油抜き前・後の油揚げの日持ち、常温・冷蔵・冷凍の作り置きの賞味期限

Author

油揚げの常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

油揚げの常温・冷蔵・冷凍の日持ち&賞味期限

  • 油揚げを作り置きしたい!!

  • 油揚げは冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

最近では、べたべたした油揚げって減ってきましたし、常温でも長期保管できる「油揚げ」もありますが、一般的な油揚げは、まだまだ日持ちが短いですよね。油揚げは、常温に向きませんが冷凍の場合は、冷凍は油抜きすると比較的長く持ちます。このあたりも含めて、油揚げの日持ちについて紹介しますね

ここでは、油揚げの賞味期限、日持ちを常温保管、冷蔵庫保管、冷凍保管と保管方法の違いによっての賞味期限と、季節別の『油揚げの日持ち目安』を徹底解説しています

油揚げを常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • 常温保管の日持ち「目安は、当日(もしくは、一晩まで)」

油揚げの常温保管の日持ち「目安は、当日(もしくは、一晩まで)

あえて、油揚げを常温で保管する方はいないと思いますが、「冷蔵庫にしまい忘れてしまった場合」など、油揚げを常温放置してしまた時は、日持ちは当日まで。涼しい季節でも、一晩までです

1か月以上、常温で保管できる油揚げも世の中にはありますが、あまり普及しているタイプではないので過信は禁物。常温保管、素材のままの保管は十分注意しましょう。強い油っぽい、腐った臭いなどしたら完全にアウトです

油揚げの冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

油揚げを冷蔵庫で保管する場合

  • 冷蔵保管「春:3~5日」

  • 冷蔵保管「夏:3日以内」

  • 冷蔵保管「秋:3~5日」

  • 冷蔵保管「冬:3~5日」

油揚げを冷蔵庫で保管する場合です。油揚げの目安は「3~5日程度」とされますが、夏や熱中症になりそうな季節は、若干注意が必要です。冷蔵庫で保管する場合でも、春・秋・冬なら、3~5日。夏場は、3日以内を目安に、油揚げを保管して食べましょう

  • 油揚げの冷蔵注意点「油揚げは酸化しやすい=腐りやすい」

油揚げの冷蔵日持ちは、「3~5日程度」ですが、細かく切って使う事が多い食材です。空気に触れることも多く、一般的には酸化しやすい(腐りやすい)食材です。場合によっては、目安の日数よりも早く食べる。油揚げを使う予定がないのなら、冷凍保存に切り替えた方が良い食材です

  • 油揚げの冷凍保存「油抜き前:2週間程度の日持ち」

  • 油揚げの冷凍保存「油抜き後:1か月の日持ち」

油揚げの冷凍保存「油抜き前:2週間程度の日持ち、油抜き後:1か月の日持ち」

油揚げの冷凍は、「油抜き:前(未開封のまま、冷凍保存)」と「油抜き:後」の状態で保管できる日数が違ってきます。どちらが良いのかは普段の料理方法によって使い分けるといいです。

そんなに油揚げをたくさん使わない方、比較的早く食べる方は、「油抜き:前(未開封のまま、冷凍保存)」で使う分のみの保管で十分。今どきの油揚げは、ベタベタしないものも多く、2週間で使いきってしまうなら、こちらの方法の方が良いでしょう

作り置きや時短料理したい方は、油抜きして長期保管できる方が良いです。油抜きしてますので、すぐに使えますし、日持ちも長いのがメリットですよね

スポンサーリンク