キャロット・ラぺの日持ち・保存方法!常温&冷蔵⇒冷凍の賞味期限・消費期限

Author

キャロット・ラぺの日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

キャロット・ラぺの日持ち・保存期間(常温・冷蔵庫・冷凍)

  • キャロット・ラぺの日持ち期間はどれぐらい?

  • 人参の千切りサラダ

  • ⇒軽く酢漬けするけど賞味期限の認識を!

パスタやハンバーグなど、洋食のおかずの付け合わせにぴったりのキャロット・ラぺ。

人参を千切りして作る、簡単レシピですよね。オリーブオイルと酢で和えるだけという作り方の方は、キャロット・ラぺはサラダに近く日持ちはしないと考えがち。

味を深く染み込ませるために、一度、電子レンジで加熱してから、オリーブオイルと酢に1,2時間ほど漬ける事で作り置きができます

軽く酢漬けすると言っても、キャロット・ラぺは和え物サラダとして考えるのが正解です。ャロット・ラぺの保存期間、賞味期限はどうしたらいいの?と疑問を持った方に、キャロットラぺの保管方法、冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

人参の日持ち~常温で保存して大丈夫?人参は冷蔵庫の野菜室~

人参の日持ち、日持ち温度

  • 人参の日持ち「常温保管は日持ちしない」

  • 人参の保管温度「0~5度」

  • 保管方法「冷蔵庫の野菜室、冷蔵室で、日持ちは1週間程度」

作り置きするキャロット・ラぺの日持ちの話の前に、まずは、材料の「人参」の日持ちについてです。

人参は、そもそも常温保管で放置すると長持ちしない野菜です。人参を保管する適正な温度は「0~5度」と冬なら、日の当たらない涼しい部屋や冷暗所で保管もできますが、春と夏、秋の季節では常温保管での放置はおすすめしません。マンション暮らしの方は、スペース的にも難しいですので、人参の保管は、冷蔵庫の野菜室や冷蔵室で。この方法なら安全に1種間程度、日持ちします

キャロットラペを冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安は?~

  • 冷蔵保管のキャロットラペは?

  • 春:3~4日

  • 夏:3日

  • 秋:3~4日

  • 冬:5日

冷蔵庫で保管する場合のキャロット・ラぺの日持ちです。作り置きができるキャロット・ラぺの日持ちは「通常、平均的に3日~5日間が日持ち期間」です。

しかし、季節の状況によっては、古い冷蔵庫やドアの開け閉めの関係で、少し日持ち日数も変わってきます。キャロットラペの日持ちは、春:3~4日。夏場:3日。秋:3~4日。冬場で5日程度。もともと、人参そのものの日持ちも野菜室や冷蔵庫の中で1週間程度ですので、ラぺを作るタイミングにもよりますが、冬でも5日以内が推奨です

  • 冷凍保存の場合「14日(2週間)」

  • ⇒ジップロック(袋)

パックをなるべく真空にし⇒平にして、冷凍保存する場合は、キャロット・ラぺは14日、2週間程度の日持ちです。

しかし、冷凍保存なら日長く保管できますが、「キャロットラぺは、人参のサラダ」です。酢で軽く漬ける、オリーブオイルで和える方法で調理するとはいえ、味が染み込むことでより美味しくなる料理。冷凍保管はダメではありませんが、冷凍で保存すると、やはり味はあまり美味しくありません。冷蔵庫で作り置きして、2,3日以内に食べるの方が適している料理です

キッシュに合う副菜と献立例:キャロットラペやひじきの煮物

献立例:キャロット・ラぺが合う献立料理

さてココまでにキャロットラペの保存法と日持ちする日数の目安を紹介しました

キャロットラペは冷蔵庫で作り置きが◎。夕飯に使いやすいメニューですが、メインの料理が決まらない。こんな経験ある方は献立例も参考にしてもらえると嬉しいです

スポンサーリンク