【牛ゴボウの作り置き&日持ち/牛ごぼうの常温&冷蔵庫、冷凍の賞味期限の目安】余った!大量に作った牛ゴボウの常温保管&冷蔵庫、冷凍保存の日持ち期限「日持ちする冬と賞味期限の短い夏場、春&秋の牛ゴボウの日持ち日数」

Author

牛ゴボウの作り置き、日持ちは常温、冷蔵庫、冷凍保存で、牛ごぼうは何日持つの?常温保管の牛ゴボウの日持ち目安は、「春:1~2日(翌日昼頃まで)。夏場:1日(当日)。秋:1~2日。冬場で2日程度」が日持ち期間、日数です。冷蔵庫で牛ゴボウを保管する場合は、4日~5日以内が目安。春:4~5日。夏場:4日。秋:4~5日。冬場で5日程度、冷凍保存で2週間、14日程度の賞味期限です。牛ゴボウの賞味期限や腐ってるのか知りたい!腐った時の見分け方、どんな味がしたらヤバいの?余った牛ゴボウの常温保管と、冷蔵庫、冷凍期間を解説しています

牛ゴボウの常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安を春夏秋冬の季節ごとに解説!!

牛ごぼうの常温&冷蔵庫、冷凍の賞味期限の目安

  • 付け合わせで人気の牛ごぼう、日持ち期間は?

  • 余ってしまった「牛ごぼう」は何日程度、大丈夫?

牛こま切れ肉とゴボウを、お酒と醤油、出汁を使った簡単レシピの牛ゴボウ。牛ゴボウは、作り置きできるし、ご飯のお供になる付け合わせですよね。作りやすく献立にも応用しやすいので活躍の幅が広いのですが、作りすぎてしまった時など、どれぐらい日持ちするのでしょうか。ここでは、牛ゴボウの日持ちについて、常温、冷蔵庫保管、冷凍保管の場合の期間や日数を紹介しています

常温保管の牛ごぼう~放置してしまった時の日持ちの目安は?~

  • 常温保管「春:1~2日(翌日昼頃まで)」

  • 常温保管「夏:1日(当日)」

  • 常温保管「秋:1~2日(翌日昼頃まで)」

  • 常温保管「冬:2日程度」

常温の場合、牛ゴボウを作ってから1~2日程度が日持ちする目安です。煮物系の料理ですので、春で1~2日。夏場なら1日(当日)。秋は1~2日。冬場で2日程度、日持ちするとされていますが、常温でおきっぱなしにして保存するのにはあっていない料理です。たとえば、春の季節の場合、1~2日間、常温でも日持ちするといっても、冷蔵庫にしまい忘れていたときは「作った日の翌日のお昼」で食べるのがぎりぎりの限界、「翌日の夕食」は危ないなっと考えましょう。特に夏場は、当日中に食べるようにし、常温で翌日に持ち越すのはNGです

冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合の「牛ゴボウ」~日持ちの目安は?~

  • 冷蔵庫の場合「春:4~5日」

  • 冷蔵庫の場合「夏:4日」

  • 冷蔵庫の場合「秋:4~5日」

  • 冷蔵庫の場合「冬:5日」

作り置きしても活用の幅が広いのが、牛ゴボウです。常温ではなく、冷蔵庫の保管なら、4日から5日の日持ち期間です。つまり、日曜日にまとめて作ったら、週明けの平日、金曜日までに食べましょう!という具合に、献立のスケジュールも立てやすいです。夏の場合のみ、冷蔵庫でも、4日ぐらいと注意が必要です。牛ゴボウは秋から冬に作る機会も多いので、夏場はちょっと日持ちが短いよ!という事を忘れがちになってしまいます

  • 冷凍保存の場合「14日(2週間)」

1人暮らしの男性や、平日が仕事で忙しい女子は、冷蔵庫より冷凍保管が、おすすめ。1人暮らしの人は、今日は外食でいいか!っということもありますし、働く女性も食事のお誘いがあり、献立を決めておいても作らないことだってあります。そういう突如、外食することがある方は、冷凍の方が生活スタイルにあっています。冷凍なら14日と比較的日持ちも長いので、献立の予定が狂っても、調整がしやすいのです

腐った「牛ごぼう」は、どんな味や臭いがする?~牛ゴボウの日持ちと賞味期限~

  • 腐った牛ゴボウ「酢のような酸っぱい臭い、味」

  • 腐った牛ゴボウ「色や見た目でわかりにくい」

牛ゴボウが傷んでしまった!腐ったときってどうなる?という話ですが、冷蔵庫で保管していても、1週間(7日目)ぐらいであると、見た目ではわかりにくいです。食べると、「ちょっと酸っぱい・・・気がする?」という感じですの、味でも判断が難しいです。冷蔵庫なら、4,5日過ぎて妙な味や臭いがする気がしたら、腐っていますので食べるのをやめましょう

スポンサーリンク


▼関連するライフハック