きんぴらごぼうの日持ち期間!何日?常温・冷蔵庫・冷凍保存の賞味期限!

Author

「きんぴらごぼう」の常温&冷蔵庫・冷凍保存の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

きんぴらごぼうの日持ち、賞味期限~常温、冷蔵庫、冷凍保存~

  • きんぴらごぼうの作り置き!余ってしまった時は?

  • きんぴらごぼうは冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

スーパーやお惣菜屋さんでも大人気の「きんぴらごぼう」ですが、手作りする方も多いですよね。

パッケージ化された市販のキンピラは賞味期限がわかりますが、自分で作った場合はどうでしょうか。大量に作る方や作り置きする方も多いですので、きんぴらごぼうの日持ち、賞味期限について徹底的に解説していますね

  • きんぴらごぼうは、何日もつか?

きんぴらごぼうは、冷蔵庫の保管なら密封容器(タッパー)で3~5日。冷凍保存で1か月程度の日持ち期間があるとされます。しかし、よく作る『きんぴらごぼう』に『人参』が入っている時は、人参の方がゴボウより傷みやすいので、3~5日より短くなります。このあたりの事は、次の項目で説明しますので、まずはココを頭に入れておきましょう

「きんぴらごぼう」を常温保管する場合(手作りの時!)~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • きんぴらごぼうの常温保管:1日(夏場は、半日)

きんぴらごぼうの常温保管、日持ちと賞味期限

きんぴらごぼうを常温保管する場合の日持ちの目安は、1日程度の賞味期限です。1日と言ってもラップもせずに放置してしまったら、半日程度でダメになってしまいます。

夏場はもっと傷みやすく、半日程度が目安です。基本的に、常温での保管はおすすめしませんので冷蔵庫で保管しましょう

  • 注意点は?

  • 「こんにゃく ⇒ 鶏肉 ⇒ 人参 の順番で腐りやすい」

よくある「きんぴらごぼう」の食材と日持ちについてです。人参が入っていると、きんぴらは傷みやすいと聞いたことがありませんか?

この話は、人参を使うと「きんぴら」が腐りやすい!という事ではなく、「人参」の方が「ごぼう」よりも傷みやすいです。

人参の日持ちは、冷暗所で1週間程度、ごぼうは夏場で1、2週間、冬場で1カ月程度も日持ちします。この日持ち期間の違いから、その話が間違って伝わってしまった経緯があります

むしろ、「きんぴらごぼう」の日持ちの注意点は、人参よりも「こんにゃく」や「鶏肉」の方が傷みやすいので冷蔵で保管する場合もなるべく、こんにゃく、鶏肉は先に食べてしまう方が良いです。もしくは、少し味付けを濃いめにするだけでも日持ちしやすくなります

「きんぴらごぼう」冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合(手作りの時!)~日持ちの目安、賞味期限は?~

  • きんぴらごぼうは冷蔵庫で何日?

冷蔵庫の「きんぴらごぼう」の日持ち、賞味期限(作り置き) 

  • きんぴらごぼうの冷蔵保管「春:3~4日」

  • きんぴらごぼうの冷蔵保管「夏:3日」

  • きんぴらごぼうの冷蔵保管「秋:3~4日」

  • きんぴらごぼうの冷蔵保管「冬:4日」

きんぴらごぼうを冷蔵庫で保管する場合、日持ちする目安は、3~4日、春:3~4日。夏場:3日。秋:3~4日。冬場で4日ほどの賞味期限です。3~4日程度、冷蔵庫で保管してればOKです。お弁当のおかずなどに使う場合もあるので、なるべく3日以内に食べるようにしましょう

  • きんぴらごぼうの賞味期限はどのくらい?

スーパーやコンビニにある『パッケージ化された金平ゴボウ』は、1~2週間程度で賞味期限が設定されている商品が多いです。しかし、パッケージを開け開封後は『お早めに』とありますので、目安としては『3~4日』と手作りの場合と同じで考えた方が良いです

  • きんぴらごぼうの冷凍保存「21日、3週間程度」

冷凍の「きんぴらごぼう」の日持ち、賞味期限(作り置き)

冷凍できんぴらごぼうを保存する場合は、約21日(3週間)程度の日持ちと賞味期限です。人参とゴボウだけの「きんぴら」であれば、冷凍でも十分美味しく食べられますが、「こんにゃく」は冷凍にむいていないので、あまりおすすめしません。

スポンサーリンク