キャベツスープの日持ち・保存方法!コンソメ味の常温・冷蔵保管、冷凍は?

Author
  • キャベツスープの日持ちと賞味期限は?

  • キャベツは鍋ごと冷蔵保管、冷凍保管できるの??

ウインナー入りの子供が喜ぶ「キャベツスープ」です。キャベツが大量に余ってる日など、どさっとたくさん消費できるスープです。でも、作りすぎて余ってしまった。翌日も食べたいからとっておきたい。お弁当用に作り置きを!と要望もたくさんありますので、日持ちする方法、常温の賞味期限から、冷蔵庫の保管、冷凍保存を詳しく説明しますね

キャベツスープの人気レシピ~日持ちするスープの作り方、作り置き用のレシピ~

  • キャベツスープの人気レシピ

キャベツスープの日持ち・保存方法!コンソメ味の常温・冷蔵保管、冷凍は?

  • 材料:キャベツ 150g(1/6個程度)

  • 材料:ウインナー、2、3本

  • 調味料:コンソメスープの素

  • 粗びきコショウ、塩を味付けに少々

ステップ1:キャベツをカットする

ステップ2:お鍋に火をかけ、コンソメスープの素(固形)を入れる

ステップ3:煮だったら、キャベツを入れる(5分)

ステップ4:ウインナーを入れて、10分煮る

この4つのステップで「キャベツスープ」は出来ます。コンソメ味ですので、最後に「粗びきコショウと塩」で味を調整してくださいね

キャベツスープの常温保管~常温保管は基本NG、鍋ごと保管する場合の注意点は?~

  • 常温保管:基本NG

  • 夏は半日かからず、腐ってしまう事も!

  • 菌が繁殖する温度は、20~50度(43度以上で最も繁殖)

煮込んだスープは、食材からうま味がたっぷりありますから、菌が繁殖しやすい環境です。特に菌(ウェルシュ菌など)は、20~50度前後(43度以上が一番、増える)で繁殖すると言われています。日本の気温からして、冬以外は常温保管は難しいですし、今や冬でも家の中は暖房で温かいと、常温での保管はむいていません

作ったスープが余って残ってしまった時は、まずは冷蔵庫へ。数日食べる予定がないなら、冷凍しましょう

  • 鍋ごと保管でやるべき事、注意点は?

鍋ごと保管でやるべき事

  • 定期的な加熱、再沸騰させること

  • 75度以上、1分間以上の加熱を!

定期的な加熱をすることで、スープは日持ちするようになります。

基準としては「75度以上の温度で、1分」でほとんどの菌(腸炎ビブリオやO157など)は死滅するからです。しかし、食中毒よくある原因の「ウェルシュ菌」は完全には死滅しません。増殖するウェルシュ菌は加熱処理で死滅するとされますが、芽胞を作った状態ですと100度の温度に6時間耐久するとされます

さっき加熱処理したから大丈夫と思っても、増殖する菌は死滅しても、芽胞はいますので。また、復活すると思ってください。そういう意味では、鍋ごと保管はめんどうな事も以上に多いので、あまりおすすめできません

キャベツスープの冷蔵庫保管~作り置きで冷蔵ストック!冷蔵庫の日持ち、賞味期限は?~

作り置きのタッパー保管:消毒済みの保存容器

  • 冷蔵の日持ち:3~5日

  • 冷蔵保管の方法:タッパー、保存容器

スープが余ってしまった時など。まずは鍋からタッパーにうつしましょう

タッパーは空気を密封できるので、鍋よりは安心。タッパー冷蔵保管で3~5日の日持ちです。

保管する時は「消毒したタッパー、保存容器」に保管します。消毒方法は、きれいに洗い乾かしたタッパーに「キッチン用アルコール除菌」をふりかけます。まず、タッパーの内側から磨き、フタの裏までしっかりふいてきれいにしましょう

  • 食べる時は、必ずレンチン。再加熱を!

冷蔵保管したスープを食べる時の注意点です。スープってなぜか、冷たいままでも飲めるっていう人いますよね

作り置きや余ったスープを飲むときに、再加熱しなかったり、電子レンジを使わない食べ方が一番ダメです。冷蔵の場合、タッパーで空気になるべく触れないように保管しているとはいえ、冷蔵庫の中でも傷んでいきます。加熱はそれだけで、殺菌効果がありますので必ず食べる前は、温めるように。

傷んでしまってもう食べれないときは、加熱した時に変なにおいがするなど。調理中に気が付くこともあります。そういった事も含め、加熱することが重要です!ミスや事故を防止する、そういう意味でも加熱はしましょう

キャベツスープの冷凍保管~作り置きは冷凍できる?時短料理から作る方法~

  • スープの冷凍:密封可能な保存袋(ジップロック等)

スープの冷凍保存:ジップロックを使う

  • 冷凍したスープの日持ち:2~3週間

冷凍したスープの日持ち:2~3週間

  • 賞味期限を忘れないように「ジップロックに日付を書く」

スープを冷凍する時はジップ付きの「密封可能な保存袋(ジップロックなど)」で保管します。作ってから熱いうちではなく「冷めてから」、できれば急速冷凍後に冷凍保存が一番望ましいです。この方法で、スープは2~3週間、冷凍で保管可能です

  • 解凍方法:1食分ごとに半解凍→鍋へ

  • 解凍方法:もしくは、流水解凍

解凍方法は、袋のまま冷凍庫から、冷蔵庫へうつします。半分、冷蔵庫の中で自然解凍させて、袋から簡単に取り出せるぐらいになったら、そのまま鍋にかけます。この半解凍の方法は、溶けるまで少し時間がかかりますので、もっと早くスープを解凍したい時は、流水解凍をしましょう

  • 注意:水分が多いキャベツは冷凍すると、ぼそぼそする

キャベツスープの冷凍の弱点です。

冷凍するとお弁当のスープストックに使えるし、急いで帰った日の夜ご飯も解凍してすぐ作れると。いいころが多いのですが、あまり長く冷凍すると、キャベツスープは「キャベツがボソボソ」します。水分の多い野菜ですから、しかたありませんが。2~3週間であれば、そこまでキャベツがダメになってしまうということは稀です

冷凍キャベツからコンソメスープを作る方法

  • 冷凍キャベツは、1か月の日持ち!

  • そのままスープに使える冷凍キャベツが、おすすめ!

作り置きや大量に作って余ってしまったキャベツスープを冷凍すると、キャベツがボソボソ。パサパサしてしまう問題がありますよね。やっぱり、キャベツはシャキっとしてる方が、スープでも食べたい!

そういう方は、スープを冷凍ではなく、「キャベツを冷凍」するのが正解。千切りやザク切りしたキャベツは冷凍して、スープにそのまま使う事ができます。キャベツを「切る→水気をキッチンペーパーでふきとる→ジップロック(保存袋)」と、この方法で冷凍出来ます。1か月、日持ちしますので、この方法から時短でキャベツスープを作るのが、おすすめです!

キャベツが腐るとどうなる?傷んだ食材の特徴と見分け方~味・臭い・見た目、よくある食中毒~

キャベツの日持ち:常温と冷蔵庫、冷凍保管の期限

  • キャベツの日持ちは?

  • 1玉:冷蔵庫1か月

  • カット済み:冷蔵庫1週間

キャベツは変色をしますが、それ以上の酸化が進むと「キャベツにぬめり」「酸っぱい臭い」がします。このパターンは完全に腐っていますので、もうどうしようもありません

キャベツの変色はポリフェノールが酸化した事が原因。食べられないわけではありませんが、鮮度は確実に落ちています。カット済みキャベツによくある変色ですが、切り目以外の部分まで変色していたら、やめておくのが無難です

  • 切ったところが、茶色に変色。コレって食べられる?

キャベツが傷むと、腐るとどうなる?という話です。作り置きした時や余ったスープの具材で気になるキャベツの日持ちから説明しますね

キャベツはどのような状態で保管されているか、カットした状態なのか。ここが日持ちや賞味期限のポイントになります。普段、購入するキャベツは「まるごと1玉」の時は、冷蔵で1か月保管が可能。カット済みは購入時なら冷蔵で1週間の日持ちです

1玉を買って、自分でカットした時は、スーパーで売っているように「ラップで包み、冷蔵保管」、この方法でも7日保管ができます

スポンサーリンク


▼関連するライフハック