【2022年/正月休み】コロナ禍の休暇期間いつからいつまでの何日間?有給扱いになりがちな日は?

Author

徹底比較!2022年のお正月休み期間は、休暇期間いつからいつまでの何日間?コロナ禍の会社員・サラリーマン、銀行や郵便局の仕事納め、仕事始めは?コロナ禍では公務員や会社員の休暇延長や分散休暇案、有給扱いになりがちな日は?。2022年の正月休み期間・連休を徹底解説しています

2022年のお正月休み期間は、休暇期間いつからいつまでの何日間?

2022年のお正月休み期間は、休暇期間いつからいつまでの何日間?

  • 大手企業は、お正月休みは10連休?

  • 今年の正月休みは、いつからいつまで?

2022年のお正月休み期間ついてです。大手企業は、10連休ってうらやましいと思いますが、大手製造業の場合、祝日が出勤という勤務が多いのです、まとめて正月にお休みをもらえるのです。このように会社によって、正月休み期間が異なっていますが、一般的に今年の正月休みは、どうなのでしょうか

2022年の会社のお正月休み期間は、休暇は、いつからいつまで?

  • 中小・零細企業の正月休み:6連休型

2022年、会社の正月休み(中小・零細企業:6連休型)

2022年に多い、一般的な会社の正月休みです。仕事納めを、12月28日(火曜日)とし年始は1月4日(火曜日)からの場合、12月29日(水曜日)から1月3日(月曜日)までの6連休です。三が日が休みで、4日~年始というと少しタイトなスケジュールな感じがしますが、6連休であるので十分な休み期間でしょう

  • 中小・零細企業の正月休み:7連休型

2022年、会社の正月休み(中小・零細企業:7連休型)

少し多めの正月休みのパターンです。仕事納めを、12月27日(月曜日)とし、年始は1月4日(火曜日)からです。コロナ禍の状況まで考えると、「お酒の自粛」「納会、忘年会の禁止」も会社によってはありえるでしょう。しかし、納会がないのであれば、大掃除だけ12月27日(月曜日)に行い、翌日から正月休みとするのも1つの良い案です

  • 「コロナ禍の場合:休暇延長もありえる?」

コロナ禍の正月休み期間は、いつから、いつまで? 

今年1番多い6連休型の正月休みは、公務員の場合も同じです。公務員の場合、正月休みは法令で定められてます。2021年から2022年の場合、12月29日(水)から1月3日(月)の6日間が正月休み期間です。コロナ禍の年末年始では、休暇延長もありえる話。昨年と違い今年は、多くの人がこのパターンの休みですので、コロナ禍の場合でも、比較的、分散休暇や延長休暇は対応しやすいのかもしれません。企業にはお願いレベルで、分散した休暇や正月休みの延長依頼があるかもしれません

  • 有給扱いになる日「1月5日(水)~7日(金)の間」

休暇延長や分散休暇をどうするべきか。案を出すにあたって、今年は多くの人が6連休型ですので、これをベースに考える事になると思います。仕事始めの4日といしている会社が多いのですので、「29日~3日までの休暇組」と「1~8日までの休暇組」のように分散も難しいです。延長で5日(水)~7日(金)を休みにするという方法もありますが、全ての会社が行うのは、現実的ではありません。大手企業なら、5日(水)~7日(金)の間で「有給休暇を使って、休暇延長を推奨する」と、シフトを組むことぐらいまでが現実的な案かと思います

こいうったケースでは、休暇の延長や分散よりも、実家への帰省を自粛、お盆休みと同様に、帰省の中止のお願いがある可能性の方が高いでしょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック