【分散休暇の案/年末年始とお正月休み期間】今年の会社・職場の分散休暇の案は?~前半正月と後半正月、仕事始めを1月4日とする場合~

Author

今年の年末年始休暇は、1月11日までの分散休暇・休暇を延長すべき?会社・職場の分散休暇の案は?今年の年末年始休暇とお正月休み期間(2020年12月後半、2021年1月前半の分散休暇案)は、仕事始めを1月4日とする企業は分散休暇しやすい。前半正月と後半正月の2組に分けることが、分散休暇のコツ。コロナ禍で柔軟な休暇体制も必要!分散休暇を予定とする企業・会社向けの1つの案を解説しています

会社&職場の分散休暇案は?~年末年始とお正月休み期間、2020年12月後半から2021年1月~

会社&職場の分散休暇案は?~年末年始とお正月休み期間、2020年12月後半から2021年1月~

  • 年末年始の分散休暇はどうしたらよい?

  • 今年の年末年始休暇は柔軟に!お正月を前半、後半に分散する?

政府からの要請で、年末年始の実家帰省や旅行を分散させるために、年末年始休暇の延長や分散休暇という話をニュースで見ることも。要請が強制になる事はないと思われますが、実際問題、分散休暇や休暇延長をどうしたらよいか、困っている会社も多いかと思います。分散休暇の予定はないとする会社もありますが、公務員や銀行員などの休暇延長や分散休暇次第で話は大きく変わるかもしれません。今年の年末年始休暇は、状況によってはギリギリまで決まらない、または、柔軟に変更する必要性もあるかと思います。では、具体的に分散休暇を実施する場合、一般的な会社は、いつをお休みにすればよいのでしょうか。会社として休暇を与えるべきか、有給休暇で消化するのか、各企業の方針の話は別とし、実現可能な分散休暇とはどのようなモデルケースなのか。年末年始休暇の分散休暇案の1つを紹介し、解説をしています

  • 「今からでは間に合わないという声も。そんな時、どうしたら?」

心の悩みを打ち明けた方が良い女性の特徴

業種的に難しい。今からの休暇調整は、間に合わないと考える会社も多い。しかし、コロナ禍の状況によっては臨機応変な対応が必要になる可能性もあります。分散休暇や休暇延長をしない予定の会社も、柔軟な対応をせざるを得ない事もあります。急に、12月の後半になって分散休暇を決定!となってしまった時を想定して、ある程度、休暇の案を考えておく必要性があるのが今年の年末年始休暇です。労基の問題もあり場合によっては、会社が会社休を特別に与える事も視野にいれなければならないかもしれません。そもそも実家帰省を今年はやめるという意見もありますが、いずれにしても、臨機応変。柔軟な対応をしなければならない可能性を会社も個人も視野に入れるべきです

どう分散休暇する?分散休暇、正月の延長休暇の案

  • 分散休暇のポイント①「休暇の分散ではなく、正月と旅行の分散と考える」

  • 分散休暇のポイント②「2021年1月4日を仕事始めとし、正月を分散する」

  • 分散休暇のポイント③「2021年1月7日と8日に、有給休暇を取得」

分散休暇は、2021年1月4日(月曜日)を仕事始めとするのが1つのポイントになります。どういう事かと言えば、上記のカレンダーを見る限り、実家帰省や旅行をするためには、ある程度のまとまった休みが必要。1月5日(火曜日)や1月6日(水曜日)を仕事始めとする場合、休暇は分散されず、ただの長い休み期間。一律の休暇になってしまいます

現実的に、休暇の延長をしたところで、人が動く12月の年末から三が日(1日、2日、3日)の期間内で、帰省や旅行の人の流れを分散する事は難しいです(何かアナウンスがあれば、別ですが)。できる可能性があるとすれば、まとまったお休みを2つ程作り、前半正月(12月後半~1月3日)と後半正月(1月7日頃~1月11日(月曜日/祝日))に分けて行動する必要性があります。そもそも分散休暇という言葉があまりよくないです。休暇を分散する事が目的のように思えますが、本来の目的は「正月や旅行での移動の分散が目的」のはずです。休暇の分散と考えるより、正月を分散する方がイメージしやすいかと思います。1月4日(月曜日)を仕事始めの日と決めてしまえば、前半正月組は1月4日に、一度、居住地に戻ってくる為、後半に実家帰省はしないでしょう。また、逆に、2つの正月があるのであれば、実家の親にも、前半に帰るか、後半に帰るかを連絡もしやすく、スケジュール調整もしやすい。後半に帰省する考えの方が増えれば、前半の集中が軽減される事も考えられます

年末年始の分散休暇案~2つのお正月休み期間を設ける~

  • 前半正月組「共通休暇で旅行、実家帰省。1月5日、6日を休暇とする」

前半正月組と分散休暇の案-2020年、2021年1月-

分散休暇や延長休暇をする場合の1つの案として、まずは、1月4日を「仕事始めの日」とするを休暇を考えやすくなります。年末年始休暇に全員が共通する休暇期間と、分散する休暇の2つに分けるのがポイント。前半、後半のどちらのグループでも不公平がないように2日間の休みを用意(有給、もしくは、会社としての年末年始の休暇を調整する)すると、比較的うまく休暇自体は分散されます。前半正月組とは、2020年の12月26日頃から1月3日までの間に、旅行や実家に帰省するグループです。いつも通りの実家帰省をする方は、こちらのグループに所属。まずは、会社の単位というよりも、部署ごとで年末年始の予定を確認し、どこで実家帰省をするか、旅行に出かけるのか、スケジュールの調整が必要です。後半に実家帰省や旅行をしても良いと考える社員は、後半に。いつも通り正月の方は、前半にという具合に分類することが重要。なるべく、後半に移動する社員が増えれば、分散休暇は成功と考えてよいでしょう。前半正月組は、4日に出社して、その後、2日休暇と中途半端な出社の仕方になってしまいますが。分散休暇どころか、お店を閉めている、休んでいられない状態の会社もあるほどです。それでも今年は、いつも通りの正月を過ごせるのなら良しとする柔軟な考えも大切です

  • 後半正月組「1月7日からを、実家帰省、旅行の予定とする」

分散休暇と後半正月組

1月にどちらのグループも、2日の休みを得ますが、根本的な目的は、実家帰省と旅行の移動を分散させることがです。前半と後半正月組の2グループに分けるのは、帰省と旅行時期をズラす為です。つまり、後半正月組は、2020年の12月26日頃から1月3日までの間は居住地にいる事が話の前提です。休みではあるけれども、この期間に、実家に帰らない、旅行に行かない人達の為の正月休み期間です。この点は、分散や延長休暇をするにあたって重要なこと、各会社単位や部署内でちゃんと相談や確認が必要な事柄です。休暇を2つに分けても、結局、全員がいつもどおりの年末年始の動きをしてしまうのなら、意味をなさないからです。あくまで、政府からの要請ではありますが、まったくの無視や会社として理解を示さないのも、よろしくない話です。状況が状況なら、会社としてだけでなく、個人としても、正月や旅行に対する移動の分散に協力できることは、できる範囲での協力も必要です

  • 「後半正月組よりも、前半正月組(いつもの正月)の方が人が動きやすいと予測」

休暇の分散、休暇の延長といえども完全には分散されず、軽減される程度と予測しています。人の心理的にも、正月と言えば、遅くても三が日には実家帰省するのが例年のこと。1月5日を過ぎて実家に帰省するのも、ちゃんと話し合わないと帰りずらいという方もいるでしょう。そんな心理的な事も考慮すると、今年は帰省しなくてもいいかな?という意見もでてくるかと思います。どちらにしても、前半か、後半かでいえば、前半の方が人が動きやすいかと思いますので、コロナが嫌だなと思う方は、実家帰省、旅行をするとしても後半の方が、まだ人の流れが少ないと予測します。いずれにしても、柔軟な対応や臨機応変に行動する必要がある時期であること、そのことには変わりはありません

  • 根本的な分散休暇「1月と、2月で休暇を分散する案は?」

休暇を分散するのであれば、1月の前半と後半に分散するのではなく、1月(通常の正月)と2月 (旧正月)等の2つに分散するのも1つの方法です。しかし、2か月に渡って休暇を分散したとしても、2020年の年末年始に出勤をし、2月に正月休暇を取得する方法で、そもそも正月が成立するのかという疑問も生まれます。結局のところ、2021年の年末年始休暇は、「休暇中に、いつ実家帰省をするのか」、「いつ旅行に行くのか」を個々でスケジュール調整が必要になると思われます

年末年始のコロナ禍の状況もはっきりしない、不安があるのであれば、今年は実家に帰省しない。帰省するとしても、時期は様子見が必要かもしれません。2011年1月11日までの延長や分散休暇がない会社の年末年始休暇は、おおむね下記のような状況と考えられます。状況次第で変更も考えられますが、ご参考にまで。

参考 ⇒ 2020年、2021年の年末年始とお正月休み期間

スポンサーリンク


▼関連するライフハック