新幹線の切符をキャンセルするやり方は?キャンセル料や手数料は無料になるの?

Author

新幹線の切符をキャンセルするやり方は?キャンセル料や手数料は無料になるの?

  • 新幹線の切符はキャンセルはできる!

  • 新幹線キャンセルの返金、手数料を徹底解説!

新幹線を予約したけど、事情により旅行や移動をやめることにした。その場合、新幹線の切符はキャンセルされお金は返金されるのでしょうか。

新幹線はキャンセルという概念はなく、正確には「払い戻し」という表現を使います。結論から言うと「払い戻しは可能」でありますが、払い戻しをする日、タイミング、新幹線の切符の種類によって手数料が違ってくると思ってくださいね

  • 新幹線の自由席のキャンセル料は?

  • 当日(乗る日):440円、2日前まで:560円

新幹線の切符は「乗車券」と「特急券」の種類があり、どちらも新幹線の切符に含まれています。新幹線の切符に乗車する日があり「当日(新幹線に乗る日)のキャンセル料は、乗車券:220円+特急券220円=合計440円」がキャンセル料、手数料の金額です。要するに、返金、払い戻しは440円、差っ引かれる!という事です

新幹線に乗る2日前まで、前日より前にキャンセルする時は「220円+特急券340円=合計560円」がキャンセル料です。当日よりも手数料がかかりますが、すでにお出かけや旅行をキャンセルする予定なら、120円差額があっても早めに払い戻しする方が良いです

  • 新幹線の指定席のキャンセル料は?

  • 当日:乗車券220円+特急料金の30%

  • 前日まで:乗車券220円+特急券340円=560円

指定席・グリーン車などは、ちょっと複雑。2日前と当日でキャンセル料金が跳ね上がるほど違ってきます

新幹線に乗る日の発車2日前、前日より前にキャンセルするときは「560円」で済みますが、当日となると「特急料金の30%」となります

  • 例.15000円の切符の場合

  • キャンセル料合計:2020円

  • 内訳:乗車券9000円→手数料220円

  • 内訳:指定席特急料金6000円→手数料1800円

指定席・グリーン車の切符は「乗車券+指定席特急料金」という内訳になっており、それぞれにキャンセル、払い戻しには手数料がかかります。乗車券の部分は220円と同じですが、指定席特急料金は料金の30%がキャンセル料になると、前日より前のキャンセルの340円に比べ、かなりの高額に。つまり、指定席・グリーン車の切符を買った人は、2日前までというか、忘れないうちに早めに払い戻しするべきです

新幹線の切符をキャンセルするやり方:みどりの窓口

  • 新幹線の切符を払い戻しできる場所は?

  • →みどりの窓口

券売機や窓口で買った新幹線の切符は「みどりの窓口」で払い戻しです。大きな主要な駅にある、あの新幹線の切符を買う場所、池袋なら西口と南口の間にある切符売り場ですね。ココに切符を持って行って、キャンセルしたいと言えば対応してくれます

  • えきねっとやeチケットのキャンセル料は?

  • 受取前:自由席→220円、指定席320円

  • 受け取り後:自由席→220円、指定席340円(2日前まで)

新幹線の切符は、窓口以外にネットやアプリからも購入できますよね。 えきねっとやeチケットの場合は、まだチケットを受け取っていない時なら「サイトからキャンセル」→「自由席→220円、指定席320円」です

  • 指定席の切符を受け取り後は?

  • 当日キャンセル:特急料金の30%

チケットを受け取ってしまった時は、自由席は当日でも220円ですが、指定席は、ちょっと複雑。2日前までなら「指定席340円のキャンセル料」で済みますが、当日は、さきほど説明した「あの30%ルール」です。15000円の切符で2000円ぐらいかかってしまうキャンセル料タイプになるので、切符受け取り後は、サイトで買っても早めの払い戻しをする必要ありです!

  • 新幹線のキャンセル料を無料にする方法は?

  • →基本的に存在しない

  • →例外:事故、災害による運休・遅延など

新幹線の切符のキャンセル料金を払いたくない。そう思っても、基本的に無料にする方法はありません

飲食店や居酒屋を予約して当日行かない!などマナー違反する人いますが、何事にも原価(サービスを提供するのにかかるお金)や機会(商品を売るタイミング)というモノがあります。それは新幹線も同じ、予約するならお客様の為に、働いている駅員さんが動いているのを思い浮かべてくださいね

お客様都合でキャンセル料を無料にする事はできません。しかし、新幹線の場合、新幹線側の都合、たとえば「事故、災害による運休・遅延」が発生し、新幹線が動かなかったといったケースでは「手数料が無料で返金」されます。

他には、コロナ禍の時の「緊急事態宣言が発令→外出自粛」になった時は、手数料が無料で返金でしたね。いずれにしても特殊な事例やレアなケース以外はキャンセル料は発生すると思ってOK。むしろ、キャンセルするなら早めに、当日ギリギリまで切符を払い戻ししない方が、多くのお金を払うリスクがありますね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック