赤福餅の日持ち期間(常温・冷蔵庫・冷凍保存)と賞味期限・消費期限切れを解説

Author
  • 自分で手作りしたら?赤福餅の長期保存は冷凍保存!

  • 赤福餅の常温・冷蔵庫、冷凍保存の日持ち目安を徹底解説!

赤福餅とは、こし餡+餅粉からつくっていて、独特のあの甘みがとても美味しい三重県、伊勢の名物ですよね。ついつい大量に買ってしまう味なので、旅行に行ったときに必ずお土産に買う方は多いのではないでしょうか

赤福餅は「あんころ餅」の一種として考えられますので、たくさんある時は冷蔵保存してもいいと思います!

今回は赤福餅の保存方法と日持ち期間をばっちり解説しますので、買って来て余った時など参考の目安にしてもらえると嬉しいです

赤福餅の日持ち期間(常温・冷蔵庫・冷凍保存)と賞味期限・消費期限切れを解説

  • 赤福の保存は、常温・冷凍の2種類!

赤福は、どれも材料に「餅粉」といったもち米から作っていますので、冷蔵庫の保管が不向きな和菓子です。餅菓子の種類である「赤福」は、すぐに食べるつもりなら常温、長期保存は冷凍保存がベストな保管方法です。

  • お店の赤福は賞味期限、消費期限を守る!

賞味期限とは期限を過ぎても、食べられる可能性がある期間です。しかし、5日以内に腐ってしまう可能性のある食品は『消費期限』が設定されており、消費期限切れは食べることはNGです

赤福は銘菓の商品を見ると作ってから「夏の期間:2日(5月頃から10月)」と「冬の期間:3日(10月から5月)」と、季節によってちょっと消費期限が違う!というのがポイントですね。

では、赤福を自分で作った、手作りしたときはどうするべきでしょうか。次に、自分で作った時の保存方法を紹介しますね

自分で作った!赤福餅の常温保管:日持ちする賞味期限の目安は?常温の保管温度は?

  • 手作りした!赤福餅の常温保管の目安は?

  • 10度~15度:1日程度(当日中)

  • 10度前後:2~3日

  • 推奨の保管温度:4度以上、10度前後まで

  • 場所:高温多湿を避ける、日のあたらない涼しい場所

赤福餅を買うとパッケージに「高温多湿・直射日光を避ける」と「涼しい場所で保管」と書いてある事が多いと思います。商品の場合は、賞味期限の間は、常温で問題なし。自分でつくった手作り赤福は「基本:当日中、条件によって2~3日が目安」です

  • 常温の保管方法:ラップで乾燥防止!

赤福餅で食通毒の原因になる菌は10度以下で繁殖を抑えられる事が多く、12度から繁殖する菌もいます。この考えからすると「常温でも10度以下」が望ましく「菌の付着をさけるために、ラップやパッケージのまま保管」するのがベストですね

1つの基準・目安として、常温なら『10度前後の直射日光があたらない場所で保管』と考えて良いと思います

自分で作った!赤福餅を冷蔵庫に保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?

和菓子の冷蔵庫保管の注意点

  • 赤福餅の冷蔵保管:NG

  • 餅粉が材料の赤福餅は、冷蔵で固くなる

  • 夏など、常温が心配なときのみ

赤福餅は餅粉から出来ていますので、0~4度の温度は水分が抜けパサパサになる特徴があり、冷蔵庫の保管は適していません。餅粉が材料、でんぷんを含む和菓子は「0~4度の温度で固くなる性質」のため、冷蔵庫の保管は不向きです

しかし、夏の暑い日など25度以上の部屋の中は、菌の繁殖しやすい温度帯になりますから、常温保管が基本と言えども長く日持ちしません。夏は一時的に、その日のうちに食べるつもりで「一時的な冷蔵保管」も視野に入れてくださいね

自分で作った!赤福餅を冷凍保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?解凍方法・温めなおしとは?

冷凍保存の方法 

  • 赤福餅の冷凍保存:2週間~1か月

  • 冷凍焼け対策なら、2週間以内が推奨!

赤福餅を買いすぎて、大量に余っている!赤福餅は冷凍できますから、すぐに食べる予定がないなら、冷凍保存です

ご飯の冷凍ストックが可能なのと同じ原理で、赤福餅は冷凍保存できます。保存期間の目安は『1か月以内』ですが、冷凍焼けをして味・食感が急激に悪くなることがあるので「2週間以内」が、おすすめの冷凍期間です

ジップロック

  • 赤福餅の冷凍保存の方法は?

  • →個別にラップする

  • →保存袋(ジップロック保管)

赤福餅の冷凍保存は「①小分けしてラップをする」+「②保存袋に入れ冷凍する」のこの2つ。二重保存することで冷凍出来ます

和菓子は常温保管が基本とはいえ、日持ち期間が短いので、すぐに食べなのなら冷凍保存で長期保管するのが、おすすめです。冷凍することで「2週間~1か月」の時間がありますので、その間に食べればOK。腐ってしまう心配もなくなりますよね

  • 赤福餅の解凍方法は?

  • 冷蔵庫へ保管場所の変更:6時間程度で解凍

  • 常温2~3時間の自然解凍

赤福餅の冷凍からの解凍方法は2つ。常温の自然解凍なら「2~3時間」、冷蔵庫の中で解凍するなら「6時間程度」です。

さて、赤福餅の保存方法と日持ちの目安を紹介しました。日持ちの目安は数日あれば食べられる期間ですが、なるべく早めに食べる方が美味しく、安全であるのは間違いないです。お土産なので長く楽しみたい、大量にあるから食べきれない時は冷凍保存がいいと思います

スポンサーリンク