いかにんじんの日持ち、人気の郷土料理レシピ~冷蔵・冷凍保存は?

Author
  • 人参を使った郷土料理の簡単レシピ!

  • いかにんじんの作り置き、日持ち期間は?

いかにんじんとは、福島県の郷土料理。醤油とお酒、みりんで煮た「人参」と「するめいか」の長期保存食です。寒い冬を越すための保存食でしたので、もちろん作り置き可です

では、作り置き可の「いかにんじん」は、実際どれぐらい日持ちするのでしょうか。常温で放置してしまった時や、冷蔵保管の日持ちから冷凍保存の場合の賞味期限まで。カット済みの人参が腐るとどうなる?という話も含めて詳しく解説しています

郷土料理いかにんじんの簡単レシピ~作り置きを、冷蔵庫の常備菜から作る~

いかにんじんの日持ち、人気の郷土料理レシピ~冷蔵・冷凍保存の日持ち・賞味期限

  • 簡単レシピ:いかにんじん(2~3人分)

  • 材料:人参1本、するめいか1枚

  • 合わせ調味料:酒:大さじ1、醤油・みりん:大さじ3

ステップ1:スルメイカと人参を細切りにする

ステップ2:調味料と一緒に、合わせてポリ袋に入れる

ステップ3:軽くもみもみして、冷蔵庫で3時間以上、漬け込む

するめと人参を切って、合わせて漬け込む。この3ステップで「いかにんじん」は完成です。漬け込み時間は3時間以上から食べられます。現地では1日~3日、冷蔵庫で寝かすと、もう少し長い時間漬け込みます

郷土料理いかにんじんは、常温保管NG~放作ってからの賞味期限の目安、注意点は?~

  • 常温保管:日持ち目安:基本NG

  • 切り口から「傷むので、保管方法は冷蔵で」

人参は、寒さに強い野菜です。保管の適正温度は0~5度ですので、作り置きした時も常温はNG。人参は傷みやすく、特に切り口から傷みます。保管方法は常温ではなく、冷蔵庫が基本です

いかにんじんの場合も同様、基本的に常温で保管するのはNG、作ってからすぐ食べるとしても1~2時間以内で。ラップ有で少しでも状態を維持しましょう

冷蔵保管:郷土料理「いかにんじん」を冷蔵庫で保管~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

人参の作り置き:常温・冷蔵庫、冷凍保管の日持ち、賞味期限

  • 冷蔵保管:日持ち目安:5日

  • 冷蔵保管の方法:タッパー、保存容器

いかにんじんはポリ袋で漬け込みます。デキかがったら、タッパーに保管方法を変更しましょう!

人参は、保管に適した温度は「0~5度」と少し低温です。野菜室の7~8度より低い、冷蔵保管の方が実はむいているのです。この点、作り置きの場合なら、最初から冷蔵ですのでカット済みの人参は4~5日以内の日持ちです

冷凍保管:郷土料理「いかにんじん」を冷蔵庫で保管~日持ちの目安、賞味期限は?保管方法にコツはあるの?~

  • 冷凍保存:作り置きは、1カ月の日持ち

  • 保管方法①:おかずカップ+タッパー保管

おかずカップ

  • 保管方法②:フリーザーバック(空気をよく抜いて)

フリーザーバック

冷凍すると「1カ月」保管できます。方法は2つ。1つめは「おかずカップ+タッパーで冷凍」です。冷凍室の場所が気にならなければ、この方法が楽。お弁当や、ちょっとした副菜として付け合わせるときに、簡単に1食分ごとに保管できるからです

家族がいる方や、1度にたくさん使う方は、フリーザーバックの方があっています

人参の傷み判断、人参が腐るとどうなる?

輪切りのカット:人参

  • 人参(そのままの)の日持ち

  • 冷蔵:7日程度(適温0~5度)

人参の日持ちについてです。人参は、常温で保管すると、それほど長持ちしない野菜です。人参を保管する適正な温度は「0~5度」と冬なら、日の当たらない涼しい部屋や冷暗所で保管もできますが、春と夏、秋の季節では常温保管での放置はおすすめしません。人参の保管は、冷蔵庫の野菜室や冷蔵室で。この方法なら安全に1種間程度、日持ちします

  • 腐った時の見分け方:ぬめり、中身がドロドロ

  • 腐った味・臭い・見た目:酸味というより、酸っぱい

  • よくある食中毒 :下痢、嘔吐、吐き気

人参が傷むと、腐るとどうなる?という話です

人参が腐ると「表面に、ぬめり」が発生。中身は「ふにゃふにゃ」から「ドロドロ」になります。触ってみてヌルヌルしている人参は、中も腐っている可能性有りで、こういう時は腐っています

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないようにしましょう。

スポンサーリンク