【天ぷら/おかずにならない論争】天婦羅がご飯に合わない理由と訳~天ぷらがご飯と合わない旦那や彼氏の献立を考える~

Author

天ぷらがおかずにならない理由は?天婦羅とご飯が合わないと、旦那や彼氏が言う理由とは?天ぷら定食では、ご飯があるにも関わらず、一定数で「天ぷら」と「ご飯」のセットを嫌う男性も!何故、天ぷらとご飯が合わず、「天ぷらは、おかずにならない」と論争が生まれるのか。天ぷらがご飯のおかずにならない人に悩まされる主婦、ご飯を作る女性の方へ。天ぷらの献立の立て方と考え方を紹介しています

天ぷらが、おかずにならない論争~天婦羅がご飯に合わない理由と訳~

天ぷらがご飯に合わない、おかずにならない

  • 天ぷらが、ご飯のおかずにならないと言われた!

  • 天ぷらとご飯セットを嫌うご主人や旦那、彼氏向けの対策とは?

おかずにならない食べ物として、意見がある1つが「天ぷら」。お好み焼きや、うどんにご飯はおかしいという方もいますが、特定の地域ではいたって普通の事。しかし、お好み焼きと違い天ぷらは、特定の地域で特殊な食べ方をする料理ではなく、個人の好みや天ぷらに対する認識の違いが原因で、「天ぷらは、おかずにならない」や「天ぷらとご飯は合わない」という文句や愚痴につながります。ここでは、天ぷらとご飯の献立セットを、何故、嫌うのか。理由を明確にしています。家族や一緒にご飯を食べる人とは、同じ料理を食べてたい。そんな思いを大切にしながら、献立の立て方や、対処方法を模索し、解説しています

  • 天ぷらの食べ方と起源「江戸時代の屋台、串に刺した天婦羅」

串に刺した天婦羅

そもそも、天ぷらとは、どのように食べられていた料理なのでしょうか。天ぷらは、江戸時代以前にもあったとされますが、文献としてはじめてでてくるのが江戸時代。串に刺して揚げたエビなどの天ぷらが庶民に広まったとされています。当時は、今でいう屋台、立ち食いの屋台で販売され、「天ぷらを串に刺し、天つゆで食べていた為」、残念ながら「ご飯と一緒に、天ぷらを食べていません」。江戸時代の家には、今のような本格的な台所も少なく、また、油の値段も高価で、そもそも天ぷら時代が高級品、金ぷらと呼ばれる事も。日本の家庭で天ぷらを手軽に食べれるようになるのは、油の価格が下がった戦後からのお話です。天ぷらのルーツからすると、天ぷらは、もともとご飯と一緒に食べる料理ではなく、今でいうコンビニで売られている「フランクフルト」や「焼き鳥」の高級品のポジションです。値段のことはともかく、その場で食べるスタイルのモノであった料理です。戦後に一般家庭の食卓に、おかずとして登場する料理ですので、「歴史の浅く、天ぷらの食べ方に異論」が生まれるのも、おかしくない話です。天ぷらがご飯と合うか、合わないかと論争になる理由の1つがここにあるのです

歴史的な経緯と起源から、残念ながら、天ぷらはご飯と一緒に食べるモノではありませんでした。しかし、今ではむしろ「天ぷらは、ご飯と一緒に食べる」、「天ぷらは、おかずになる」という意見が多いと思います。最初の起源やルーツが、ご飯と一緒に食べないからといって、「天ぷらはおかずにならない」と主張するのも理由としては少し弱いですよね。起源やルーツを大切にし伝統として食べ方までも引き継いでいるのなら、今でも、天ぷらはご飯と一緒に食べていないでしょう。現代の「天ぷらがおかずにならない理由」は、個人の好みや食べ方に対する認識の問題の方が大きいと思います

天ぷらがご飯に合わない、おかずにならない人達の意見~おかずにならない理由~

  • おかずにならない理由「天ぷらは、お酒のおつまみ。お酒とご飯が合わない」

アナゴの天ぷら

天ぷらがおかずにならない理由の1つ。お酒を飲む方で、お酒とご飯を一緒に食べない(食べられない)方がいます。この手のタイプの人であれば、天ぷらとご飯を一緒に食べることに違和感を感じるという意見です。そうような男性と付き合ったり、結婚すると、居酒屋にある「おつまみ系メニュー」が、ご飯のおかずにならないことも。本人の認識の問題ですが、「居酒屋にありそうなおかず」や「居酒屋でよく頼む料理」が家で出てくると文句になりやすいです。

  • おかずにならない理由「天つゆと衣がべちゃべちゃする」

天丼

天ぷらがおかずにならない理由の2つ目。天ぷらを天ゆつで食べる場合、衣がべちゃべちゃします。あの「べちゃべちゃ感」と「ご飯の組み合わせ」が苦手な方がいます。この手のタイプの人は、天ぷらとご飯が別である定食型の天ぷらなら、食べられますが、天丼が苦手。丼ものとして、ご飯の上に天ぷらを載せると、食べたときの感触が嫌だというのです

  • おかずにならない理由「甘いモノと、ご飯が合わない。芋やカボチャの甘さが苦手」

カボチャの天ぷら

天ぷらがおかずにならない理由の3つ目。男性は、女性よりも甘いモノが好きではない方が多いです。ご飯と、甘いモノが全般的に合わないと考えます。特に、天ぷらの「さつまいも」と「カボチャ」は野菜の中で甘みの強い食材です。この2つの天ぷらが甘いおかずの為、天ぷらがおかずにならない、天ぷらとご飯が合わないと考えるのです。大学芋はご飯と合わない、カボチャの煮物がご飯に合わないという意見と同じで、芋料理全般がご飯と合わなく、おかずにならないという意見になるパターンです

  • 番外編「育った環境。天ぷらを揚げない家庭」

天板(トップ)の掃除

天ぷらだけではありませんが、揚げ物を家で作らない家庭が増えています。天ぷらや唐揚げを作る時の「油跳ねが怖い」、「揚げ物の掃除が大変」などの理由から、揚げ物は家で作らず、スーパーのお惣菜ですませる環境でそだった場合、天ぷらそのものが嫌いという方がいます。「揚げ物は、揚げたてが一番」という言葉があるほど。揚げ物は、揚げたてが美味しいのは事実(お惣菜が悪だと言いたいわけではありませんが・・・)です。スーパーなどのお惣菜の天ぷらは、時間がたち、あまりおいしくありません。特に、天ぷらは、時間経過とともに「衣がべちゃべちゃ」、「油っぽさ」を感じやすいです。小さいころから「天ぷらは、おいしい料理ではない」と先入観を持っていると、そもそも、天ぷら自体が好きではなく、べちゃべちゃしてご飯とは合わない、おかずにならないと考えてしまいがちな人に育ってしまします

天ぷらがおかずにならない、ご飯と合わない人の献立~どうしたら、いいの?~

天ぷらが、おかずにならない。ご飯と合わないという方と一緒に食事をするとき、では、どうしたらよいのでしょうか?天ぷらは、家では作らない!としてしまうのは、極端な意見です。結婚して、子供ができたら子供にはそうなってほしくないでしょう。作らない訳にも行きませんよね。天ぷらは、ご飯のおかずにならないという人から意見を聞き、これなら食べられる。この場合なら、問題ないと言われた意見をここに紹介します。好みもあり全員に対応する方法ではない事もありますので、参考程度に。1つ1つ個別に対応するのがベストな方法ですので、意見を聞き、献立に取り入れるように心がけましょう

  • 天ぷらの食べ方と意見「天ぷらは、蕎麦。うどんで食べる」

天ぷらうどん

お酒を飲む人で、お酒とご飯を一緒に食べない(食べられない)人と一緒に天ぷらを食べるには、天ぷらは「蕎麦」か「うどん」の日に、トッピングの具材として食べましょう。天ぷらを居酒屋メニューとして認識している男性には、もはやこの方法しかないです。頭の中で「ごはんには、おかずが必要」なのに、「天ぷらは、おかずではない」と考える人の認識を「料理の具、トッピングの1つが天ぷら」に変えていきましょう。おかずとして、天ぷらをとらえようとするのをヤメて、具やトッピングとして考えてもらえる料理にしましょう。意見として、「ご飯と天ぷらはダメ(天ぷら定食がダメ)」という方が、「天丼なら食べられる、天ぷら蕎麦も食べられる」と意味不明な意見がありました。天丼はご飯と天ぷらではないか、その組み合わせが嫌いなのでは?と思い話を詳しく聞くと、「1つの料理として完成しているモノ」であれば食べられるという意見でした。そういう意味では、天ぷら定食タイプに違和感を感じるだけで、天丼や天ぷら蕎麦といった1つの料理であれば問題ないようです。人の好みやこだわり、認識というものは難しいモノですね

  • 天ぷらの食べ方と意見「サクサクの天ぷら。塩なら、ご飯と食べられる」

とうもろこしの天ぷら

天つゆと、ご飯の組み合わせがダメ。この意見の方なら、「つゆを、塩に変更。衣をサクサクにする」だけで、ご飯と一緒に食べられるようになる。衣のべちゃべちゃ感も嫌いという意見でしたので、サクサクの衣の天ぷらを塩で用意すると、おいしいという意見になりました。しかし、このパターンの少し難しいのが「サクサクの天ぷら」。要するに、揚げたての天ぷらなら、塩で食べられる。ご飯とも問題なかったのですが、「調子にのってたくさん作る」、「先に揚げて置いたら、時間がたちべちゃべちゃになった」など。量を多く作ったり、帰宅の時間が遅れたりすると、天ぷらが台無しに・・・。揚げ物は、揚げたてが一番という言葉の意味は深いですね

  • 天ぷらの食べ方と意見「芋以外、海鮮系の天ぷらなら食べられる」

簡単・人気の春の天ぷら、人気の食材と山菜レシピ

甘いモノとご飯が合わない。天ぷらでいうところの、「さつまいも」と「カボチャ」がダメな方は、よく意見を聞くのが良いです。「天ぷらは、おかずにならない」といっても、言葉足らずの男性も多い。天ぷらの何がダメなのか、明確にすると、嫌いな理由がわかってきます。「天ぷら、そのものがダメ」な場合は、無理ですが、「芋やカボチャのような甘い天ぷらがダメ」ならば、エビや穴子といった海鮮ネタは問題ないのです。また。野菜でも、ピーマンやゴボウ、ニンジンなど問題ないのなら、かき揚げ(稀に、かき揚げの玉ねぎの甘さを嫌う人もいるので注意)をメインの献立にすればよいのです。芋とカボチャの甘さがダメな方は実際多くいますので、まずは、どのネタが嫌いかを確認すると良いです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック