【日本発祥のホワイトデー/バレンタインデー】何故、日本だけ?海外や外国、他の国でも一部浸透~マシュマロデーから始まったホワイトデーの起源~

Author

ホワイトデーとバレンタインデーは、日本だけ?日本発祥のホワイトデーのお返しの習慣は、マシュマロデーを起源とする!欧米、ヨーロッパといった海外や外国、他の国でも一部浸透しているが、日本ならではの文化。そもそも、バレンタインデーにチョコを渡すのも日本だけ。イギリスでは、バレンタイン・カードを送って告白をする!プレゼントを贈る習慣はあるものの日本のバレンタイン、ホワイトデーは少し商業的な側面もあります

日本発祥!ホワイトデーは外国からやってきた習慣ではなかった!?

ガトーショコラとバレンタイン

  • バレンタインやホワイトデーは外国の文化でしょ?

  • 外国人もチョコ渡したり、お返しをする日じゃないの?

バレンタインデーやホワイトデーといったカタカナ用語のイベントの日は、外国でもある習慣っと思っていませんか?確かに、欧米、ヨーロッパといった外国でもバレンタインの日にプレゼントを贈る事があります。イギリスでは、バレンタインの日に、カードを送って男性から告白をするなど。16世紀ごろから、バレンタイン・カードの習慣があると聞きます

しかし、バレンタインデーに女性がチョコレートを渡す、ホワイトデーに男性がお返しをするという日本の事情に、海外の方は驚いたり、何言っているの?という顔をする事も。それもそのはず、この日本のバレンタインとホワイトデーの習慣は、日本だけの話。日本でそういった事をしているよっという話が伝わって、一部外国でもチョコレートを渡したりする方もチラホラ。この話は、バレンタインやホワイトデーの日本での起源を知って初めて理解できる事です

日本のバレンタインデーの起源~新聞広告と各種イベントから始まった~

  • 「1958年:バレンタインセール(メリーチョコレート)」

日本での最初のバレンタインデーは、1958年。伊勢丹の高級チョコレートのメリーチョコレートが行ったバレンタインセールが起源とされています。当時は、ぜんぜん売れなかったようで、3日間で板チョコ5枚、カード4枚が売れたのみ。売店での販売で爆発的にヒットしたのではなく、どちらかというと最初は失敗に終わった・・・という感じでしょうか

  • 「1960年:バレンタイン企画を新聞広告に(森永製菓)、以後、徐々に浸透」

バレンタインの情勢が変わり始めるのは、新聞広告を使った宣伝。1960年に森永製菓が新聞広告をすると、1960年代後半にはバレンタインが定着するイベントになったとされています

という具合に、日本のバレンタインデーは海外のバレンタインデーを商業的に取り入れてきた経緯があり、マスコミを使った広告宣伝によって広まった習慣と考えて良いでしょう。もちろん、この事を否定するつもりもありません。土曜の丑の日にウナギを食べるのも、江戸時代の平賀源内(キテレツ大百科のキテレツ斎のモデル)のキャッチコピーから始まっています。イベントが浸透したという事は、広告として成功をしたと考えて良いでしょう

日本のホワイトデーの起源~日本だけのホワイトデー、マシュマロデーに由来する~

  • 「ホワイトデー起源は、マシュマロデーに由来する」

マシュマロ・チョコ

バレンタインのお返しが、まだまだ定着していない時代に、女性だけチョコレートをあげるのは不公平という意見。せめて、キャンディやマシュマロでもお返しが欲しいという雑誌の内容をヒントに、老舗の和菓子屋: 石村萬盛堂が、チョコレートをマシュマロで包んだお菓子を開発。チョコレートのお礼に、僕の優しさを包み込んでお返しするという意味を込めて、3月14日をマシュマロデーとしたのが、ホワイトデーの起源とされ、のちにマシュマロの白さ=ホワイト(白)がホワイトデーとなったとのことです

スポンサーリンク


▼関連するライフハック