老化防止のポリフェノール豊富な飲み物は?

  • 男でも飲みやすい!コーヒー、緑茶以外のドリンクを紹介!!

アンチエイジングと言えば、女性が望む若さを保つ秘訣の1つ。男性でも、歳を重ねず、できれば若く元気でいたいですよね。男性がアンチエイジングをするときも女性と同じく、ポリフェノールが気になるところ。しかし、料理は苦手であったり、もっとお手軽にアンチエイジングできるのもはないだろうか。と考えた結果、飲み物やドリンクであれば比較的、手を出しやすいですよね。ここでは、アンチエイジングに役立つ、効果の期待できる飲み物、ドリンクを解説しますね

  • 習慣でデキるアンチエイジング「普段の飲み物を、緑茶にする」

緑茶とアンチエイジング

アンチエイジングには、ポリフェノールという栄養成分が重要です。ポリフェノールを多く含む飲み物は、コーヒーと緑茶が有名ですよね。コーヒーなら毎日飲んでいる!といっても、大人でもガブガブ飲んだら、夜眠れなくなることも。無糖のコーヒーは、カロリー0と魅力ですが、飲みすぎるとトイレも近くなります

それに、勝手なイメージですが「コーヒー臭い」、「煙草も吸うので、歯が茶色っぽくなった」など、コーヒーは飲みすぎると。その結果、出来上がった姿がすでに「おっさん、そのもの」です。アンチエイジングで老化防止を目的としているのに、イメージで「おっさん」になってしまうなら、それはそれで失敗かと思います。コーヒーでアンチエイジングよりも、それならば、同じポリフェノールを多く含む緑茶でアンチエイジング対策をしましょう

アンチエイジングの飲み物ランキング~ドリンクでポリフェノールを摂取する方法~

  •  アンチエイジング1位「ヨーグルトスムージー」

アンチエイジングの食べ物、含まれる成分&栄養素のランキング

アンチエイジングの飲み物1位は、ヨーグルトスムージーです。何故、ヨーグルトがアンチエイジングにいいのか。この話は、ポリフェノールとは別口の説明になります。人の体は、腸内環境が悪いと体調が悪くなったり、老化が進むとされています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌、善玉菌で腸内環境を整えることで、老化を防止・抑制する。そういう意味でのアンチエイジングがヨーグルトの位置づけです。まずは、この点を頭に入れましょう。次に、ポリフェノールの話を踏まえて、おすすめのヨーグルトスムージーを紹介します

  • アンチエイジングの飲み物「皮付きのブルーベリー」

ブルーベリースムージーとアンチエイジング

  • アンチエイジングの飲み物「まるごと葡萄(ぶどう)」

まるごと葡萄(ぶどうとアンチエイジング

ヨーグルトスムージーの重要なポイントです。ブドウやブルーベリーには、ポリフェノールが多く含まれると話を聞いたことがありませんか?確かにその話は正解ですが、果物の何処にポリフェノールが多く含まれるかというと「果物の皮」です。つまり、皮まで食べなければ効果は半減。だからこそ、スムージーにアンチエイジングの効果が期待できるのです

ヨーグルトスムージーにおすすめの果物は、ベリー系の果物。皮にポリフェノールを多く含むフルーツです。ブルーベリーや葡萄をまるごと(種もアンチエイジングに効果があるとされています)、つぶして作るスムージーが一番、効果が期待できるのです。ただのブルーベリージュースよりも、ヨーグルトの効果もあり、ちゃんと皮からの栄養も摂取しますので、この飲み方が理想的です

  • 味に飽きた時「リンゴ(皮つき) + はちみつ」

リンゴとハチミツのスムージー

ポリフェノールを多く含むのは、ブドウやブルーベリー。しかし、このベリー系の果物って味が近く、ずっと飲み続けるとマンネリ化します。そういう場合には、同じくポリフェノールが豊富なリンゴ。リンゴも皮に多くポリフェノールがあります。皮ごとすったリンゴを、ヨーグルトと一緒にスムージーにする。味が苦手だと感じる方は、少しハチミツを入れると飲みやすいくなります。

  •  アンチエイジング2位「野菜ジュース」

野菜ジュース

アンチエイジングの飲み物2位は、野菜ジュースです。生野菜が苦手な男性も、ジュースなら飲みやすい。しかも、コンビニやスーパーなどでお手軽に購入しやすいのもメリットです。野菜ジュースにも、ちょっとしたポイントがあるので、それは次に解説します

  • 重要なのポイント「緑黄色野菜に注目!特に、パプリカ、ブロッコリー」

赤パプリカと黄パプリカ

緑黄色野菜がアンチエイジングに良いという話も有名ですね。野菜ジュースの場合、どうでしょうか?緑黄色野菜は、人参やカボチャなど、どれもジュースにするときに「皮をはがして作る」ものですよね。市販のものはメーカーによって製造工程は異なりますが、細かな工程を、あれこれ想像したり、考えるのはめんどうです。最初から、皮や野菜の表面をついたままジュースにする食材が入っているか、どうかで野菜ジュースは判断するのが楽です

アンチエイジングに大切な成分の1つが、カテロイドです。カテロイドを多く含み、皮(表面)までミキサーでジュースにしてしまうのが「赤パプリカ」。他に、ビタミンCが豊富なのがブロッコリーです。この2つの野菜が入っている野菜ジュースはポイントが高いです。この方法なら、美肌を意識した野菜ジュースも見つけやすいし、自分で作る場合も簡単です

  •  アンチエイジング3位「豆乳」

無調豆乳と調整豆乳

アンチエイジングの飲み物3位は、豆乳です。3位の豆乳は自分で作るのは難しいので、購入するのがおすすめ。コンビニにもありますが、スーパーの方が種類も豊富で、だいたい牛乳コーナーにあります。大人になると、普段、牛乳を飲む機会が減ると思います。豆からできた乳、それだけで健康そうなイメージもありますよね。何か気楽に、アンチエイジングを始められないかと考えている方には、ある意味、お手頃で手を出しやすい飲み物です

  • 番外編「お酒なら、赤ワイン」

隠し味に、赤ワイン

皮付きのブドウは、ポリフェノールが豊富という事を説明しました。赤ワインは、ブドウの皮も原材料の1つです。つまり、ポリフェノールが豊富なのは簡単に想像できますよね。お酒を飲む人は、赤ワインを飲むようにするのもありです。しかし、やっぱりお酒なので飲みすぎは別の問題も引き起こします。また、赤ワインは歯に色が付きやすく、ホワイトイングをした後には、赤ワインはしばらくのまないで下さいと言われるほどです。お酒でアンチエイジングは適度な量にしましょう

さて、ここではアンチエイジングの飲み物のランキングと、ドリンクの飲み方のポイントまでを解説しました。飲み物以外で、食べ物はどうなの?と思う方は、こちらでアンチエイジングの食べ物を同じように解説しています

ポリフェノールが豊富なナス

参考 ⇒ アンチエイジングの食べ物ランキング

スポンサーリンク


▼関連するライフハック