たたきごぼうの人気レシピ、日持ちは?冷蔵庫保管・冷凍保存の方法

Author
  • たたきゴボウの作り方、レシピは?

  • 男子に人気!常備出来る1週間の作り置き

ゴボウは栄養満点、食物繊維もいっぱいで美味しい副菜が作れます。ゴボウは、実よりも皮に近い部分に栄養いっぱいありますので、このあたりをよく、調理して作るといい感じ。酢を使ってるので作り置きも出来ると、献立を考える手間も省けて2重に嬉しい副菜ですよね

ここでは、常備菜「野菜:ゴボウ」を具材にして、お酢で作る「たたきごぼう」のレシピから。気になる作り置きの常温、冷蔵庫、冷凍保管の日持ち期間、保管する方法まで。もしも、腐ってしまった時の「たたきごぼう」の見分け方、味、臭いも一緒に説明しています

たたきごぼうの作り置きのレシピ~日持ちする簡単な作り方、人気の常備菜~

  • たたきごぼうの作り置きレシピ!

たたきごぼうの人気レシピ、日持ちは?冷蔵庫保管・冷凍保存の方法

  • ごぼう:1個

  • 合わせ調味料の分量、作り方は?

  • 大さじ2:酢(穀物酢を推奨)

  • 大さじ1:醤油

  • 大さじ1:本みりん

  • 最後に、お好みでいりゴマ(白)を!

ステップ1:ぼごうを4、5cmにカットし、あく抜きする

ステップ2:煮だてたお鍋に、ゴボウを入れ弱火で柔らかくなるまで茹でる

ステップ3:水気を切って、合わせ調味料を加える

ステップ4:あら熱がとれたら、冷蔵庫へ(※タッパー推奨)

この4ステップでたたきごぼうは完成です。たたきゴボウは熱いうちに「合わせて調味料」の味がなじみますので、水気を切ってからあたたかいうちに。あら熱がとれたら、タッパーに入れ冷蔵庫にいれましょう。この癖をつけていると、常温で放置してダメになることを回避できます

では、レシピを紹介しましたので。次に、作り置きした場合の日持ち期間を説明しますね。まずは、具材に使う野菜の日持ちからです

たたきごぼうの日持ち&賞味期限~具材の「ゴボウ」は、どれぐらい日持ちするのか?~

ごぼう(あく抜き後)の常温・冷蔵庫・冷凍保存の日持ち、賞味期限

  • 具材:ゴボウの日持ち(カット済み・調理済み)

  • 冷蔵保管:3~4日、冷凍:2週間

まずは、たたきゴボウに使う野菜:ごぼうの日持ちです。

ごぼうは、カットし+あく抜き後の状態で「3~4日」冷蔵保管できます。冷凍の場合は、カット後も、そのままのどちらも冷凍可です。常温ですと、土がついてるものなら新聞紙で包んで保管できますが、基本は冷蔵・冷凍が推奨です

たたきごぼうを常温保管する場合~放置してしまった時の目安、作ってからの賞味期限は?~

  • 常温保管:傷みやすいのでNG

  • 作ってから、3時間以内(ラップ:有)

  • (冷蔵庫、タッパー保管推奨)

たたきごぼうは酢であえているとはいえ、常温保管はNGです。

ラップ有の状態でも作ってから3時間以内、水分が抜けるとカピカピになってしまいます

献立の副菜になりますので、今日食べる分と「作り置き用」を一緒に作る。作り置き用のタッパーに保管しましょう。すぐに食べないなら、最初からタッパーで冷蔵保管OK。作りたてのホカホカより、冷やした方が美味しいですよね

そういった意味からも、初めからタッパーに入れ冷やす。この作り方(レシピの手順通り)をしていれば、常温放置してダメになってしまう事も防げます!

たたきごぼうを冷蔵庫に保管する場合~冷蔵の日持ち、賞味期限の目安は?~

  • 冷蔵保管:3日

  • (消毒した容器、タッパーは清潔に)

作り置きするときは、特にココに注意「消毒した容器」、タッパーは清潔な状態が望ましいです。正しい保管方法なら、冷蔵庫で3日と日持ちます

  • 冷蔵保管の方法:密封したタッパー保管

作り置きのタッパー保管

お弁当用なら小分け(おかずカップで)にしたお浸しを、タッパーに入れ冷蔵保管します。お弁当用でない場合や、家族がいるから、今週中に食べるからという感じなら小分けしなくてもOKです

たたきごぼうを冷凍保管する場合~冷凍の日持ち、賞味期限の目安は?~

  • 冷凍保存:2週間

たたきごぼうは、作り置きを冷凍可です。を冷凍する場合です。冷凍保存は、2週間です。

保存の方法は、お弁当で使う場合なら「小分け+タッパー保管」、冷蔵の場合で解説した方法と同じです。しかし、この方法の弱点は「冷凍室のスペースを奪う」ことです。作り置きは、他のメニューも保管したいので、できれば、場所に余裕をもちたいですよね

  • 2重密封(ラップ+保存袋)

2重密封の冷凍保存

酢ごぼうを「ラップ」で包み、その状態のモノを「保存袋(ジップロック、フリーザーバック)」で2重に包みます。この方法なら、冷凍室の場所も取らずに、かさばることもないです

たくさん大量に「たたきごぼう」を作ったときは、ニオイの充満も防げますので、この方法が良いです

ごぼうが腐った時の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

  • 見分け方:ごぼうが曲がる、中身がドロっとする

  • 腐った見た目:乾燥してカビがあるものはダメ

  • よくある食中毒 :消化不良便、下痢

腐ったごぼうの特徴です。

買った状態のゴボウなら、長く放置すると「ゴボウが曲がる→しなしな→中身が溶ける」という感じなります

たたきごぼうの場合は酢であえてますので、あまり食中毒の事例を見かけませんが、作り置きするときは浅漬け状態になりがちです。漬物系の食中毒は「常温+浅漬け」の時が、一番、食中毒事例が多いので、常温、特に10度以上の温度の環境は避けるべきです

この他にも、異臭(チーズや納豆っぽい臭い)を放つ、酸っぱい臭いや生ごみの臭いがするもの。見た感じ:白っぽいカビ(黒、茶色の場合も有)、表面にぬめりがある。変色した水分が垂れている、ネバネバした糸を引くなど、こういった症状が確認されたら、アウトですので、絶対に食べないようにしましょう

スポンサーリンク