ひな祭り料理メニューの献立・付け合わせ!副菜、汁物にもう一品はコレ!

Author

ひな祭りの手作り料理レシピ、かわいい!超簡単&定番!人気の雛祭りの食べ物&伝統を取り入れた献立料理特集!女の子の桃の節句を祝う手作り料理、料理が苦手な女子でも大丈夫!ひな祭りの手料理の献立・レシピや美味しい夕飯の食事は、カラフルなお寿司(ちらし寿司)、はまぐりのお吸いもの、菜の花のおひたし、お花や赤・白・緑色を意識した色とりどりの夕飯が、おすすめ!今どきの雛祭りの食べ物から、伝統や風習も考慮した手作り料理のレシピを紹介しています

ひな祭りの子供が喜ぶ手作り料理、献立レシピの大特集!!

ひな祭りの手作り料理レシピ、かわいい雛祭りの献立

  • ひな祭りは、お殿様とお雛様や紅白など!

  • 魚を使ってカラフルなご飯が、かわいい! !

  • 伝統的なハマグリや菜の花などを使った献立も紹介

カラフルなお寿司(ちらし寿司)、はまぐりのお吸いもの、菜の花のおひたし、お花や赤・白・緑色を意識した色とりどりの夕飯が、おすすめ。ひな祭りは、女の子がメインのイベントですから。ピンク、赤、白、緑などカラフルな色合いを使って、色とりどりの料理にすると、子供が喜びますよね

しかし、ひな祭りの料理メニューで定番と言えば、ちらし寿司が多いと思います。ちらし寿司は、他のおかずが決まらず、困ってしまう事が多いので、ここでは、ひな祭りらしい人気のレシピを紹介しますね

かわいい雛祭りの食べ物&伝統を取り入れた献立料理特集~ひな祭りのメインはコレだ!~

  • ひな祭りのメイン料理:てまり寿司

てまり寿司

てまり寿司の出汁を作るのに、かつおの出汁を使います。出汁が味の決め手になるので、カツオ節にはこだわりましょう

毎年、毎年、ひな祭りは「ちらし寿司」でマンネリ化しちゃってる時は、てまり寿司もありです。これなら、サイズもちょうどよく、小さいお子さんでも食べられますね

  • ひな祭りのメイン料理:バラちらし

バラちらし

お刺身をぶつ切りタイプにした「バラちらし」、お刺身を盛り付けるなら薔薇にすると、おしゃれです。花盛は意外と簡単で「サーモンを、くるくる」っと、それっぽく巻くだけで初めてやっても出来ますよ。

  • ひな祭りのちらし寿司:ケーキ寿司

ケーキ寿司

ひな祭りで人気のちらし寿司ですが、デコちらし。ケーキ寿司にするのもあり!

子供が小さい時から、小学校高学年ぐらいまでの限定の盛り付け方ですね。女子は、このケーキ寿司は喜びますので、やってみてくださいね

ひな祭りの料理の献立、付け合わせ!簡単&定番!人気のレシピで、かわいい食事をピックアップ!!

  • ひな祭りの料理、献立:定番は、はまぐりの潮汁

はまぐりの潮汁

ハマグリのお吸いものです。雛祭りの定番の付け合わせは、昔から、お吸い物と決まっています。メインはちらし寿司にする家庭が多いので、スープはやっぱり、お吸い物、汁物にするのがベストです

  • 米こうじの甘酒

米こうじの甘酒

酒粕の甘酒は1%未満のアルコールが含まれていますが、米麹を原料としている甘酒はノンアルコールです。

お正月の初詣の神社などで出されることありますが、子供でも飲めるのはそういった理由です。甘酒も、献立にぴったりですね

  • ひな祭りの料理、献立「菜の花のおひたし」

菜の花のお浸し

雛祭りの付け合わせ料理と言えば、春らしさを感じさせてくれる菜の花、料理の相性も良いお浸しを、メイン料理に、もう1品加えましょう。菜の花は、この時期が旬の食材ですから、長く楽しみたいですよね。このレシピは、作り置き可。冷蔵庫で保管できます

作り置き:菜の花のおひたしの日持ち!作り置き冷蔵庫、冷凍保存の賞味期限・目安

  • ひな祭りの料理、献立:焼きハマグリ

焼きハマグリ

はまぐりの潮汁を、普通のお吸い物にして「ハマグリ」を、がっつり食べる。そういう感じの雛祭りなら、焼きハマグリです。

お祝いの日なので、パパさんはお酒も飲むなら、つまみにもぴったりです

  • ひな祭りの料理メニュー、洋風献立:はまぐりパスタ

はまぐりパスタ

ひな祭りの献立を、洋風にするなら「ハマグリ・パスタ」も◎

ハマグリ以外の具材は、タケノコが、おすすめ。和と洋が合わさっても、これならばっちりです

  • ひな祭りの料理メニュー、洋風献立:えびのマリネ

えびのマリネ

洋風献立の副菜なら、マリネ。エビを使ったマリネは、パスタにも◎

子供は色味が良いと、テンションあがるので、雛祭りっぽい色使いが雛祭りの料理に大切な役割を果たしますね

ひな祭りの日のデザート~スイーツなら、和風なおやつがいい!~

  • ひな祭りのスイーツ:いちご大福

いちご大福

  • ひな祭りのスイーツ:桜餅

桜餅

ひな祭りの日は、ひなあられがおやつになると思いますが、もっと「甘いモノが食べた~い!」。今では、スイーツやお菓子は、甘いお菓子がいっぱいあります。その中でも、ひな祭りらしい感じがするのが「いちご大福」と「桜餅」ですよね

この2つなら、ひな祭りの日に食べてもOK。伝統的なイベント日に、それに合うデザートなら「いちご大福」と「桜餅」が鉄板ですね

スポンサーリンク


▼関連するライフハック