めんつゆ味玉の人気レシピ+作り置きが簡単!冷蔵・冷凍保存の方法と日持ち

Author

めんつゆ味玉の人気レシピ+作り置きが簡単!冷蔵・冷凍保存の方法と日持ち 

  • ラーメン屋の味に!麺つゆで作る味玉レシピ!

  • 手作り味玉の保存方法+賞味期限・消費期限切れを解説!

めんつゆは、出汁+砂糖+醤油とみりんから作られている事もあり、蕎麦やうどんのツユですが作り置きでは活用の幅が広いタレになります。味玉を真空パックの買うのもったいないし、自分でデキるなら手作りしたいですよね

今回は、煮ないで作る!簡単にデキる!ラーメン屋の味の味玉レシピを!めんつゆで作った味玉の常温放置の時間や冷蔵庫保管、冷凍保存について詳しく解説していますので目安にしてくださいね

めんつゆで漬けて作る!めんつゆ味玉の人気の作り置きレシピは?

 めんつゆ味玉の人気レシピ:作り置きの常温・冷蔵庫・冷凍保存の日持ち期間

  • めんつゆ味玉の作り置きレシピは?

  • めんつゆ味玉の作り方:保存袋と一緒に調味料を!

  • 黄金比率:ゆで卵1個に対して、3倍濃縮:大さじ1

  • +すりおろしニンニクを入れると◎

めんつゆには、2倍、3倍といった濃縮タイプがありますよね。3倍濃縮の「めんつゆ」なら「卵1個に対して、大さじ1(約15ml)」が美味しく味玉を作る適量、茹で卵は4個ほど用意し、大さじ2で作ると思ってくださいね

  • 2倍濃縮の場合

  • めんつゆ2倍濃縮:大さじ2

  • 卵2個に対して、2倍濃縮は大さじ1

  • +砂糖、醤油を大さじ2入れると、味が引き締まる

めんつゆ2倍濃縮を使って煮ないで味玉を作る時は「黄金比:卵2個に対して、2倍濃縮は大さじ1」です。

この割合で作る時は「+砂糖、醤油を大さじ2」入れて作ると、味が美味しくなります。また、3倍濃縮と同じように「すりおろしニンニク」で大人の味に。にんにくがない場合は、すりおろし生姜も悪くないです

めんつゆ味玉を常温で放置してしまった!~作ってからの賞味期限・消費期限切れは?~

めんつゆ味玉の常温・冷蔵庫保管、冷凍保存の作り置きの目安は?

  • めんつゆ味玉の常温の場合:基本NG

  • 作ってから:夏2時間、冬:3~4時間(ラップ無)

  • タッパー保管:夏1日、夏以外:1~2日

めんつゆ味玉のは常温保管はむいていません。漬け込みを完了しためんつゆ味玉を、お皿に出した後、放置してしまった!そういった常温放置の場合は、夏場なら焼いてから2時間以内、冬場で半日(約3~4時間以内)が理想的です

麺つゆで漬けた味玉は、タッパーに入れていたのなら常温でもある程度、日持ちします。味玉は10度以下で保存するのがベストですが、部屋の温度が20度以下であれば「タッパーで密封保管:常温1~2日」は比較的大丈夫な方ですので、冷蔵庫にしまい忘れたら温度と密封状況を確認して冷蔵へ戻す方法もありです

しかし、ラップやタッパーをしなかった場合の味玉はダメです。卵はたんぱく質の塊で、加熱した卵は、サルモネラ以外の菌の餌にもなります。常温はかなり危険。味玉はラップ無しで空気に触れる状態ですと1時間程度から菌がわきます。安全に卵を食べることを考えたら、ラップをして2時間ぐらいが目途として考える方が良いかと思います

めんつゆ味玉は冷蔵庫で保管できる?~冷蔵保管の目安と日持ち期間+保存方法~

めんつゆ味玉を保存する方法:保存袋(ミニ・ジップロック)とタッパーで2重にする

  • めんつゆ味玉の冷蔵保管は?

  • 冷蔵保管:4~5日

  • 夏:4日以内推奨

  • 保存方法:保存袋+タッパー保管

めんつゆ味玉の冷蔵保管の日持ちは「夏以外:冷蔵4~5日、夏場:4日以内」が作り置きの推奨の日持ちです。

冷蔵庫で保管する時は「作りたて→温度が冷めるまで待つ」といった工程も必要、アツアツの茹で卵は温度が冷めてから。作る時に「茹で卵を水に浸す→水をよく切る」といった作り方にすると、素早く卵を冷やすことができます!

  • 半熟の場合は、3日以内が推奨!

めんつゆ味玉の卵が、半熟で作った時は「2~3日」が冷蔵保管の推奨です。

とろとろっとして美味しいのですが、半熟の時は夏2日、夏以外は冷蔵保管で3日以内に食べきるようにしましょう

めんつゆ味玉を保存する方法:保存容器のみで保管もダメではない

  • 保存容器のみはダメなの?

  • この方法もあり!だけど、基本は袋に入れて^^

めんつゆ味玉は、小さいサイズの保存袋やジップロックに包み、タッパーに入れ冷蔵庫の保管がいいよという風に説明しました。しかし、お水で麺つゆを薄めて「タッパーにそのまま保管」という方法もあり、この方法がダメな訳ではありません。しかし、味がなじむのが遅くなり、少し漬け込み時間がかかると思ってくださいね

めんつゆ味玉は冷凍保存できる?味付けき卵が冷凍できない理由~

  • めんつゆ味玉の冷凍保存:NG

  • 理由:水分の多い白身は冷凍できない

めんつゆで漬け込んだ味付き卵は残念ながら、冷凍保管ができません。同じ卵料理のスクランブルエッグや炒り卵と違い、黄卵と白身を混ぜていない卵は冷凍すると「白身(卵白)の食感がぐにゃぐにゃ」になります。この現象は、水分を多く含む白身によく起きる現象と言われ、しっかりと煮込んで作った卵であれば、冷凍しても大丈夫な場合がありますが、無理に冷凍すると失敗する事が多いです。失敗すると食べられない訳ではないとしても、気持ち悪いので冷凍はおすすめできません

さて、ラーメンの具やトッピングに使える。簡単に「めんつゆで漬けるだけ」の味玉レシピを紹介しました。基本的に、卵の白身は冷凍不向きですので、作り置きは冷蔵保管するのがベストな方法かと思います

夕食のラーメンの献立例とおすすめのトッピング

お家で作るラーメンも「めんつゆ味玉」でお店のようなラーメンになりますよね^^

お昼や夕食のラーメンは単品!ラーメンだけになりがちですから、何か1品あるといいかと思います。こちらでラーメンの日の献立例と、トッピングならコレがいいよ!っていうのを紹介しますので、コレも参考にしてもらえるとうれしいです

献立例:夕飯のラーメン献立・付け合わせ!夜ご飯の副菜・おかず

献立例:冷やしラーメンの献立&付け合わせ

醤油:醤油ラーメンの具ランキング!人気から定番・簡単なトッピング

塩味:塩ラーメンの好きな具&トッピング、変わり種・定番で人気

味噌:味噌ラーメンの具ランキング!定番で人気のレシピ

スポンサーリンク