【お風呂場の排水口、床/掃除頻度&回数、洗剤選びと掃除道具】汚れた浴室の排水口の、床掃除の仕方~掃除時期&掃除回数と洗剤選び、掃除道具~

Author

お風呂の排水口、床掃除の仕方は?浴室の排水口、床の髪の毛や汚れの落とし方、掃除する掃除の頻度、掃除回数(毎日、週1回、月1回など)は?中性洗剤と塩素系漂白剤を使ったお風呂場の掃除について解説しています

お風呂の浴室、排水口と床掃除の仕方~掃除頻度&回数、洗剤、掃除道具選び~

お風呂の排水口、床掃除

  • 髪の毛のたまりやすい浴室の排水口と床

  • お掃除をする頻度、洗剤と掃除道具は何?

抜け毛などの髪の毛がたまりやすい排水口、水アカやシャンプーの残りなどの汚れが目立つようになってきたら掃除を。と思っても、そのころにはもう遅いですよね。浴室の掃除は、どれぐらいの頻度で行うのが正しいのでしょうか。ここでは、浴室の排水口と床に焦点をあて、掃除の仕方について解説しています

汚れた浴室の排水口の洗剤選び~中性洗剤&塩素系漂白剤~

  • 排水口と床の洗剤選びのポイント「中性洗剤&塩素系漂白剤」

  • 排水口と床の掃除方法のポイント「普段の掃除は、中性洗剤。汚れが目立つ時は、塩素系漂白剤」

 浴室の排水口と床掃除の仕方です。洗剤選びのポイントは、普段使う洗剤は中性洗剤ですが、あまりに汚れがひどい場合や定期的に行う大掛かりな掃除の時などは、塩素系漂白剤を使いましょう。

  • 混ぜるな危険「塩素系漂白剤とクエン酸系洗剤」

塩素系漂白剤の注意どころか、絶対にやってはダメな事です。 お風呂掃除に使う塩素系漂白剤は、酸性の洗剤やクエン酸と絶対に混ぜてはいけません。置き場が違うので、あまり大きな事故になることは少ないですが、台所のシンク掃除などに使う洗剤には、クエン酸を含む洗剤があります。塩素系漂白剤には、混ぜないようにしましょう

浴室の排水口、床掃除の仕方~毎月の掃除頻度、回数は?~

排水口 

  • 浴室の排水口の掃除時期「汚れたら毎日、推奨(特に髪の毛)」

浴室の排水口の推奨する掃除時期は、毎日。排水口は、髪の毛がからみ、他のごみもたまります。一時的な汚れよりも、放置による二次汚れの方が掃除が大変になりますし、あまりに放置しすぎると水の流れも悪くなります

  • 排水口の掃除のポイント「掃除用ゴム手袋、歯ブラシ」

掃除をする方には、潔癖な人もいます。彼氏や彼女と同居している人、家族がいる人で他の人の髪の毛を触りたくないという事を思う方もいます。特に、排水口にたまっている髪の毛を触るのが嫌だと感じる方は、ゴム手袋をしましょう。また、髪の毛のつまりは、歯ブラシを使うと簡単に掃除する事が出来ます

浴室の床の仕方~毎月の掃除頻度、回数は?~

お風呂の床 

  • 浴室の床の掃除時期「週1回程度、推奨」

浴室の床の掃除時期は、週1回程度の掃除を推奨。水アカやホコリがたまり汚れとなると、掃除が大変だけでなく、ぬるっと足を滑らす経験をした方もいるかと思います。そうなる前に、掃除が必要です。掃除の方法は、中性洗剤を基本としますが、あまりに汚れがひどい、汚い場合は塩素系漂白剤が必要です

  • 浴室の床掃除のポイント「カビ予防に掃除後、水分をふき取る」

 浴室の汚れの最大の敵は、カビです。カビ対策として、浴室の床掃除の最後に、ちゃんと乾いた布などで水分をふき取りましょう。乾燥されていない時間が長時間続くとカビの原因になりますので、せっかく掃除したのであれば、最後までしっかりやりましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック