和風ドレッシングの人気レシピ!醤油・ごま油の作り方+手作りの日持ち期間!

Author
  • 手作り自家製!和風ドレッシングの作り方+おすすめ!

  • 和風ドレッシングはどのくらい日持ちする?もつの?

和風ドレッシングの手作りにおすすめのレシピです。ドレッシングを切らしてしまったとき、混ぜるだけで即席で作る事ができるのが大きなメリットです!

今回は、晩御飯のサラダに使える「手作り和風ドレッシング」の作り方レシピと、保存方法をしっかり解説します。家にあるゴマ油、醤油と簡単な調味料で和風ドレッシングはデキますので是非、自家製の味を!美味しいねと褒められちゃう素敵なサラダを作ってくださいね。

醤油+ごま油の和風ドレッシングの作り方~人気の手作りドレッシング、作り置きにおすすめのレシピ!~

  • 和風ドレッシングのレシピ!

  • ゴマ油、醤油を使った人気の作り方はコレ!

  • 2~3人分の量(ボウル1皿のサラダ分ほど)

和風ドレッシングの人気レシピ!醤油・ごま油の作り方+手作りの日持ち期間!

  • ★合わせ調味料の割合は?

  • 大さじ1:いりごま(白)

  • 大さじ1:ごま油

  • 大さじ2:酢

  • 大さじ2:醤油(薄口)

  • 小さじ1/3:塩

  • 削り節:少々1~2g

ステップ1:ボウルに★を入れ、よくかき混ぜる

ステップ2:清潔な保存容器に保管する

ポイント:とにかくよくかき混ぜる!

この2つのステップで、和風ドレッシングは完成です。手作りのドレッシングは「塩が溶けるまで、よく混ぜる」のが味を美味しくするポイントになります。簡単に混ぜるだけでデキますので、是非、お試しを!この和風ドレッシングのレシピは2~3人分の量ですので、家族の人数が多い方、たくさんサラダを食べる人は同じ分量を掛け算して作ってくださいね

  • 和風ドレッシングの保管方法は?

  • 冷蔵庫保管:4日以内

  • 保管温度:10度以下、前後が推奨

  • 容器:清潔な保存容器or瓶詰

和風ドレッシングは、加熱せずに「混ぜるだけ」というレシピになっていますので「冷蔵庫保管:4日以内」が推奨、ちょうど冷蔵庫で保管できる10度以下が適しています。

常温で放置してしった時は「容器に蓋がしっかりしてあったのか」「部屋の温度は20度以下であったか」と、この2つが傷むのを軽減する要素です。フタ有、部屋の温度が20度以下であったのなら、3~5時間を目途に。冷蔵庫にすぐ保管するなら、また使える状態の事が多いです

市販のドレッシングは賞味期限・消費期限が「冷蔵1~3ヵ月」と長いドレッシングがありますが「加熱済みであるドレッシング」に限定されています。中には市販で5日以内のドレッシングがありますが、よく見ると加熱されていないタイプである事が多く、ご家庭で作る時は「冷蔵:4日以内」を目安にするのが最も良い管理方法かと思います

  • 和風ドレッシングを冷凍してしまった!

  • 常温・冷凍保存:不可(ノンオイルタイプ)

加熱をしていない、ごま油と醤油を混ぜて作るタイプの「和風ドレッシング」は常温保管、冷凍保存ではなく冷蔵庫に保管です。

冷凍すると油分が分離して元の味に戻らないと、和風ドレッシングは冷凍が向いていません。もしも、冷凍するなら『市販のノンオイル』のタイプであれば、1ヵ月ほど冷凍できますが、それでも味の劣化、品質の維持は難しいです。

手作りの和風ドレッシングはなおさらで、常温・冷凍保存ではなく「冷蔵庫に保管」が正しい保存方法です

  • 和風ドレッシングが合うサラダは?

  • 大根サラダ+和ごまドレッシング

和風ドレッシングが合うサラダ:大根サラダ

  • 海藻サラダ+和ごまドレッシング

和風ドレッシングが合うサラダ:海藻サラダ

  • 海藻+豆腐サラダ+和ごまドレッシング

和風ドレッシングが合うサラダ:豆腐サラダ

  • 豆サラダ+和ごまドレッシング

和風ドレッシングが合うサラダ:豆サラダ

今回、ご紹介した「醤油」と「ごま油」をベースとした和風ドレッシングは、シャキシャキする野菜の大根サラダ。ミネラル豊富な海藻サラダに合う味をしています。サラダは献立の栄養バランスを整えるのに最適なメニューですので、大豆類も一緒にとお考えの方は、海藻サラダ+豆腐を具材に。豆サラダとも相性抜群ですので、是非、作って夕飯のサラダにしてくださいね

スポンサーリンク