【チョコ以外/バレンタインのお菓子の意味一覧】本命&義理に渡す!お返しのお菓子に含まれる意味~贈り物の注意点とお菓子の意味~

Author

チョコ以外!バレンタインのお菓子の意味一覧。チョコ以外のお菓子を誰にあげるべき?バレンタインに渡すチョコ以外のお菓子(クッキー、グミ、キャンディ、マカロン等の意味)、ホワイトデーのお返しの注意する本当の意味は?義理でも本命と勘違いされない!選ぶべきプレゼントの意味を紹介。バームクーヘンやマシュマロ、キャラメルなど!チョコレート以外のお菓子に含まれる意味を解説しています

チョコ以外!バレンタイン、ホワイトデーのお菓子の意味一覧

チョコ以外!バレンタインのお菓子の意味一覧

  • バレンタイン&ホワイトデーのチョコ以外の意味は?

  • 意味から本命、義理を知る!チョコ以外のお菓子を誰にあげるべき?

バレンタイン、ホワイトデーにチョコ以外のクッキーやマカロン、バームクーヘン等のお菓子をあげる事がありますよね。京都では遊びに行ってお茶がでてきた時や打ち合わせ中に腕時計の話が出てきたらが、「もう帰ってくれ」、「早く帰って欲しい」、「そろそろ今日はお開きにしませんか?」と案に意図している事があると話を聞くことがあります。同じように、贈り物や食べ物には意味があると、変に勘ぐってしまったり、もらったプレゼントにどんな意味があるの?と、いろいろ妄想してしまう事がありますよね。 特に、バレンタインデーはチョコレートをあげる日、チョコをもらう日です。チョコ以外のお菓子をもらったら、「なんで、マカロンなの?」という具合に疑問をもってしまいます。同じ理由で、ホワイトデーにお返しでもらったお菓子に、なんか意味あるの?と思う事もあります。贈り物やプレゼントには、どんな意図があって、このお菓子を選んだの?と誰もが考えてしまう物事ですので、贈る側もある程度、配慮が必要なのかもしれません。ここでは、念のための「勘違い防止」や「失礼がないお菓子選び」、「余計な問題の発生防止」の為に、バレンタインデー&ホワイトデーのチョコ以外のお菓子に含まれる意味、意図を紹介し、解説しています

  • チョコの意味「意味は特になし。本命と義理の判別が重要」

お返しのチョコレートの意味

まずは、チョコレートの意味から解説します。バレンタインデーにもらったチョコレートは、チョコそのもの、お菓子に含まれる深い意味は特にないとされています。単純に、本命チョコか、義理チョコかだけに注意すればよく、手作りチョコだから本命かも!高級そうなチョコだから本命だ!などのように、別の要素で本命、義理を判別する方が望ましいでしょう。チョコ以外で、本命のお菓子はあるの?という話ですが、あまのじゃくな女性やマンネリ化防止を考える彼女でもないかぎり、基本的に「本命は、チョコレートを選ぶ」と考えましょう。

義理以上、本命未満、チョコ以外のお菓子!どんな人、誰に渡すべき?~チョコ以外のお菓子の意味~

  • 義理以上、本命未満「マカロン、マドレーヌ、カップケーキ、マシュマロ」

チョコ以外のお菓子をバレンタインにもらった。ホワイトデーにお返しされた時に、もらったお菓子で、「義理以上、本命未満」 と位置付けてよい好感度の高いモノは、マカロン、マドレーヌ、カップケーキ、マシュマロです。それぞれの意味は、次に解説しますね

  • 「マカロンの意味は、特別な人」

マカロン=特別な人。あなたは私にとって特別です

マカロンは、特別な人という意味があります。特別なので、本命もありえるお菓子ですが、ここでは、義理以上、本命未満の可能性も高いと表現します。マカロンの意味が持つ特別とは、どういった意味で特別なのでしょうか。もともとマカロンは、勲章(表彰すべき相手に贈るモノ)をモチーフとしたお菓子です。敬意ある人への贈り物にふさわしいお菓子、そういう意味で「特別」を意味します

また、マカロンについては考えてほしい事があります。マカロンがお菓子として出てくる家庭って、お金持ちや家柄が良いイメージがありませんか?マカロンは日持ちの良いお菓子ではなく、賞味期限は1週間ほどです。お菓子屋さんで買うマカロンを「友達やお客様が家に遊びに来た時の為に、わざわざ常備している家庭」はあまり存在しません。そうなのです。マカロンは日持ちが悪いお菓子ですので、「たまたま家にあったお菓子」や「偶然、知人からもらったお菓子」ではなく、「わざわざ、足を運んで、お店に買いに行くお菓子」なのです。そういった意味でも、マカロンは特別なお菓子。相手の事を思い、意識して購入するお菓子であることは間違いありません

もらったマカロンが本命か、義理かの判別ですが、どちらにしても、軽視するような相手にはプレゼントしない贈り物、お菓子と思って問題ないです。マカロンの意味や、マカロンを贈り物として選ぶ人はどんな人?と疑問を持つ方は、マカロンの意味について詳しく解説していますので、こちらもご参考にしてくださいませ

参考 ⇒ マカロンの意味

  • 「マドレーヌの意味は、親密になりたい。円満な関係」

マドレーヌの意味は、親密になりたい。円満な関係

マドレーヌは、親密な関係になりたい、円満な関係になりたいという意味があります。マドレーヌが意味する「親密」と「円満」の意味は、マドレーヌが「2枚貝の形」をしている為、2枚の貝殻のように長い付き合いを連想します。そのため、結婚式の引き出物などにもよく活用されます。マドレーヌは、良い関係になりたいと考えても問題ないでしょう。しかし、どちらの意味も「なりたい」と将来に対しての思いが込められているのもポイントです。現在進行形+今度の未来についても、良い関係を望むという意味ですので、ただの知り合いや社交辞令で渡すプレゼントにはふさわしくないです。これからがある人、今後も良好な付き合いをしたい人への贈り物と考えましょう

マドレーヌの贈り物については、もう少し詳しくコチラで解説しています。バレンタインデーやホワイトデーのお返しだけでなく、結婚式や記念日のお菓子にもふさわしいお菓子ですので、興味のある方はこちらもご参考に。

参考 ⇒ マドレーヌの意味

  • 「マシュマロの意味は、優しさを包んでお返し(お礼)をする。嫌いは間違い」

マシュマロの本当の意味

マシュマロは、嫌いという意味があると通説でされてきましたが、正しくは「優しさを包んでお返しする」の意味です。これは、「優しさを包んでお返しする=気持ちに応えられないから、ゴメンね」の意味に間違って解釈され、本当の意味である「優しさを包んでお返しする=優しさのある気持ち、優しさとお礼」が間違って伝わってしまった経緯があります。ホワイトデーの前身であるマシュマロデーを考案したお菓子屋メーカーさんが、この件を広告で告知していますので、間違った意図が、年々、訂正されてきています。ホワイトデー考案のメーカーさんが「優しさ」を意味していると正式に発表しているのであれば、「マシュマロの意味=優しさ、気遣い」が正しいと認識して良いでしょう。もともとは、バレンタインデーのお返しがなく、女性だけ贈り物をして不公平であった時代があり、「贈り物をもらったのだ。お礼をする必要があるのでは?」と、日本人らしい優しさと気遣いがある贈り物です。

  • 番外編「ケーキには特に意味はない。しかし、カップケーキには、特別な人の意味がある」

カップケーキには、特別な人の意味がある

チョコ以外の贈り物で、バレンタインやホワイトデーにケーキが良いのでは?と思う事があります。ケーキそのものには、特に深い意味はありません。しかし、カップケーキだけ、「特別な人」の意味があります。何故、カップケーキだけ特別なのか。元ネタは、不明ですが、一般的にはケーキよりもカップケーキの方が値段が高い為とされています。今では、ケーキの方が種類も豊富で、カップケーキよりも高いケーキが多くあると思いますが・・・。その他の理由としては、外国、イギリスなどでは卒業式や祭日に「ケーキではなく、特別にデコレートしたカップケーキをふるまう」事があるので、こういった外国の風習、習慣からカップケーキは特別な日に作るもの、食べるものと意図されたのかもしれません

義理、友達用のチョコ以外のお菓子!どんな人、誰に渡すべき?~チョコ以外のお菓子の意味~

  • 義理、友達向け「クッキー、キャラメル(※少し注意)」

チョコ以外のお菓子をバレンタインにもらった。ホワイトデーにお返しされた時に、もらったお菓子で、「義理、友達用」 と位置付けてよいモノは、クッキーとキャラメルです。この2つのお菓子は、広く「友達らしい意味」で紹介されていますので、本命と勘違いされにくいお菓子です。しかし、何故、友達の意味と位置付けられているのか、まで考えると、少し注意が必要です

  • 「クッキーの意味は、サクサク軽い関係=友達の証」

クッキーの意味は、サクサク軽い関係=友達の証

チョコ以外のお菓子、クッキーは、友達の意味があります。何故、クッキーは友達なのでしょうか。クッキーは軽くて、サクサクした食感のお菓子の為、「サクサク軽い関係」や「あっさりした関係」と位置付けられる為、友達を意味するとされています。本命には、チョコを。それ以外の男性には、大量生産で安価なクッキーを贈るのであれば、「友達の意味」としてとらえられますが、「軽い関係」、「あっさりした関係」・・・この言葉だけ、見ると、その関係は友達と呼べる関係なのか?と疑ってしまいそうです

  • 「キャラメルの意味は、優しい甘さに安心感がある=友達」

キャラメルの意味は、優しい甘さに安心感がある=友達

キャラメルの意味は、一緒にいると安心感があるから友達という意味です。一緒にいると安心?だから、友達なの?・・・と、少し友達としての定義としては、弱い気がしますが。それに、キャラメルは甘さが他のお菓子より濃く、「甘い関係」を連想する気がしますが・・・。一般論で、「キャラメル=安心できる友達」と認識されているなら良いと思いますが、友達以上、少し下心がある贈り物にも思えてしまいます(考えすぎかもしれませが)。個人的には誤解を招きやすいお菓子と思いますので、友達以上、恋人未満ぐらいの方を意識していても、おかしくないと感じます

注意が必要なチョコ以外のお菓子!どんな人、誰に渡すべき?~チョコ以外のお菓子の意味~

  • 「グミの意味は、嫌い(※明確な根拠:なし)」

グミの意味は、嫌い

グミは、嫌いという意味があるから注意が必要です。しかし、グミが何故、嫌いの意味をもつのか。明確な根拠は不明です。チョコレートと比較して、グミは格下のお菓子なのでしょうか。低カロリーで良いお菓子だと思いますし、バレンタインのお返しに他のお菓子をたくさんもらう女性もいるでしょう。ダイエットを気にすると、グミの方が嬉しい気もしますが・・・。たとえば、こんなケースはグミはよろしくない。バレンタインでそれなりに高級感のあるチョコや、手作りのチョコレートをもらった男性が、「ホワイトデーにグミでお返しをした場合」、ちょっとお値段的にも、チョコを作ってくれた手間を考える気遣いがないのでは?と思われてしまうかもしれませんね。そういう意味で、相手を軽視しているととらえられがちなのが、グミかもしれません。もし、グミでお返しをするなら、それなりに「しっかりしたグミを選ぶ」事がかもしれませんね

  • 「バームクーヘンの意味は、末永い付き合い。バームクーヘンエンドの結末」

バームクーヘン

バームクーヘンは、一般的に樹木の年輪に似ていることから「末永いお付き合い」や「永遠の愛」を意味します。バームクーヘンの形から想像できるよい意味から結婚式などの引き出物にも最適です。しかし、注意が必要なのは、バームクーヘンには、バームクーヘンエンドという言葉がある事です。バームクーヘンエンドとは、「仲のいい2人組みの男女が、物語(人生)の途中で、他の相手と結ばれる結末の事」、たとえば、付き合っているの?って聞かれるほどの関係なのに、別の誰かと結婚。結婚式のスピーチを頼まれて、親友を祝福しますが、この2人は結果、結ばれない関係であるのです。家に帰ってから、引き出物のバームクーヘンを食べる結末をバームクーヘンエンドと言います。ある意味、バームクーヘンは男女間で贈りあわない方が良いのかもしれません。贈るとしたら、末永い付き合いを望む相手、両親や祖父・祖母の記念日などの方がふさわしいのかもしれません

バームクーヘンは少し複雑ですので、こちらで詳しく解説しています

参考 ⇒ バームクーヘンエンドの意味

スポンサーリンク


▼関連するライフハック