【食べ物のアンチエイジング・ランキング/アンチエイジングの成分&栄養素】アンチエイジング効果が期待できる食べ物~若さを維持!老化防止は食べ物から心がける~

Author

20代後半からのアンチエイジングの食べ物、含まれる成分&栄養素。老化防止効果が期待できる!?アンチエイジングの食べ物ランキングを発表!30代、40代からでも遅くない!若さを維持する50代に向けて、老化防止を心がける!アンチエイジングの食べ物に必要なカロテノイドは、野菜は赤パプリカ、果物はキウイとリンゴで!発酵食品なら、納豆やヨーグルトが食べやすく最強!ミネラルは、イワシ(特に、うるめいわし)で!美容食材も含めてアンチエイジングについて解説しています

アンチエイジング効果が期待できる食べ物は?

アンチエイジングの食べ物、含まれる成分&栄養素のランキング

  • アンチエイジングの食べ物をランキング化!

  • アンチエイジングの成分&栄養素を解説!!

アンチエイジングとは、抗酸化作用で老化防止をする事を意味します。よく化粧品なら若返りのエイジングケアと大々的に宣伝されている事もありますが、抗酸化作用のある化粧品という意味でとらえてくださいね。酸化を抗う(あらがう:抵抗する)=老化を遅くするから防止するという考えのもと、アンチエイジングという言葉が使われるのかと思います。アンチエイジングの化粧品もいいですが、ここでは化粧品に頼らず、食べ物から。普段の生活で心がけて、老化防止をできないかとお悩みの方向けに、アンチエイジングに効果が期待できる食べ物をランキング化して発表。成分と栄養素から、なるべく食べやすく、続けやすい食べ物をピックアップしています

アンチエイジングの食べ物をランキング!!

  • 1位「ヨーグルト(キウイ、リンゴを入れて!)」

 アンチエイジングとヨーグルト(キウイフルーツ)

アンチエイジングには、発酵食品が効果が高い。中でも、ヨーグルト。ヨーグルトがアンチエイジングに良いとされるのは、「腸内環境を整える事で、肌トラブルを抑制する」からです。ヨーグルトは昔から美肌にいいとされるのは、そういった理由からです

ヨーグルトとアンチエイジングの関係ですが、その他の食材を加える事で、さらに効果的に。アンチエイジングに必要な成分に、ビタミンCとポリフェノールがあります。ビタミンCなら、ヨーグルトと一緒に食べやすいのが「キウイ」。ポリフェノールなら、「リンゴ」です。リンゴとキウイのヨーグルトなら、食後のデザートとしてもあってますよね

  • 2位「納豆」

 アンチエイジングと納豆

ランキング2は、納豆。納豆は、朝食、夕食の1品としても食べやすく、お値段もお手頃です。お金もそれほど、かからず、続けやすい食べ物が納豆です。納豆に含まれる成分のポリアミン、脂肪燃焼に役に立つビタミンB2など。納豆にはメリットが豊富です

  • 3位「赤パプリカ(生で食べるサラダ推奨)」

 赤パプリカと黄パプリカ

ランキング3位は、赤パプリカ。美容食材として注目も高く、アンチエイジングに必要なカテロイドの成分も豊富。研究データの中には、トマトよりも豊富で良いと報告もあります。ただし、生で食べることが重要。水に溶けやすい成分のモノは、生で摂取を!赤パプリカなら比較的年中購入もできる上、トマトなど他の美容にいい食材とサラダにもしやすいです

上位ベスト3以外で重要なアンチエイジングの食べ物

  • アンチエイジングのビタミンC「野菜なら、ブロッコリー。果物なら、苺」

苺のヨーグルト

ブロッコリーは、ビタミンCが豊富です。100gあたり120mgと赤パプリカにも劣らないほどです。フルーツなら、苺。100gあたり、62mgとキウイの半分ぐらいですが、こちらも劣らず効果の期待できる食べ物です。キウイと苺は、スーパーで購入できる時期も異なりますので、季節によって使い分けてヨーグルトと一緒に食べちゃいましょう

  • アンチエイジングのポリフェノール「野菜なら、ナス。果物なら、ブドウより、やはりリンゴ」

ポリフェノールが豊富なナス

アンチエイジングに大切な成分の1つが、ポリフェノール。ポリフェノールが豊富な食材には難点があります。ランキング2位のリンゴにも言える事ですが、「野菜や果物の皮」に多く含まれることが多く、食べずに捨ててしまう人が多いことです。ポリフェノールと言えば、真っ先にブドウが思い浮かぶ方もいると思いますが、「ブドウの皮を食べますか?」と、こういう問題が出てくるのです。皮も原料の一部となっているのが、赤ワイン。ですので、赤ワインは、美容に良いとされるのです。皮までちゃんと食べる野菜、果物という視点まで含めると、ポリフェノール類は、茄子(なす)とリンゴの方がまだ皮まで食べやすいですよね

  • アンチエイジングのミネラル「うるめ鰯(イワシ)の出し汁、鍋やお味噌汁に!」

うるめ鰯

アンチエイジングに必要なミネラルは、イワシも豊富。中でも、うるめ鰯です。イワシなら焼いて食べればよいのでは?と思うかもしれませんが、ミネラルは水に溶けやすいので、出し汁として栄養素を含んだものを「鍋」や「お味噌汁の出汁」として摂取する方が望ましいです

いかがでしたか?アンチエイジングに良い食べ物は、ランキング上位3つで大方、必要な成分や栄養素はカバーできます。しかし、成分によっては、摂取の仕方(食べ方や調理方法)も関係してきますので、上位3つ以外でも食べやすく、ご家庭で活用しやすい食材までも紹介しました。いつまでも若く、若さを維持したい!老化のスピードを遅らせようと考えている方は、20代後半から。遅くても、30代、40代でも間に合うように挑戦することが大切です

スポンサーリンク


▼関連するライフハック