人気!ピリ辛そぼろの作り置き、レシピと日持ち・冷蔵期間・賞味期限は?

Author
  • ピリ辛!そぼろの人気レシピを公開!

  • 作り置きで日持ちする期間は、いつまで?

いつもの「そぼろ」に飽きた!ってときは、味付けをピリ辛にしてみてはどうでしょうか。ピリ辛そぼろを使って台湾風!そぼろ丼を作ってもOK。他にもピリ辛に作った「そぼろ」は「冷ややっこ」や「サラダ」の具材にもなりますから、作り置きしてみてはどうでしょうか

では、ひき肉を具材にそぼろを手作りしたとき、常温、冷蔵庫保管、冷凍保存でいつまで日持ちするのでしょうか。

ここでは、作り置き用「ピリ辛そぼろ」の作り方・味付けから、殿堂り人気のレシピを初心者にも簡単に解説。まんがいち、放置してしまった時。食べられるか不安な時に「腐ったピリ辛そぼろ」の味や臭い、見分け方のポイント、食中毒事例までを徹底解説しています

ピリ辛そぼろ~ひき肉が具材の人気レシピ、作り置きの常備菜~

ピリ辛そぼろ

  • ピリ辛そぼろ(200g:2人分)

  • 味付けの黄金比(合わせ調味料)

  • 醤油・みりん・酒:各大さじ2、砂糖:大さじ1

  • (コチュジャン:小さじ1)

ステップ1:味付け用の合わせ調味料(しょうゆ以外)を作る

ステップ2:フライパンに合わせ調味料(しょうゆ以外)とひき肉を混ぜる

ステップ3:まざっから、中火に。しょうゆを入れ、弱火に

ステップ4:汁気がなくなったら完成

この4ステップで黄金比率で作る「そぼろ」は完成です。

甘辛で美味しいので、ごはんにぴったりです。合わせ調味料の黄金比率は「醤油・みりん・酒:各大さじ2、砂糖:大さじ1」、ここに「コチュジャン:小さじ1」ですが、醤油だけは最初に混ぜません。作るときに、最後に使います。そこだけが作るときの注意点です

  • ピリ辛そぼろから作る「台湾風!そぼろ丼」

台湾風!そぼろ丼

いわゆる、ひき肉を使ったスタミナ丼です。

ニラ+ピリ辛そぼろ、卵で完成と作り置きしておくと、休日のお昼にカフェで食べるようなランチができちゃいます。この時のひき肉は「鶏肉ミンチ」を使った方が、台湾風で味も美味しいです

  • このレシピは、何日分の量?

このレシピのそぼろは、2人分の量です。つまり1人で食べるなら、2回で食べる量です。1人暮らしの男子向けに作り置きするなら、これぐらいで満足する量。そぼろは1人前100g程度ですが、そこそこ食べる男性は150gぐらいを1度に食べます。大食いなら200gを1度で食べきってしまうかもしれませんね。

冷蔵庫で保管できる期間内に、レンジでチンしてと伝えておけば、ばっちりです!

ピリ辛そぼろの材料!材料:ひき肉の日持ち&賞味期限~冷蔵庫、冷凍室で何日、大丈夫?~

ひき肉(牛・豚)の日持ち:冷蔵庫:3日、チルド室:5日、冷凍2~3週間

  • ひき肉(牛・豚)の日持ち

  • 冷蔵庫:3日、チルド室:5日

  • 冷凍:2~3週間

まずは、ひき肉そのものの日持ち・賞味期限です

購入時のパック、シールに記載があるときは、そちらを参考に。一般的には「冷蔵庫で3日、チルド室で5日」の日持ちです。冷凍の場合は、2週間と長持ちしますから、すぐに使わない、週にまとめて買い物をする方は、買ったその日のうちに冷凍がおすすめです

  • びき肉の注意点「鶏肉ミンチ」

  • 鶏肉ミンチの日持ち

  • 冷蔵庫:2日、チルド室:4日

  • 冷凍:2~3週間

鶏肉ミンチの日持ち:冷蔵庫:2日、チルド室:4日

鶏肉ミンチを使う場合は、ちょっと注意。牛豚のミンチよりが1日、冷蔵で日持ちする期間が短く「鶏肉のミンチ:冷蔵2日、チルド室4日」です。

ピリ辛そぼろは、鶏肉を使う事が多いと思いますので、鶏肉で作った場合をご参考に!

ピリ辛そぼろを常温で放置してしまった!~作ってからの賞味期限は?~

  • 常温の場合:基本NG

  • 作ってから「ラップあり:2時間」まで!!

常温での放置は、基本NG。近いうちに食べるつもりなら、冷蔵庫。長期保管して、次週の献立に使いたいときは冷凍保管です

冷蔵・冷凍保管推奨ですので、作ったままの状態は長時間の日持ちは期待できません

春や秋の涼しい季節なら、ラップ有で3時間。夏は、ラップがあったとしても2時間ぐらいまでです。一般的には調理済みのひき肉は、空気に触れた状態ですと1時間経過ほどから菌がわき始めます

ピリ辛そぼろを冷蔵庫で保管する場合~日持ち、賞味期限は?保管方法のコツは?~

ピリ辛そぼろの作り置き、レシピと日持ち・冷蔵期間・賞味期限

  • ピリ辛そぼろ、冷蔵保管の日持ちは?

  • 冷蔵:3日

  • (鶏肉ミンチで作る時は、冷蔵2日)

そぼろの冷蔵保管の日持ちは「3日」、鶏肉ミンチの場合は2日です。作ってから2日以内に食べましょう

注意点は「そぼろ」に使うひき肉、ミンチに実は鶏肉が入っていた場合です。鶏肉のミンチのみ冷蔵2日ですので、もし入っているなら、冷蔵できる作り置き期間は2日です

購入時のシールに「合いびき肉:牛、豚、鶏」のように使っているお肉の種類の記載がありますので、見た目でわからないときはココを確認しましょう

  • 冷蔵保管の長持ちのコツ:タッパー

タッパー

冷蔵庫で「ピリ辛そぼろ」を保管するときはタッパー保管です。

調理済みの「そぼろ」をいつでも、使いたいときに。そう考えているのなら、すぐに使わないかもしれませんので冷凍しましょう。冷凍の場合は、タッパーではなく、フリーザーバック等の保存袋が推奨です

ピリ辛そぼろを冷凍保管~日持ちの目安、賞味期限は?冷凍保存のコツは?~

電子レンジ 

  • 冷凍保存:3週間

調理済みのそぼろは、冷凍保存可能、3週間の日持ちです。長期保管をして、食べたい日に解凍して食べる。この方法も可能です

そぼろの冷凍は、場所を気にしないなら保存容器でも問題なし。他の作り置きのおかずがあるなら、ジップロックやフリーザーバックの方がスペースを取りませんし、綺麗に冷凍庫の中で保管できます

  • 冷凍保管のコツ:保存袋へ

  • 解凍方法:電子レンジ:500Wで1分(100gあたり)

冷凍するときは、1回分ずつに(1回で食べる量ごとに)小分けしてラップをします。ラップをした「そぼろ」を保存袋(フリーザーバック等)に入れます。解凍するときは、電子レンジで100gのお肉に対して1分、500Wの設定で簡単に解凍できます

ピリ辛そぼろが腐ってしまった場合、特徴は?~見分け方:味、臭い~

  • 見分け方:肉からの汁

  • 味・臭い:肉の腐った臭い

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐、激しい腹痛

そぼろの腐った場合です。ほとんどの場合、肉から汁(大量の)。肉が腐ったニオイでわかるかと思います。ニオイがしなくても、作ったときに比べて「肉の汁が、こんなにあったか?」と思うような事があれば要注意です

食中毒の事例としては、アニサキス(寄生虫)が潜伏していた場合に「生焼け」「半焼け」状態であった「ひき肉」を食べた。こういったケースが多いかと思います。アニサキス(寄生虫)は、よく火を通すことで死滅します。しかし、ひき肉は「コネって作る」ものですから、ひき肉の保存状態がよくないとより状況は悪化。対処法としては、正しくお肉を保存する、火を必ずしっかりと通すことですね

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、酸っぱい臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないように。

ピリ辛で作った「そぼろ」の人気レシピから、日持ちする期間を解説しました。ジャンル的には煮物の部類に近いので冷蔵庫・冷凍なら「腐る」ことはまれですが、保管期間は注意したいです。パッと見て、腐っている!と見分けがつきにくいので、何か変だなと思ったら食べるのを中止してもいいかと思います

スポンサーリンク


▼関連するライフハック