チョコマフィンの賞味期限・日持ちはいつまで?冷凍保存・解凍方法はコレ!

Author

チョコマフィンの賞味期限・日持ちはいつまで?冷凍保存・解凍方法 

  • プレゼントする前!手作りチョコマフィンの保管方法は?

  • チョコマフィンの常温・冷蔵庫、冷凍保存の日持ち目安を徹底解説!

マフィンはマフィンでもチョコマフィン。手作りした感じがして、プレゼントにあっていますよね

でも、人にあげるなら作ってからどれぐらい大丈夫なの?と心配事も。ここでは、そんな悩みを解消!日持ちするお菓子!手作りチョコマフィンの常温放置の失敗事例から冷蔵庫保管、冷凍保存の注意点。チョコマフィンの保存法、自然解凍・電子レンジの解凍方法も!プレゼント用ラッピング包装まで詳しく紹介しますね

ココアパウダーの日持ち

  • 手作り前に、ココアパウダーを確認!

  • ココアパウダーの日持ち:開封後2~3ヵ月

チョコマフィンの日持ち期間の前に、まず、材料に使う『チョコレート』や『ココアパウダー』を確認しましょう。チョコマフィンによく使うココアパウダーは、開封後2~3ヵ月の商品が多いです

しかし、ココアやチョコレートはココア虫というチョコが超好きな虫がいます。この虫はやっかいなことに、日本中どこでもいると言われます

開封後は『ジップ付き』で密封しておかないと、ココアパウダーに虫がわいてしまう事がありますから。長期間、使っていないココアパウダーは、最初に虫がいないか確認しましょう!ちっちゃい虫ですが、いたら残念ですが、そのココアパウダーは捨てましょう

  • チョコマフィンの手作りは、常温・冷蔵・冷凍の3種類!

焼き菓子のチョコマフィンの保管方法は『常温』『冷蔵』『冷凍』の3種類、どの方法でも保管が出来ます。手作りの時は、作ってからプレゼントするまでの期間に注意して保管する必要がありますよね。長持ちする秘訣、コツを軽く頭に入れて、渡すときに「いつまでに、食べてね」という感じで、日持ちと保管場所まで教えてあげるといいと思います

チョコマフィンを常温保管:日持ちする賞味期限の目安は?常温の保管温度は?

チョコマフィンの保管方法:常温放置、冷蔵庫保管、冷凍保存の賞味期限・日持ち

  • チョコマフィンの常温保管:2~3日以内の日持ち

  • 推奨の保管温度:20度以下

  • 場所:高温多湿を避ける、日のあたらない涼しい場所

よく焼き菓子は「高温多湿を避け、直射日光を避けてください」「涼しい場所で保管してください」と書いてありますよね

この常温の保管場所って、何度なの?湿度は?と疑問に思うかもしれませんが、ここは明確に定義はされていないです。一般的に『高温多湿とは、温度28度以上、湿度60度以上の事』と考えられますので、焼き菓子は『20度以下』なら日本の普通の気温なら、梅雨や雨の日以外は、湿度も60度を超える日は少ないですよね

1つの基準・目安として、常温なら『20度以下、直射日光があたらない場所で保管』と考えて良いと思います

  • 常温の保管方法:ジップロック、ラップで乾燥防止!

  • 保管のコツ:あら熱が冷めてから、保存袋へ

手作りしたては、温かいですよね。温かいまま、ラップやジップロックに入れると中で水分が蒸してしまい、腐りやすくなります。出来立ての『熱が冷めてから、保存袋』に入れ『乾燥を防止』するのが保管のポイントです

  • 常温の注意点:果物、生クリーム

  • 日持ち期間:当日中~翌日まで(冷蔵推奨)

生のフルーツが材料のチョコマフィン:手作りの賞味期限と常温・冷蔵庫・冷凍保存

常温の注意は『材料に、果物・生クリーム』をデコレーションしている。このタイプで手作りした時です

特に果物を使っている時は、当日中に食べるのが前提です。常温保管はむいていませんので、最初から冷蔵庫の保管がベストな保管方法です

  • 手作りチョコマフィンを、おしゃれに!

  • バナナも一緒に焼いたチョコバナナマフィン!

チョコバナナマフィン

  • 日持ちに心配がないのがナッツ系!

ナッツ系のチョコマフィン

フルーツや生クリームのは、確かに美味しく見栄えもいいです

でもね、食べる相手が男性なら『ちゃんと保管場所を守ってる?』と心配になる人いますよね。手作りしたものでお腹壊した!とかなっても嫌だなと思うなら『日持ちするナッツ系』と『バナナマフィン』にすると安心します!

バナナマフィンの場合は、生でトッピングではなく、生地と一緒に焼く!ここがポイントです

このタイプもおしゃれですし、何より他の心配事に悩まされることはありませんね

チョコマフィンを冷蔵庫に保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?

冷蔵庫の保管方法

  • チョコマフィンの冷蔵保管:3~4日の日持ち

  • プレゼント用は手作りしてから2日以内!

  • 常温戻し:30分~1時間程度

チョコマフィンを冷蔵庫で保管する目安は「冷蔵庫:3~4日」と、常温よりも長持ちします。

保管方法は常温と同じで『ジップロック、ラップで乾燥防止』するようにしましょう。常温よりも冷蔵庫の中の方が、水分も抜けやすく、包装しないと『お菓子がパサパサになる問題』が深刻になります

4日以内なら、食べられますが。ラップをしても、冷蔵庫に長く保管すると『食べた時に、パサつく』と味が損なわれてしまいます。日持ち期間は4日以内ですが『プレゼントする時は、冷蔵2日以内』の方が、味も美味しく相手も喜んでくれると思います!

チョコマフィンを冷凍保管する場合:日持ちする賞味期限の目安は?解凍方法・温めなおしとは?

 冷凍保存の方法

  • チョコマフィンの冷凍保存:1か月

  • 冷凍焼け対策なら、2週間以内が推奨!

せっかく美味しく作るのなら、お菓子の作り置きも!と大量ストックを考えてしまいますよね

焼き菓子も冷凍保存が出来ます。賞味期限の目安は『1か月』ですが、冷凍焼けをして味・食感が急激に悪くなることがあるので「2週間以内」が、おすすめの冷凍期間です

  • チョコマフィンの解凍方法は?

  • 冷蔵庫へ保管場所の変更:12時間程度

  • +アルファで、常温2~3時間が美味しい!

冷凍からの解凍方法です。食べたい日の前日に、冷蔵庫に保管場所を変更します。

冷凍からいきなり常温で自然解凍より、ゆっくり解凍できる冷蔵庫が最初は、おすすめ。12時間ぐらいで、しっとり感も戻ってきます。この状態でも食べられますが、その後、常温に『2~3時間、おいてから』の方が味は作り立てに近くなります

  • 冷凍チョコマフィンを、すぐに食べたい時は?

  • 電子レンジ、オーブン:霧吹きをしてから!

冷凍した時は、ゆっくり解凍するのが良い。ここは、理解した!けど、食べたい時に食べたいのがお菓子ですよね!

チョコチップや板チョコをトッピングしてる時は、溶けてしまうのでこの方法は使えませんが、ココアパウダーや砕いたチョコを生地につかってるタイプなら、電子レンジも可です

しかし、電子レンジ、オーブンを使うと水分が、一気に飛んでしまい。パサパサになってしまいますから、『温める前に、霧吹きで水分を』与えると、ふっくら感がします

加減が難しいので、何度かチャレンジしてみて、自分なりのコツを掴むしかありません。ここだけは、失敗を繰り返し経験をいかしまよう。

チョコマフィンのラッピング方法、包装のコツ~日持ちするお手軽アイテムは、乾燥剤~

  • ラッピング包装の例:リボンあり

手作りマフィンのラッピング方法、包装例

手作りマフィンをプレゼントするときは、1個1個包装、リボンをするとおしゃれに見えます

お菓子箱に入れて、3~6個入れるのもいいですが、この包装なら手作りと言えども、空気にふれにくいので日持ちもしやすいです

  • マフィンの使う乾燥剤は?

  • 乾燥剤のサイズ:小さいマフィン2個:1.5g

  • 乾燥剤のサイズ:カップのマフィン1個:1.0g

  • アルベール係数×食品の重量÷100g:100gに対して1gほど

お菓子用の乾燥剤を入れてラッピングするなら、「マフィン100gの重さ対して、乾燥剤(アベニール)は0.8~1.2gほど」です。売っているアベニール(食べれませんと書いてある乾燥防止のです)は、この分量のサイズを使います

お店や市販の商品なら、ラッピング包装の中に「お菓子用の乾燥剤、シリカゲル、鮮度保持剤」が入っているモノもあり、手作りより日持ちするようになっています。手作りだから、賞味期限が心配だという方は、乾燥剤も検討してみてくださいね

手作りでプレゼントする時に、すぐに食べてもらうなら必要はないですが。
お菓子用の乾燥剤を使うなら、「エタノール揮散剤、アルベール」など。カビの繁殖を抑え、作り立てのような柔らかな食感を保ち、しっとりさせてくれます

数字で言われてもいまいちピンとこない方は『小さいマフィン2個で1.5gの乾燥剤』『大きいカップのマフィン1個で、1.0gの乾燥剤』という感じで使うといいと思います

さて、常温・冷蔵庫、冷凍の保管方法から日持ちする賞味期限までを紹介しました。手作りだから、いつまでに食べてね!と言っても、男性はちゃんと保管しないかもしれないので心配になる!そういう方は、お菓子用の乾燥剤も、ちょっと検討してみてくださいね

スポンサーリンク