【かぼちゃの煮物の日持ち、賞味期限】カボチャの煮物の作り置き!冷蔵保管、冷凍保存の賞味期限の目安「作り置きの目安は、3~5日が煮物の賞味期限」

Author

煮物の日持ち!かぼちゃの煮物の作り置き、日持ちは常温、冷蔵庫、冷凍保存で何日持つの?「かぼちゃの煮物」を作り置きで冷蔵庫に保管する目安は3~5日、春:3~5日。夏場:3日。秋:3~5日。冬場で5日ほどが日持ち期間です。冷凍保存の場合は21日、3週間程度の賞味期限です。塊で買って作りすぎた!余ってしまったカボチャの煮物の冷蔵保管、冷凍保存を解説しています

かぼちゃの煮物の常温&冷蔵庫の日持ち期間の目安と賞味期限を徹底解説!

かぼちゃの煮物の日持ち、賞味期限

  • まるごと買って、煮物で作り置き!

  • 「かぼちゃの煮物」は冷蔵庫や冷凍で何日程度、大丈夫?

まるごと買って、煮物で作り置きする事が多いのが「かぼちゃの煮物」です。塊で買った方が安いし、量も多いのですが、作り置きした時、かぼちゃの煮物はどれぐらいの日持ちと、賞味期限なのでしょうか。ここでは、かぼちゃの常温保管から、冷蔵保管、冷凍保存の期間までを詳しく解説しています

「かぼちゃ」を常温保管する場合~放置してしまった時の日持ちの目安、賞味期限は?~

  • カボチャの常温保管「2カ月、カットした場合は冷蔵で1週間程度」

かぼちゃの日持ち、賞味期限

野菜の「かぼちゃ」の賞味期限は、常温で2カ月程度です。カットした場合は、冷蔵庫で1週間程度ですので、長期保管が目的ならカットせずに保管しましょう。また、カボチャを煮物にした場合の常温保管は、おすすめしません。カボチャは秋によく食べるモノですので、夏場に「かぼちゃの煮物」を常温で放置してしまう、保管する方は少ないと思いますが、夏場の煮物は「常温で半日程度」の日持ちです。カボチャの煮物の場合、秋、冬でも冷蔵庫に保管しましょう

かぼちゃの煮物を冷蔵庫に保管、冷凍保存する場合~日持ちの目安、賞味期限は?~

 作り置きのかぼちゃの煮物の日持ち、賞味期限

  • かぼちゃの煮物の冷蔵保管「春:3~5日」

  • かぼちゃの煮物の冷蔵保管「夏:3日」

  • かぼちゃの煮物の冷蔵保管「秋:3~5日」

  • かぼちゃの煮物の冷蔵保管「冬:5日程度」

冷蔵保管するかぼちゃの煮物の日持ち目安は、3~5日の賞味期限です。春:3~5日。夏場:3日。秋:3~5日。冬場で5日ほど、冷蔵庫で保管できます。かぼちゃの煮物の場合、保管方法は「密封された容器やパック」で冷蔵庫に入れるだけと保管方法も簡単です

  • かぼちゃの煮物の冷凍保存「21日程度(3週間)」

冷凍保存する場合の「かぼちゃの煮物」の日持ちは、21日(約3週間)程度の賞味期限です。かなり長期で冷凍保管できる!と思いがちですが、かぼちゃをそのまま常温保管する場合、かぼちゃは「2カ月程度も日持ち」します。無理に、煮物にして冷凍保存するよりも、調理をせず(カボチャをカットせず)、常温で保管する方が長期的な保管には向いています

  • 番外編「カボチャの煮物の冷凍、解凍方法が大変!!」

かぼちゃの煮物を冷凍、解凍する方法は複雑です。煮物の汁を抜いて、フリーザーバックの空気をよく抜き、冷凍庫入れて冷凍し、食べる時に電子レンジで解凍する方法が一般的です。確かに、この方法で約3週間程度の日持ちをしますが、「空気が入ってしまった時」や「霜がついてしまった時」は味の劣化が激しいです。やはり、かぼちゃの煮物は、「1週間以内に食べる予定の量を作る」というのが一番効率的な作り置きと食べ方かと思います

スポンサーリンク


▼関連するライフハック