【ほうれん草のナムルの日持ち、賞味期限】ほうれん草のナムルの作り置き!冷蔵保管、冷凍保存の賞味期限の目安「作り置きの目安は、2~3日が、ほうれん草のナムルの賞味期限」

Author

ほうれん草のナムルの日持ちは常温、冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?手作りのほうれん草のナムルを作り置きで冷蔵庫に保管する目安は2~3日、春:2~3日。夏場:2日。秋:2~3日。冬場で3日ほどが日持ち期間です。冷凍保存の場合は30日程度の賞味期限です。作り置きと余ってしまったほうれん草のナムルの冷蔵保管、冷凍保存を解説しています

ほうれん草のナムルの常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

ほうれん草のナムルの日持ち、賞味期限~作り置きの日持ち、常温保管、冷蔵庫の保管、冷凍保存~

  • ほうれん草のナムルは、2日以内に食べるのが目標!

  • ほうれん草のナムルは冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

ここでは、作り置きする時の「ほうれん草のナムル」の常温、冷蔵庫保管、冷凍保存の日持ちと賞味期限について徹底解説しています

ほうれん草のナムルを常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • ほうれん草の日持ち、賞味期限「冷蔵庫で7日。茹でて冷凍保存で1カ月」

ほうれん草の日持ち、賞味期限は冷蔵庫で7日。茹でて冷凍保存で1カ月程度。

ナムルの具材として使う「ほうれん草」の日持ちについてです。保管方法は、主に2つ。1つ目は、冷蔵庫で保管する場合です。冷蔵庫なら、1週間程度、ほうれん草は日持ちします。もっと長期保管を目指すなら、一度、茹でてから冷凍保管する方法です。この冷凍の方法なら、ほうれん草は1カ月程度の賞味期限で日持ちします

  • ほうれん草のナムルの常温保管「1程度日が限界」

ほうれん草ナムルの作り置き、常温保管と日持ち、賞味期限

ほうれん草のナムルは常温保管は、基本NGです。常温の場合、もっても1日程度が限界です。パックや保冷容器に入れて冷蔵庫に保管するのが一番、理想的な保存方法ですので、常温ではなく、冷蔵庫で保管しましょう

ほうれん草のナムルの冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

ほうれん草のナムルの日持ち、賞味期限~作り置きの日持ち、冷蔵庫の保管、冷凍保存~

  • ほうれん草のナムルの冷蔵保管「春:2~3日」

  • ほうれん草のナムルの冷蔵保管「夏:2日」

  • ほうれん草のナムルの冷蔵保管「秋:2~3日」

  • ほうれん草のナムルの冷蔵保管「冬:3日」

ほうれん草のナムルの冷蔵庫保管は、パックや保冷容器を使います。この場合、ほうれん草のナムルは冷蔵庫で2~3日が日持ちする目安です。冷蔵庫はドアの開け閉めがあり、頻繁に使う家庭は温度の変化もあります。そのため、季節によって、春:2~3日。夏場:2日。秋:2~3日。冬場で3日ほどが日持ち目安になります

  • ほうれん草のナムルの冷凍保存「30日」

ナムルは基本的に冷凍保管は、解凍したナムルはパサパサします。冷凍の場合、30日程度保存が可能ですが、ナムルは2~3日程度で食べる量ごとに、冷蔵庫で作り置きした方が適しています

ほうれん草のナムルの日持ちと、賞味期限の解説をしました。作り置きに人気のナムルです。ナムルの場合、もやし以外に人参のナムルを作ることが多いです。もやし、人参のナムルの日持ちと賞味期限は、こちらで解説しています

人参ナムルの日持ち、賞味期限~作り置きの日持ち、常温保管、冷蔵庫の保管、冷凍保存~

日持ち:もやしナムルの日持ち、賞味期限

日持ち:人参ナムルの日持ち、賞味期限

スポンサーリンク


▼関連するライフハック