牛丼の下味冷凍レシピ!+玉ねぎとタレが旨い!仕送りご飯向きで人気!

Author
  • 人気の牛丼の下味冷凍レシピ!

  • 煮詰めるだけ仕送り用のごはん、彼氏の家の作り置き用に

1人暮らしに男性、たとえば彼氏に。実家を離れて暮らす大学生の息子に、仕送りご飯って便利ですよね

自分でご飯ができなかったり、作る時間がない新人社員、大学生の子供に、親が作り置きを冷凍して送る事があります。牛丼は外食やレトルトもあるけど、出来れば手作りのを食べてもらいたいですよね

今回は、下味冷凍用に豚こまを使った牛丼のレシピを紹介します。冷凍して保存!作る時はフライパンで煮詰めるだけの状態まで作って置きますから、料理が苦手な方でも簡単に美味しい牛丼ができます!参考にしてくださいね

牛丼の下味冷凍レシピ!~長期保存が出来る作り置きの肉料理!~

  • 牛丼の下味冷凍レシピ

  • 漬け込み時間:冷蔵庫で漬け込まなくてOK

牛丼の下味冷凍レシピ!+玉ねぎとタレが旨い!仕送りご飯向きで人気!

  • 材料:牛肉 300g

  • 【牛丼のタレ:レシピ】

  • 大さじ3:醤油

  • 大さじ2:砂糖、みりん、酒

  • +水:200ml(作る時に使います)

牛丼の下味冷凍のレシピは300gと2~3人分の量です。

下味冷凍のやり方は「牛丼のタレ+豚肉」を保存袋に入れ、軽くもみほぐします。このレシピは、特に冷蔵庫で漬け込む必要がなく、ジップロックにいれるだけと簡単。ただし、解凍する時は、冷蔵庫で自然解凍が推奨で、解凍されながら下味がしっかりします

お水も一緒に冷凍も可ですが、冷蔵庫のスペースを占有するので無しが推奨。水200mlは作る時に、フライパンに入れて煮詰めて下さね!

牛丼の下味冷凍:玉ねぎはどうするべきか

  • 玉ねぎは入れてもいいの?

  • → 一緒に入れちゃってください!

下味冷凍用の牛丼は、玉ねぎを一緒にしてOK。このレシピの分量なら、玉ねぎ半分kら1個をカットが丁度いい量です。

あとは、食べる時は、解凍して『フライパンで煮詰めて完成』と、このまま出来ちゃって楽です!

ステンレス製の金属トレイ

  • 牛丼の下味冷凍は、急速冷凍!

  • アルミ製のバットで美味しさを瞬時に保つ

アルミ製のバットの上に、下味冷凍用のジップロックを設置。この方法なら、急速冷凍でき、食べた時が美味しくなります

この1手間を省いてしまうと、うま味を逃すことになるので急速冷凍が推奨です!

煮付けた魚の冷凍保存からの解凍方法:冷蔵庫

  • 牛丼の解凍方法①:冷蔵庫で自然解凍

  • 解凍時間:冷蔵庫で12~18時間

  • ⇒ 作る前日から冷蔵庫へ

牛丼を下味冷凍した時の解凍方法は、ゆっくり自然解凍がおすすめです。作る前日に冷蔵庫へ、そのまま自然解凍が漬け込み時間が短い下味冷凍にもぴったり。解凍中にも味をしこませる工夫になります

お肉の下味冷凍を解凍する方法

  • 牛丼の解凍方法②:電子レンジの解凍モード

  • ⇒ もしくは、流水解凍も可

牛丼の下味冷凍の解凍方法の基本は、冷蔵庫で自然解凍!ですが、彼氏の家の作り置き用に下味冷凍して時や、帰りが遅くなってしまった日は「電子レンジ」も可。解凍にムラができてしまい、少しパサつく印象がありますが、味がダメになってしまうわけではありませんよ!

牛丼の下味冷凍:冷凍保存の期間は?~賞味期限・消費期限、冷凍で日持ちする日数は?~

 下味冷凍の保存のやり方

  • 牛丼の保存期間:冷凍2週間~1か月

  • 保存方法:保存袋(ジップロック推奨)

  • ポイント:空気をよく抜き、密封する

牛丼は、下味冷凍の保存期間は冷凍1か月の日持ちします

保存袋はジプロック推奨ですが、100均で売っている保存袋もありますから、どちらの場合も「よく空気を抜き」霜や冷凍焼けを防止しましょう

キャベツ副菜×牛丼の献立-1週間の作り置き副菜・付け合わせ-牛丼特集

さて、牛丼の下味冷凍を紹介しました。下味冷凍とは毎日の夜ご飯作りを楽にするメリットがあります。しかし、牛丼の弱点は、このご飯で満足!と思いがちで、牛丼単品料理になってしまいがちですよね

副菜、スープを付け合わせると夕飯が牛丼でも立派なご飯になりますから、冷蔵庫で保管できる野菜系の副菜を作り置きしておくと、いいかと思います。こちらで牛丼用の作り置きメニューを紹介しますので、組み合わせて作ってみてくださいね

献立例:夕飯の牛丼の献立・副菜サラダ、付け合わせの人気レシピのメニュー!

スープ:人気!牛丼に合う味噌汁&スープの献立&おすすめレシピ

スポンサーリンク