【洗面ボウル、洗面器の掃除の仕方】洗面台の汚れの落とし方~掃除時期&掃除回数と洗剤選び、掃除道具~

Author

洗面所にある洗面ボウル、洗面器の汚れの落とし方と掃除方法。歯磨き粉や化粧品のカス、落ちた髪の毛の掃除は?洗面所掃除の頻度、掃除回数(毎日、週1回、月1回など)は毎日(月4回)が理想、汚れを放置しない事が重要。洗剤選びは中性洗剤!掃除道具はスポンジとクロスで十分にきれいになる

洗面ボウル、洗面器の掃除の仕方~洗面所の掃除頻度と掃除回数、道具は?~

洗面ボウル

  • 洗面ボウルに歯磨き粉が固まっていた

  • 化粧品の油汚れを、きれいにしたい!!

洗面所の洗面ボウルと洗面器の掃除についてです。洗面ボウルは、歯磨きや忙しい時に化粧などで汚れのカスがたまる事があります。これらの汚れの掃除の仕方と、汚れにくい使い方、良い方法はないのでしょか。ここでは、洗面ボウルの掃除頻度、掃除道具、洗剤選びを解説しています

洗面ボウルの掃除頻度~基本は、毎日。汚れないように掃除する~

  • 洗面ボウルの掃除頻度「基本は、毎日」

洗面ボウルの掃除頻度は、基本は毎日。汚れたら掃除する箇所です。しかし、毎日ピカピカにする必要もなく、普段の掃除はスポンジで拭き掃除で十分に汚れは落とせます。こまめな掃除によって、歯磨き粉、化粧品の油分の汚れの蓄積を防ぐことができますので、習慣として軽く磨く癖をつけましょう

  • 注意点「一人暮らしの人は習慣をつける」

歯磨き

毎日使う洗面所は、日々汚れが蓄積されます。歯磨きの後に、水を流しているから、汚れも落ちているのでは?と思いがちですが、歯よく見ると歯磨き粉がボウルの上部にへばりついていたり、水アカがあったりと。気が付きにくい場所から汚れが目立つようになります。一人暮らしですと、毎日掃除はできない方も多いでしょう。しっかりとした掃除でなくても、ルールを決めてこまめに少しでも奇麗にしておくのがポイント。朝は忙しいから、夜の歯磨きの後に、軽くスポンジで磨くなど習慣をつけて掃除するようにしておくと非常に楽です

洗面ボウルの水アカ、黒い汚れの落とし方~中性洗剤が必要~

  • 洗面ボウルの掃除の仕方「スポンジで軽く磨く」

掃除道具

洗面ボウルの普段の掃除は、スポンジで軽く磨く、さらっとふき取る掃除方法で問題ないです。この方法を毎日続けていたら、それほど汚れはたまりません。あとは、定期的に洗剤を使って掃除をしていたら、大掛かりな掃除をしなくても済む事が多いです

  • 洗面ボウルの洗剤「中性洗剤を推奨」

洗面ボウルは、普段の掃除をサボると、水アカがたまって汚れが目立つようになります。黒っぽい色をした汚れを発見したら、水拭きだけではダメな時です。中性洗剤を使ってスポンジで磨きましょう。比較的簡単に汚れは落ちますので、奇麗になったら布などの掃除用クロスで掃除しましょう

  • 「頑固な汚れには、メラミンスポンジ」

メラミンスポンジ

頑固な汚れには、メラミンスポンジがおすすめ。ピカピカの洗面所にしたいときは、この掃除道具を使いましょう。初心者でも簡単、ただ磨くだけの方法で、ピカピカになります。普段掃除をしない方も、大掃除する時などに非常に便利なアイテムです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック