【福神漬けの由来と起源】カレーライスに福神漬けを付け合わせる理由

Author

何故?カレーライスの付け合わせになる福神漬けは、いつから、どんな理由で一緒に食べるようになったのか。日本で初期のカレーライスは、インド料理のチャツネを付け合わせにしていた!?福神漬けの由来と起源から、カレーと福神漬けの関係性を解説しています

カレーライスに福神漬けを付け合わせる理由は?

福神漬け

  • 最初は、インド料理のチャツネだった!?

  • いつからカレーには、福神漬けを付け合せるようになったの?

カレーの付け合わせといえば、らっきょう、もしくは、福神漬けですよね。時より箸休めにもなる福神漬け、そもそも、何故、福神漬けを付け合わせるようになったのでしょうか。ここでは、福神漬けとカレーライスに関する謎を解説しています

  • 福神漬けとは「七福神と同じ7種類の野菜から作る漬物」

福神漬けは、1800年代後半、明治時代に東京・上野の漬物店が考案したとされています。福神漬けの名前の由来と起源ですが、七福神と同じ数、要するに7種類の野菜を使っている為、そのネーミングに。しかし、何故、カレーライスと一緒に、漬物が付け合わせされるようになったのでしょうか

日本郵船の食堂説~チャツネが在庫を尽きて、福神漬けを付け合わせた~

  • 有力説「船内の食堂でチャツネの代わりに、福神漬けを付け合わせた」

明治時代後半に、日本郵船の食堂の料理人が、福神漬けを付け合わせたというのが有力説。特に、資料や証拠となる記録が残っているわけではないとされていますが、明治時代の船の中での出来事の資料を明確に記録していることも稀でしょう。一般的には、欧州航路を航海する日本郵船の食堂で、カレーライスに福神漬けが定番化したと言われています

船内の食堂では、インド料理のチャツネをカレーライスの付け合わせとしていたが、長い航海をする船です。途中で、チャツネが在庫切れしてしまい、しかたなく、福神漬けをカレーライスに付け合わせたのがはじまりとされています

  • カレーに福神漬け、いつから?「明治時代、国内に広まったのは大正時代」

 カレーと一緒に、福神漬けを食べるようになったのは、いつからでしょうか。はじまりは、明治時代の日本郵船の食堂。船の中だけで食べられていたと考えられます。実際に普及したのは、そのあと、大正時代であったとされています

スポンサーリンク


▼関連するライフハック