【キャロット・ラぺの日持ち・保存期間】作り置きのキャロットラぺの日持ちはどれぐらい?常温&冷蔵庫、冷凍の賞味期限の目安「漬物ではなく、サラダと考え作り置く場合は常温ではなく冷蔵を!」

Author

キャロット・ラぺの作り置きの保存期間、日持ちはどれぐらい?冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?冷蔵庫保管のキャロット・ラぺの日持ち目安は、「通常:3~5日。春:3~4日。夏場:3日。秋:3~4日。冬場で5日程度」が日持ち期間、賞味期限の日数です。冷凍保存の場合は、14日程度(2週間)が日持ちの目安。キャロット・ラぺはオリーブオイルや酢を使った漬物ではなく、サラダと考え作り置く場合は常温ではなく冷蔵を!余ったキャロット・ラぺの保管方法と、冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

キャロット・ラぺの日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

キャロット・ラぺの日持ち・保存期間(常温・冷蔵庫・冷凍)

  • キャロット・ラぺの日持ち期間はどれぐらい?

  • 人参の千切りサラダ、軽く酢漬けするけどサラダの認識を!

パスタやハンバーグなど、洋食のおかずの付け合わせにぴったりのキャロット・ラぺ。人参を千切りして作る、簡単レシピですよね。オリーブオイルと酢で和えるだけという作り方の方は、キャロット・ラぺはサラダと思い日持ちはしないと考えがち。味を深く染み込ませるために、一度、電子レンジで加熱してから、オリーブオイルと酢に1,2時間ほど漬ける方法で作る方は、漬物のようで常温でも日持ちするのでは?と思ってしまいがち。そうなると作り方によって、キャロット・ラぺの保存期間、賞味期限はどうしたらいいの?と思いませんか。軽く酢漬けすると言っても、キャロット・ラぺは和え物サラダとして考えるのが正解です。ここでは、そんな日持ち問題に悩まされるキャロットラぺの保管方法、冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

人参の日持ち~常温で保存して大丈夫?人参は冷蔵庫の野菜室~

人参の日持ち、日持ち温度

  • 人参の日持ち「常温保管は日持ちしない」

  • 人参の保管温度「0~5度」

  • 保管方法「冷蔵庫の野菜室、冷蔵室で、日持ちは1週間程度」

作り置きするキャロット・ラぺの日持ちの話の前に、まずは、材料の「人参」の日持ちについてです。人参は、そもそも常温保管で放置すると長持ちしない野菜です。人参を保管する適正な温度は「0~5度」と冬なら、日の当たらない涼しい部屋や冷暗所で保管もできますが、春と夏、秋の季節では常温保管での放置はおすすめしません。マンション暮らしの方は、スペース的にも難しいですので、人参の保管は、冷蔵庫の野菜室や冷蔵室で。この方法なら安全に1種間程度、日持ちします

キャロットラペを冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安は?~

  • 冷蔵保管のキャロットラペ「春:3~4日」

  • 冷蔵保管のキャロットラペ「夏:3日」

  • 冷蔵保管のキャロットラペ「秋:3~4日」

  • 冷蔵保管のキャロットラペ「冬:5日」

冷蔵庫で保管する場合のキャロット・ラぺの日持ちです。作り置きができるキャロット・ラぺの日持ちは「通常、平均的に3日~5日間が日持ち期間」です。しかし、季節の状況によっては、古い冷蔵庫やドアの開け閉めの関係で、少し日持ち日数も変わってきます。キャロットラペの日持ちは、春:3~4日。夏場:3日。秋:3~4日。冬場で5日程度。もともと、人参そのものの日持ちも野菜室や冷蔵庫の中で1週間程度ですので、ラぺを作るタイミングにもよりますが、冬でも5日以内が推奨です

  • 冷凍保存の場合「14日(2週間)」

パックをなるべく真空にして、冷凍保存する場合は、キャロット・ラぺは14日、2週間程度の日持ちです。しかし、冷凍保存なら日長く保管できますが、「キャロットラぺは、人参のサラダ」です。酢で軽く漬ける、オリーブオイルで和える方法で調理するとはいえ、味が染み込むことでより美味しくなる料理。冷凍保管はダメではありませんが、冷凍で保存すると、やはり味はあまり美味しくありません。冷蔵庫で作り置きして、2,3日以内に食べるの方が適している料理です

スポンサーリンク


▼関連するライフハック