【午前中・午後・夕方の定義】何時から何時まで?時間帯の区切り、違いは?「午前中の会議!って何時の事?」

Author

会議は午前中に、午後から!って何時の意味?午前中、午後、夕方の時間帯を定義!何時から何時までが「午前中」なのか。午後と夕方の違い、時間の区切りを解説。午前中までに資料を用意!午後から会議と言われても、いったい何時を差しているの?あいまいな時間の定義は、宅配の時間指定を参考に!また、会社や一般的な人が思う午前中、午後、夕方は個人差がある!時間の定義と時間感覚を徹底解説しています

午前中・午後・夕方とは、何時から何時まで?

午前中・午後・夕方とは、何時から何時まで?午前中・午後・夕方の定義

  • 午前中に会議だ!

  • いったい何時の事を指しているのでしょうか? 

急な仕事のトラブルで、明日の午前中に会議だ!資料の用意を!と上司から言われた時や、友達から明日、午前中に遊びに行こうと誘われた時、具体的に何時のことを指しているのか、わからなくなることがありますよね。人それぞれ、時間の感覚や定義があいまいで、何時までに用意をするかと予定を立てるのに困ることも。ここでは、よく使いがちな「午前中、午後、夕方」の時間の定義、時間帯の違いについて解説しています

  • ポイント:正式な時間の定義は生活上、参考にならない

正式な言葉の定義では、「午前とは、深夜0時~お昼12時まで(0時~12時)」、「午後とは、お昼12時から夜の0時まで(12時~0時)」と、1日の時間を前半、後半に区切った時間帯のこと。夕方は「天気予報の用語で、夕方は15時~18時」と定義しています

夕方は、この定義の意味のまま使っても生活上、それほど困ることはありません。でも、午前は寝ている深夜の時間帯を、午後は真っ暗になった夜までを含んでいます。仕事で「午後から会議するよ」と言われて、「夜の20時から会議する」のは、やっぱり、おかしいですから、言葉そのままの定義では普通の時間間隔とはかけ離れています。

宅配業者の時間指定を参考に!午前中の時間を定義する~午前中は、9時~12時まで~

時間の定義、時間帯の区切りは個人差があります。そのため、時間を明確にするのは難しいです。しかし、宅配業者の時間指定では、それなりに人が活動する時間に合わせて時間を定義しています。この時間を参考にするのが、トラブルが少なく、普通の感覚に近いものでしょう

  • 宅配業者の午前中とは、「9時~12時」

宅配業者の午前中とは、「9時~12時」

郵便局の午前中指定では、「午前中とは、9時から12時」の事です。ヤマト運輸と佐川急便では、「午前中とは、8時から12時」としていますが、もともと国営であった郵便局に対し、民間企業である運送屋さんなりの差別化(違いを戦略とする)なのでしょう

また、8時から9時の時間は、「朝」をイメージする人も多く、この時間帯は除外して考えた方が生活上便利です。ヤマト運輸と佐川急便の午前中指定で、8時30分に荷物が届いたら、午前中というより「朝、荷物が届いた」と感じる方がいるのは、そういった理由です

このことを加味すると、普通の感覚では「午前中とは、9時から12時と定義」して良いかと思います

  • 個人差のある午前中「9時30分から11時、遅くてもお昼ぐらいまで」

一般的な時間間隔では、午前中とは「9時30分から11時ぐらいまで、遅くてもお昼ぐらいまで」という感覚の方が多いかと。しかし、9時~といっても、9時ジャストの時間は、働く人にとっては「朝一番の9時」の感覚がありますので、9時半頃から11時を意味していると考えてよいでしょう。11時を過ぎると、待ててもお昼の12時まで。午前中の会議、打ち合わせと決めていたのに、「11時を過ぎると、会議まだなの?」という雰囲気が社内でも蔓延しだします。社会人の午前中とは、9時30分から11時と考えましょう

  • パワハラ上司の午前中「昼飯に出発する前まで」

パワハラ上司の午前中

では、パワハラ上司やワンマン社長の場合はどうでしょうか。

この手のタイプの人は、自分中心で物事を考え、行動も自由奔放です。お昼は12時からと決まていても、11:30にはランチに出かけるなど。パワハラ上司にとっての午前中とは、彼らのお昼ご飯の時間を気にする必要があります。昼飯を食べに行くのが、だいたい11時半の場合、会議や打ち合わせにかかる時間を1時間と想定し「午前中の会議=10時頃」と思えばよいかと思います

宅配業者の時間指定を参考に!午後の時間を定義する~午後は、13時~16時まで~

  • 宅配業者の午後とは、「13時~16時」

宅配業者の午後とは、「13時~16時」と定義

民間の宅配業者は、12時から14時の宅配とやっていないことがあります。いわゆる「お昼の配達はやっていませんよ」という回答です。そういう意味では、宅配業者にとっての「午後とは、お昼からの配達。13時(1時)ごろからの準備を含めて、16時まで」と定義して良いかと思います。逆に、12時から14時の配達をおこなっている業者は、12~13時はお昼、13時~14は「午後からの仕事」と考えがちですからね

  • 個人差のある午後「13時から15時、遅くても16時ぐらいまで」

一般的な感覚では、「午後とは、13時から15時。遅くても16時ぐらい」の時間帯と定義して良いでしょう。 仕事の打ち合わせなら、「午後の打ち合わせ=13時から15時」、16時を過ぎてしまうと「午後というより、夕方から」と言葉を使うことが多いですからね。午後の打ち合わせは、夕方になる16時(4時)までというのが正解でしょう

  • パワハラ上司の午後「お前の予定は関係ない。俺が一服した後からが午後だ」

パワハラ上司の午後

パワハラ上司やワンマン社長の午後の意味は、非常にやっかいです

仕事が忙しくてお昼ごはんが13時からになってしまった場合でも、パワハラ上司はお昼までに食事をすませています。彼らにとっては、昼飯を食べ終わったあと、食後のタバコを吸い終わった後からが「午後」です

つまり、部下の食事の時間や、その後の予定など関係なく「資料はまだか?」や「会議を始めるぞ」と突拍子もなく命令口調になるのです。パワハラ上司やワンマン社長の場合は、彼らの昼飯の時間帯を注意深く確認してみましょう。そうすれば、自然と彼らの言う「午後」というものが理解できると思います

スポンサーリンク


▼関連するライフハック