2024年⇒公務員・市役所の年末年始!警察官・消防士・先生の正月休みいつ?

Author

2024年度版⇒国家公務員と地方公務員の正月休みと年末年始休暇はいつから、いつまで?

  • 公務員系職種の年末年始

  • 市役所職員と市役所の正月休み

  • 警察、消防士の正月を解説!

公的機関や行政機関勤務の国家公務員

警察官や学校の先生などの地方公務員の正月休みと年末年始はいつから、いつまでなのか

公務員の年末年始は法律で決まった正月休みと冬期休暇を合わせた期間が、年末年始休暇→大人の冬休みになります。

今年はいつが公務員の正月休みか知りたい方向けに「2024年度版⇒2023年12月から2024年1月の公務員の正月休み期間と年末年始休暇」をしっかり説明します

2023年から2024年⇒公務員の基本の年末年始と正月休みはカレンダー通り!

2024年⇒公務員・市役所の年末年始!警察官・消防士・先生の正月休みいつ?

国家公務員、地方公務員の休日は法律で決まっており、年末年始と正月休みは祝日、土日のカレンダー通りのお休みです

そのため、公務員のお盆休みは、

1月1日が祝日である元旦を含む法律の範囲内の『2023年12月29日(金曜日)~2024年1月3日(水曜日)』の6日間⇒6連休が年末年始休暇です

  • 地方・国家公務員

  • 6連休が年末年始休暇

  • 正月休み期間は?

  • 2023年12月29日(金)~

  • 2024年1月3日(水)まで

つまり、地方公務員である区役所、市役所の職員の方は『最終日:2023年12月28日(木)』まで出勤しており、

市役所は一般の会社員と同じく。1月4日から仕事始めです=市役所は1月4日から空いています!

ただし、公務員には「冬期休暇の制度」があり、国家公務員:5日、地方公務員:3日(条例により3日以上の地域もある)を10月~12月の間に取得して、お休みを取る事が可⇒中には、余分にお休みがある方もいます

2023年の末年の公務員が年末年始に長期連休を実現する方法は?

公務員の正月休みは2023年12月29日~1月3日までですが、公務員は「冬期休暇の制度」があり、国家公務員:5日、地方公務員:3日(条例により3日以上の地域もある)を10月~12月の間に取得して、お休みを取る事ができます

最終日:12月28日(木曜日)

休暇日:12月29日(金曜日)

休暇日:12月30日(土曜日)

休暇日:12月31日(日曜日:大晦日)

休暇日:1月1日(月曜日:元旦)

休暇日:1月2日(火曜日)

休暇日:1月3日(水曜日)

出勤日:1月4日(木曜日)←有給:可

出勤日:1月5日(金曜日)←有給:可

休暇日:1月6日(土曜日)

休暇日:1月7日(日曜日)

休暇日:1月8日(祝日)

つまり、上記の表と8月のカレンダーを参照にすると、公務員職種の区役所や市役所、行政機関勤務の方は、一部の職員は最大で11連休のお盆休みが可能という事になります

冬期休暇のルール的は『2023年の10月、11月、12月』に国家公務員:3日、地方公務員:5日の冬期休暇ですので、各役所と部署内で相談して、正月休みのスケジュールを決める事ができます

2024年⇒警察署・交番の警察官の正月休み+おまわりさんの年末年始休暇は?

警察署の警察官、交番のおまわりさんのお盆休みは、カレンダー通りの休日=祝日と土日がお休みですが、市民を守る仕事であり実際は、全員がルール通りに休日がもらえるわけでなく、一部、交代制です

※休日、祝日の出勤はちゃんと手当てがでます!

警察署の年末年始の2023年!警察官の2024年の正月休みいつからいつまで?

  • 警察官のお盆休みは?

  • 官執勤務者

  • 6連休

  • 年末年始休暇

  • 正月休み期間は?

  • 2023年12月29日(金)~

  • 2024年1月3日(水)まで

勤務日:12月28日(木曜日)

休暇日:12月29日(金曜日)

休暇日:12月30日(土曜日)

休暇日:12月31日(日曜日:大晦日)

休暇日:1月1日(月曜日:元旦)

休暇日:1月2日(火曜日)

休暇日:1月3日(水曜日)

勤務日:1月4日(木曜日)

2023年12月29日~2024年1月3日が警察官のお盆休みですが、この通りにきっちり休めるのは雇用形態によります

警察には「官執勤務者:カレンダー通りの休日、主に事務系職種の人」と「交代制勤務者:土日も交代で出勤する人」の2パターンがあり、交番のおまわりさんは後者が多いです

  • 警察官のお盆休みは?

  • 交代制勤務者

  • 正月休みは交代制!

12月29日(金):交代制

12月30日(土):交代制

12月31日(日):交代制

1月1日(月):交代制

1月2日(火):交代制

1月3日(水):交代制

警察は公務員だから、12月29日~1月3日は休みじゃないの?と思った方

交代制の勤務のおまわりさんがいるから交番はやっています。交代制勤務者の警察官は、12月29日~1月3日の6日は、シフト勤務。場合にとよっては、休日にも緊急出動がある方や、田舎の発出所では自宅と交番が合体しているタイプもあります

2024年⇒消防署の消防士!消防隊、救助隊・救急隊の正月休み+おまわりさんの年末年始休暇は?

  • 消防士のお盆休みは?

  • 消防署の事務職員

  • 年末年始休暇

  • 正月休み期間は?

  • 2023年12月29日(金)~

  • 2024年1月3日(水)まで

出勤日:12月28日(木曜日)

休暇日:12月29日(金曜日)

休暇日:12月30日(土曜日)

休暇日:12月31日(日曜日:大晦日)

休暇日:1月1日(月曜日:元旦)

休暇日:1月2日(火曜日)

休暇日:1月3日(水曜日)

出勤日:1月4日(木曜日)

消防署の事務職員さんは「2023年12月29日~2024年1月3日」が年末年始休暇⇒正月休みですが、

それ以外の隊員の方⇒消防隊、救助隊、救急隊は、交代制・シフト制の正月休みです

消防署の年末年始の2023年!消防隊員・救助隊・救急隊の2024年の正月休みいつからいつまで?

  • 消防士のお盆休みは?

  • 消防隊、救助隊、救急隊

  • お盆休みは交代制!

12月29日(金):交代制

12月30日(土):交代制

12月31日(日):交代制

1月1日(月):交代制

1月2日(火):交代制

1月3日(水):交代制

消防署の消防士、消防隊、救助隊・救急隊のお盆休みは、カレンダー通りの休日=祝日と土日がお休みですが、命を守る仕事であり実際は、全員がルール通りに休日がもらえるわけでないです。一部、交代制と警察と同様のルール→みんながお休みの日も出勤です

2024年⇒小学校・中学校・高校の先生、教師の正月休み+年末年始休暇は?

小学校・中学校の先生、高校の教師は地方公務員と私立の先生で正月休み期間が異なります

私立の先生は一般の会社と同じく、学校を運営する学校法人のルール=民間企業とほぼ一緒⇒「2023年12月29日~2024年1月3日」の6連休⇒法人の運営ルールによっては、1月4日までなど長い冬休みがある事もあります

県立・公立の学校の先生は地方公務員であり「2023年12月29日~2024年1月3日」が年末年休暇⇒正月休みとなります

  • 2024年の先生の正月休み

  • 年末年始休暇

  • 2023年12月29日(金)~

  • 2024年1月3日(水)まで

出勤日:12月28日(木曜日)

休暇日:12月29日(金曜日)

休暇日:12月30日(土曜日)

休暇日:12月31日(日曜日:大晦日)

休暇日:1月1日(月曜日:元旦)

休暇日:1月2日(火曜日)

休暇日:1月3日(水曜日)

出勤日:1月4日(木曜日)

少し堅苦しい説明になりましたが、学校の先生は「正月前も学生は冬休み」であり「部活に力を入れる学校だと、正月は休みとしても、年末をギリギリまで部活をしている事」があります

さて、今回は、2023年12月から2024年1月の行政機関の国家公務員から地方公務員⇒学校の先生や市役所、また、公務員職種の警察や消防隊員の年末年始休暇と正月休みを説明しました。公務員職種でも命に係わる職種や防災が関係すると、完全にきっちりと休めるわけじゃないよというのが、国家公務員と地方公務員の正月休みになります

スポンサーリンク